ひとり暮らしの準備

 

 
いよいよ花の新生活!一人暮らしのスタートは目前です。
 
では、まず何から手を付ければいいのでしょう。一人暮らしに必要な準備に関してまとめました。
 

Sponsored Links

一人暮らしをはじめる為に必要な準備

一人暮らしが決まったら、一人暮らしまでにやらなければならない準備として次の5つが挙げられます。
 

  • 物件の契約をする
  • 必要な物を購入する
  • 引っ越しの手続き
  • 届け出の手続き
  • ライフラインの手続き

 
では、それぞれの準備にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。また、準備にはどのくらいの期間がかかるのでしょうか。次の項目で確認していきましょう。
 

一人暮らしの準備①|準備資金はどのくらい?

 
主に準備資金として費用がかかってくる項目は、「物件の契約」と、「必要な物の購入」「引っ越し」です。
 
「物件の契約」にかかる費用は一般的には「家賃の6倍」と言われています。もし6万円の部屋を借りた場合、36万円という事です。
 
初期費用の中には「敷金」「礼金」「前家賃」「仲介手数料」「火災保険料」などが含まれます。
 
最近は敷金や礼金が0円の物件も増えていますので、多少のコストダウンは見込めますが、やはり資金は余裕を持っておくに越したことはありません。
 
次に費用が掛かる「必要な物の購入」ですが、家具家電、寝具などの購入代ですね。これは人によってピンキリです。
 
性能や品質、デザインにこだわりだすと、軽く20万円を超えます。ですが、こだわらなくても10万円はかかってきますよ。
 
そして、「引っ越し」にかかる費用です。これは荷物の量や引っ越す地域によっても大きく金額が代わりますが、一般的な単身者の引っ越しの場合、お得な単身引っ越しサービスなどを利用し5万以下に抑える事ができます。
 
1台のトラックをチャーターし離島へ引っ越しとなると、こちらも軽く10万円を超えてしまいます。
 
荷物は最低限に減らし、家具家電は新居側で買い揃えるなどの工夫で引っ越し代はかなり抑えられます。
 
ざっと計算しても50~60万円は必要となってきます。工夫次第ではまだまだコストダウンが見込めますが、一人暮らしを始めるにはかなりまとまった金額が必要になります。
 

一人暮らしの準備②|準備期間はどのくらい?

一人暮らしを始める為の準備として、本格的に準備を始められるのは物件を決めてからになります。
 
あまり早くから物件を選ぶ訳にもいけませんし、家具家電も部屋のサイズがわからなければ買い揃えられませんし、搬入先がありません。
 
一人暮らしが決まって、引っ越しをする事がはっきりしたタイミングからできる事は現在の部屋の掃除です。要るもの要らないものの仕分けはどれだけ早くからでもできます。むしろ、早くからしておくと後々とても楽になりますよ。
 
具体的な一人暮らしの準備としては、約2ヶ月前からになります。
 
まずはインターネットや情報誌、不動産屋をチェックしどのような物件があり、自分の求めている部屋はどのような部屋かを早めに確認するようにしましょう。
 
そして1ヶ月前までには部屋を下見し、だいだい目星がつけば、には契約を行いましょう。そこからは具体的に準備に取り掛かれます。
 
次の項目では準備の流れをタイムスケジュールとしてまとめましたので確認していきましょう。
 

準備スケジュール|準備から引っ越しまでの流れをチェック!

一人暮らしまで2ヶ月前

  • 物件探しを始める
  • 2ヶ月前には物件を本格的に探し始めましょう。職場や学校までのアクセスが良い所であったり、家賃・間取りであったり、住みたい部屋の条件を具体的にイメージし、物件をチェックしはじめましょう。

 

一人暮らしまで1ヶ月前

  • 物件を決めて入居の申し込み
  • 引っ越し業者に見積もりを取り予約
  • 現在の部屋の掃除を始めて新居に持っていく荷物の全体量を把握する
  • 荷造り用ダンボールの手配
  • 不要な粗大ごみの処分

 
1ヶ月前には実際に部屋の下見などに行き、めぼしい物件を見つけましょう。

物件が決まった時点で、引っ越し業者に見積もりを取りましょう。引っ越しは早期契約でお得なプランなどを利用できる可能性もあります。粗大ごみに関しては回収日が決められているので早めに処分しておきましょう。
 

