食費節約

 

 
毎月一人暮らしさんの頭を悩ませる食費。毎月決まって必要になる費用ですが、その他の出費に比べると努力次第で1番コストを抑えやすい食費。
 
自分の食費って高いんだろうか?安くおさえている人はどんな生活をしているんだろうか?世の中の一人暮らしさんはどのくらい食費にお金をかけているんだろうか?気になる所ですね。
 
今回は一人暮らしさんの食費事情をまとめ、「目指せ食費1万円!」として様々な節約術もまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしさんの食費の平均

ざっくりと見て、一人暮らしの1ヶ月の平均食費は3万円前後の方が多い様子。ですが、食費の平均といっても、収入によって金額は大きく変動します。
 
やはり収入の多い方は3万円以上食費を使う方もいます、月の予算が少ない方はギリギリまで切り詰めて2万円以下で頑張っている方もいます。
 
あるテレビ番組では食費に充てる金額の割合は、自身の収入の15%程が理想とも紹介されています。この割合を参考にした方が、自分は食費を使いすぎているか否かのイメージがつきやすいですね。
 

一人暮らしさんの食費が高くなる理由

一人暮らしさんの食費が高くなる理由としては、やはり「忙しさ」「面倒くささ」が大きな原因ではないでしょうか。
 
自炊すれば少しは安くなるとわかっていても、誰かがご飯をつくってくれる訳でも無く、仕事や学校から帰ってくるのは午前様、体力的にも時間的にも、もう面倒くさい…そうなってしまう気持ち、よく分かります。
 
そんな時はついついコンビニでお弁当を買ってしまったり、帰り道で外食したり、結局今月も食費がかさみます。気付けば5万円を超してしまう事も。
 
外食や買い食いをしていると、例えば1日3食コンビニで500円ずつ使ったとして、46,500円になります。
 
もちろん1度の食事を500円でおさめるのも物足りなさを感じてしまいますし、栄養も偏ってしまいます。そこにお付き合いの外食などが入れば軽く5万円は超えてしまいます。
 
でも月々5万も食費に消えてしまうのは少しもったいないですよね。ちょっとした工夫と努力で食費はうんとコストダウンできます。
 

一人暮らしの食費を1万円におさえるのは現実的?

ひと月の食費を「1万円以下に」と考えるとかなりの努力と環境が必要になりますが、「1万円台」に落とすのは無茶な事ではありません。ただし、いずれにせよ、かなりの努力と工夫、環境は大事になってきます。
 
そして、「1万円台」を目指すのであれば、何か犠牲にしなくてはならないのも不可抗力です。
 
我慢の生活が待っていますが、その分ういたお金はあなたの生活を更に潤してくれるはずです。では、次の項目からは実際にできる節約術をまとめてみました。
 

目指せ食費1万円!節約術①|買い物編

お店をしっかりチェック

物を買うお店によって、安い物、高い物など、様々な特徴があります。
 
スーパーが数件あるなら、「あれはこの店が安い」「これはこの曜日にあの店が安い」という安売りのパターンを把握しましょう。
 
また、業務スーパーやディスカウントストアなどで購入するのもひとつ。日用雑貨も安く購入できたりもします。
 
また、お店によっては見切り品コーナーなどを設けている所がありますので、売場もしっかりチェックが必要ですね。
 

時間帯をしっかりチェック

スーパーによっては朝市、夕市として特売を行っている時間帯があります。また、狙い目は閉店前。昼間に行くよりも、見切り品などが安く買えます。
 
一人暮らしの会社員さん・学生さんの場合、帰り道などに閉店前のスーパーで買い物をするようにすると通常の値段の半額で様々な物が購入できたりします。
 
肉や魚に関してはすぐに食べなくても冷凍保存がきくので見切り品で買うのがとてもお得です。
 

ストックできるものを買う

一人暮らしの場合、毎日料理ができる訳ではありませんよね。ですから極力長持ちしてストックできるものを常備しておくと便利です。
 
中でもパスタは必需品。1kg300円以下で販売されている時もあります。
 
他にも安売りの即席みそ汁、乾麺(うどん・そば・そうめん)、乾物のひじき、高野豆腐、切り干し大根、わかめなども便利です。少量でもかなりの量に膨らみます。水で戻していつでも使える物があると食材が無い時にとても重宝します。
 
生ものですが、卵もストックしておくと便利。実は卵は割らなければかなり長期間保存できますので、卵は切らさず購入しておくと何かと役にたちます。
 
その他、しめじやえのきなどのきのこ類、ネギやほうれん草、小松菜などの野菜類も100円以下で購入できるので、冷凍保存して少しずつ使えば役立ちます。
 

コンビニを使わない

基本的にコンビニは全てが割高です。コンビニ行くとついつい余計なものまで目について購入しがち。余計な出費を防ぐ為に、極力コンビニが利用しないのも食費を抑える節約のひとつです。
 

「使うかも」で購入しない

ついつい、やりがちな「これは使うかも」「あと1個しかないから購入しておこう」という買い物。1ヶ月1万円で押さえようと考える場合、この買い方は無駄な出費になってしまいます。
 
無くなってから必要であれば購入するという風に徹底しましょう。
 

もらえる物はありがたくもらう

仕事先や、バイト先、学校、ご近所さん、実家などなど、お裾分けなどをいただける時はありがたく頂戴しましょう。お金を出さずに食材が手に入るのですから。食費を切り詰める為には、これほど助かる事はありません。
 
