引越 郵便

 

 

引っ越しというのは何かと手続きが多いもの。その中でもついつい忘れがちなのが「郵便に関する手続き」です。
 

手続きを忘れてしまうと今まで届いていた郵便物が新居に届かなくなってしまい大変困ってしまいますので必ず手続きはしておきたい所。
 

しかも、手続きはあっという間で超簡単。今回はそんな郵便に関する手続きについてまとめてみました。
 

Sponsored Links

郵便物の転送サービスを利用すれば引っ越しも安心

転送サービスとは郵便局が行っている「転居届」や「転送サービス」と呼ばれる便利なサービスです。とても簡単な無料の手続きだけで旧住所から新住所へ郵便物を自動転送してくれるという嬉しいものです。
 

引っ越しの時というのは何かと作業や手続きが多い物ですから、ついつい忘れがちな住所変更などがあってもこのサービスさえ申し込みしておけば新居に郵便物が転送されるので安心ですね。
 

それに、しっかり住所変更をしたと思っていてももう忘れてしまっているような所から何かが届く可能性もありますので念のために手続きしておいて損はありません。
 

では、さっそく手続きの方法を見ていきましょう。
 

引っ越し時の転送サービスの手続き方法はどれも簡単

転送サービスの手続き方法には「郵便局で直接手続き」「転居はがきの投函」「インターネットでの手続き」の3通りあります。
 

いずれも特に難しい手続きは必要ありませんのでご自身のライフスタイルに合わせて利用できるといいですね。
 

郵便局での手続きの場合

基本的にどの郵便局でも対応してくれます。その際に忘れず持っていきたいのが「身分証明書(免許証・健康保険証・パスポートなど)」と「印鑑」、「新住所の控え」です。
 

郵便局に行くと専用の用紙が準備されていますのでその紙に旧居と新居の住所を記入して提出します。その際に身分証明書が必要となりますので必ず持っていきましょう。
 

転居はがき投函での手続きの場合

休みがいつも日・祝で中々郵便局での手続きをすることができないという人には「転居はがき」での手続きがおすすめ。
 

「転居はがき」自体は郵便局での発行となりますので、1度は郵便局に訪れる必要はありますが、平日にささっと郵便局に立ちよってはがきさえ手に入れれば、後は休日や夜に自宅でゆっくり記入ができ、後はポストに投函するだけです。
 

また、手続きに行ったけど必要な印鑑や新住所の控えを忘れた!という場合もこのはがきをもらって帰ればもう一度手続きに出直す手間がはぶけますね。
 

インターネットでの手続きの場合

忙しくて郵便局に行けないという人には嬉しいインターネットでの転送手続きもあります。
 

パソコンやスマートフォンを使ってインターネットにアクセスし、日本郵便のサイトの中にある、「e転居」というコンテンツからいつでも申し込みできます。
 

また1度の申し込みで6人分まで登録できるので家族での引っ越しの場合とても便利。手続き方法も端末への必要項目の入力と、本人確認のため「転居届受付確認センター」という所へ電話をするだけという手軽さです。
 

郵便局「e転居」
 

郵便物の転送サービス、期間は?

申し込みの期間は?

基本的に決められた期間はありませんので、引っ越し前でも引っ越し後でもいつでも受け付けてもらえます。ですが、基本的には引っ越し先が決まった時点で引っ越し前に行う人が多い様子。
 

手続きが反映されるまでの期間は?

実は申し込みをしたら即転送開始という訳では無く、申し込みをしてから手続きが反映するまでに郵便局の3~7営業日かかります。
 

「1週間か」と思いがちですが、土日祝や連休などを挟むと案外2週間近くなる場合もありますので、引っ越し日からしっかり転送してほしいと考える場合はできるだけ早めに申し込みをしておくと良いですね。
 

転送サービスの有効期間は?