一人暮らしまで3週前

  • 物件契約の手続き(物件の初期費用支払い)
  • 各種契約の手続き(ライフライン・インターネット関係)
  • 引っ越しの荷造り開始

 
入居の申し込み後の審査を通れば、いよいよ契約です。ここでまず物件契約にかかる初期費用の支払いが必要になります。
 
インターネットの契約に関しては開通まで1ヶ月近くかかる場合もあります。早めに手続きしておくとスムーズです。
 

一人暮らしまで2週前

  • 役所関係の手続き
  • 新居用家具家電の手配
  • 新居用生活雑貨の手配

 
引っ越し14日前から役所関係の手続きができるようになります。「転出届」以外にも「国民健康保険」「国民年金」「福祉関連」などの手続きがあります。引っ越し後もまた、14日以内に手続きをする必要があります。
 
この頃からこまごました日曜雑貨も買い揃え新居の方に運び始めておくと、引っ越し当日かなり楽です。
 
家電などは引っ越しの日に納品指定をすれば当日搬入してくれます。
 

一人暮らしまで1週前

  • 現在契約している物の手続き
  • 「引っ越しの挨拶」用の手土産を準備する
  • 引っ越し用の荷造りを完了させる

 
引っ越しをすると「携帯電話」「銀行」「クレジットカード」「生命保険」の住所変更等の手続きが必要になります。事前に連絡をしておけば、変更手続き用の書類を新居の方へ届けてくれます。
 
郵便局にて郵便物の転送手続きもしておくと便利ですね。
 

引っ越し当日

  • 引っ越し作業
  • ご近所さんへの挨拶
  • 入居時の立会い

 

一人暮らしスタート

  • 14日以内にしなければいけない手続き
  • 「転出届」「国民健康保険」「国民年金」「印鑑登録」「運転免許証」

  • 15日以内しなければいけない手続き
  • 「自動車の変更手続き」

 

準備リスト|一人暮らしに必要な物をチェック!

ここではあれば便利な一人暮らしに必要な物をリストアップしています。
 
ライフスタイルに合わせて、必要な物・不要な物を見分け、新生活の買い忘れを防ぐ為に要チェック。
 

  • 家具
  • テーブル、椅子、ソファ、カーテン、カーペット、収納グッズ(カラーボックス等)

  • 家電
  • 冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、掃除機、テレビ、パソコン、プリンター、トースター、扇風機、エアコン、電気ケトル、アイロン、除湿器、時計

  • 寝具
  • ベッド、マットレス(布団)、シーツ、枕、枕カバー、掛け布団、掛け布団カバー

  • 日用品・生活雑貨
  • ゴミ袋、雑巾、スリッパ、ティッシュペーパー、懐中電灯、爪切り、耳かき、綿棒、ウェットティッシュ、クイックルワイパー、

  • キッチン関係
  • まな板、包丁、しゃもじ、お玉、はさみ、鍋、フライパン、コンロ、箸、食器、コップ、ボウル、ざる、ピーラー、栓抜き、缶切り、計量カップ、やかん、各種調味料、サランラップ、アルミホイル、スポンジ、食器洗い洗剤、ふきん、キッチンペーパー

  • トイレ関係
  • トイレットペーパー、トイレ用洗剤、トイレ洗い用ブラシ、ふき取りシート

  • 洗濯関係
  • ハンガー、洗濯バサミ、洗濯用洗剤、柔軟剤、洗濯ネット、物干し竿、洗濯用ネット、ランドリーボックス(バッグ)

  • 風呂・洗面関係
  • 風呂洗い用ブラシ(スポンジ)、風呂洗い用洗剤、シャンプー、石鹸、ボディーソープ、歯ブラシ、歯磨き粉、歯磨き用コップ、バスタオル、フェイスタオル、バスマット、ドライヤー

 

まとめ

いよいよ始まる新生活、楽しみですね。
 
一体何からどのように手を付ければ良いのかという心配はつきものです。自分の引っ越しの日を最終地点として、そこから逆算してカレンダーなどに計画を記入しておくのもいいですね。
 
何事も早め早めにやっておくと、あとから自分の負担が軽くなります。
 
抜け漏れなくスムーズに一人暮らしが始められるよう、応援しています!

 

Sponsored Links