また、スーパーなどにたまにある、「ご自由にお持ちください」を見逃さずに、もらえる物はありがたく頂戴しておきましょう。
 

目指せ食費1万円!節約術②|自宅でできる事編

自炊する

やはり自炊は節約の基本。本格的な料理ができなくても、炊飯器でご飯を炊くくらいは誰でもできます。忙しくて遅く帰ってきても、冷凍のご飯を温めれば、いつでも温かいご飯が食べられます。
 
また、パスタの場合は、出かける前に水をはったタッパに1食分のパスタを浸しておきます。ゆで時間が1分ほどにできるので、仕事や学校から帰った後でも時間をかけずに食べる事ができます。
 
また、休日にまとめて料理をして、小分けにして冷凍しておけば、忙しくて料理ができない平日でも、簡単に温めて食べる事ができますし、お弁当に持っていく事もできます。
 
はじめから本格的な料理をイメージすると大変ですが、きのこと野菜を塩コショウで炒めるだけでも立派な料理です。できる所からやってみましょう。
 

お弁当と水筒は持参する

基本的に「外でご飯を買う」という生活習慣の場合、食費1万円は目指せません。お弁当作りができない場合でも、海苔をつけておにぎりだけでも持っていきましょう。1番の節約です。
 

とりあえず冷凍保存

とにかく買ってきたもの、作ったもの、冷凍すれば長持ちします。
 
例えば5合のご飯は1食分ずつラップでくるんで冷凍しておきましょう。毎朝・毎晩炊かなくても、温めるだけで数日食べられます。安売りで購入した野菜類も冷凍保存できます。お肉や魚も冷凍できます。
 
毎日の自炊は無理でも、休日にまとめて料理をして、小分けにして冷凍して置けばお弁当にも使えます。
 
それぞれの食材の保存方法はインターネットで調べればたくさん節約術としてのっていますので、うまく冷凍術を使いこなせばとてもコストと労力の節約になります。
 

お茶は自分で作る

お茶はペットボトルで買う物と思っている人は案外多いのでは?
 
1日1本100円でも30日買えば3000円です。それに、1日1本では足りませんよね。
 
やかんがあればお茶は簡単に作れます。ピッチャーがあれば冷たいお茶を冷蔵庫で保管できます。安いものであれば、100枚入りのお茶パックが400円程で購入できます。もちろん一人暮らしなら1ヶ月は余裕でもちますよ。
 

電気ケトルの有効活用

自宅に電気ケトルがある場合、お湯を使い切らずにケトルの中に残ってしまう時がありますよね。
 
朝、余ったそのお湯を耐熱ピッチャーに入れて水出し用のお茶パックを入れておけば夜帰ったらお茶ができているので買ったり、作ったりする必要がありません。
 

家庭菜園

もし、ベランダやバルコニーがあるお部屋の場合、プランターを購入して家庭菜園でもしてみませんか。
 
まめな方じゃないと枯らしてしまう可能性もありますが、夏野菜などは比較的作りやすいものです。トマトにきゅうり、ナス、ピーマンなど、ひとつの苗からでもたくさん収穫できますよ。
 
道具は全て100均かホームセンターで揃います。苗も300円以下で購入できます。時間のある単身者さんはお試しあれ。
 

目指せ食費1万円!節約術③|お金の管理編

交際費・生活費と食費の財布を分ける

お財布のお金をどんぶり勘定している方は、浪費しがち。食費は1万円!とか、1万5千円!と決めたなら、それ専用の財布やポーチでお金を分ける事がとても大事。
 
残額をしっかり確認しながら計画的に買い物に行く事も出来ます。
 

買い物に行く日を決める

本気で1ヶ月1万円台で食費をおさめたい場合、事前に計画を立てましょう。
 
今月の予算と、買い物に行く回数、1日に使っても良い金額を決めてしまいます。
 
最寄りのスーパーや、行きつけの安いスーパーの安売りの曜日をチェックし、「毎週その曜日のみ買い物に行き、2500円まで買い物する」など。具体的に決めておくことで、使いすぎる・買いすぎる事を防げます。
 

無駄に買い物に行かない・無駄にお金を持って行かない

スーパーに行くと、「牛乳だけ」のつもりだったのに気が付くとカゴがいっぱいになっていた…なんて事はよくある光景です。ですから、基本的に無駄にスーパーに行かない事が大事。
 
プラス、余分なお金を財布に入れておかない事も大事。お金があるから買えてしまうのです。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
基本的に、ひと月の食費「1万円」というのはかなりハードルが高いです。普通に生活している場合は現実的に無理な金額です。
 
でも!とことん節約して、切り詰めれば不可能ではありません。
 
ただし、気を付けていただきたいのが、長期間にわたって食費を1万円台におさえる事や、食べるのを我慢して1万円におさえる事というのは、本末転倒、体を壊しかねません。
 
基本的な節約方法を身につけ、継続して続けられるものを日常生活に取り入れる事がなによりの目的であって、無茶な食費のおさえかたは一概に良い物とはかぎりません。
 
何事も体が資本ですものね。日頃から外食続きの方、自炊したって逆に高くなると思っている方、今の食費に満足していますか?1万、2万とお金が浮けば、その分貯金もできて、好きな事も色々できますよ。

 

Sponsored Links