1度申し込みをすると届け出日から1年間は転送サービスが受けられます。ただし、1年後には転送サービスは終わり、その後郵便物は全て差出人に戻されるようになります。
 

ですが、1年後以降も引き続き転送サービスを希望する場合は再度更新手続きを行えば1年間の延長をすることができます。
 

転送サービスが受けられないケースもある

  • 海外への引っ越しの為、海外への転送してほしい
  • 個人の郵便物を勤務先会社へ転送してほしい
  • 入院中の本人の郵便物を親族へ転送してほしい
  • 死亡した本人の郵便物を家族へ転送してほしい

上記のような場合は転送サービスが受けられません。基本的に、本人が受け取る事、本人の住む場所で受け取る事、国内で受け取る事が条件の様です。
 

引っ越し時に郵便の手続きを忘れてしまうことによる危険性

郵便物の手続きを怠ったり忘れたりすることによって発生するのは単に「郵便物が届かない」という事だけではなく、様々なトラブルにつながる可能性も特に賃貸の場合は身の危険を及ぼす危険性も。
 

個人情報の漏えい

賃貸の場合は、自分がその部屋を出た後、またその部屋に誰かが住むことが考えられます。
 

という事はそこに届く郵便物から新しい住人に個人情報が漏れてしまう事になり、郵便物から様々な個人情報を得て悪用されるケースに繋がる危険性もあります。
 

次の住人が良識のある住人の場合ならまだしも、何かと物騒な近年は、特に個人情報をしっかりと守りたいものです。
 

大切な書類の紛失

うっかり手続きを忘れて旧住所に届き続けた郵便物が実はとても大事な書類だったというケースはよくある事のようです。
 

いつまでも届かないなと思っていたら前の住所に届いており、問い合わせしても前の管理人さんや大家さんが親切に対応してくれるばかりではなく、最悪の場合清掃時や新しい住人によって処分されていたなんて事も。
 

だいたいは「転居」「受け取り不可」などで発送元に帰っているケースが多い様子ですが、大事な物は必ずしも再発行できるものばかりではありませんから、気を付けたい所です。
 

請求書などに気付かず滞納やサービス停止

前項の「大切な書類」に通ずるものですが、必ずしも新しい住人や管理会社が適切な処理を行ってくれる訳ではありませんから支払いが必要な物であったりした場合でも、それが適切に処理されずに長期間の滞納などになってしまう危険性もあります。
 

こういった危険性があるものは引っ越し前に早めに新住所への住所変更手続きをしておくことで防ぐ事ができます。
 

★忘れがちな住所変更が必要な物

  • 電話、インターネット、携帯電話
  • パスポート(名字が変わる時や本籍地が変わる場合)
  • 免許証
  • 銀行やクレジットカードなどの金融機関
  • 保険会社(生命保険・自動車保険など)
  • NHK
  • ネットショップや会員登録している物

郵便物が届かない!?「転送届」でのトラブル

実は「手続きをしたのに郵便物が全く転送されてこない」という事態に悩まされるケースも少なくはありません。ではどのような可能性が考えられるのでしょうか。
 

  • 転送処理に時間がかかっている

実はちょこちょこ発生しているこの事態。「転居届は出したのに今日来るはずの書類が来ない…」というのには転送処理そのものに時間がかかっている事が多いのです。
 

例えば他府県に引っ越しした場合、1度元の地域の局内に入り転送処理されますので、局から局への転送の時間がかかります。また、転送対象となるものはある程度まとまってから転送されるケースもあります。
 

  • 申し込み時の住所の記入ミス

郵便物が届かない理由として他に考えられる事態としては、転送サービス申し込み時に住所の書き間違えなども考えられます。申し込みの際はしっかり記入内容を確認しておくことが大事ですね。
 

「郵便事故」などの可能性も無きにしも非ずですから、来るはずの郵便物が来ない場合はひとまず郵便局に問い合わせをしてみましょう。
 

  • 郵便事故(転居届が正しく処理されていなかった)

基本的にはトラブルも少なく、何度も転送サービスを利用している筆者も今まで困ったことは無かったのですが、中には「郵便事故」で郵便物が全く届かず困っている人もいます。
 

例えば1年の間に複数回の転居がある場合はトラブルが起こりやすくなるようです。
 

1年以内にさらに転居届を出さなくてはならなくなった場合は、以前の申し込みをした転居届の内容をしっかり伝えておく方が無難との事です。
 

  • 悪質な嫌がらせを受けた

特異なケースではありますが、誰かに自身の郵便物を勝手に転送されていたという事件もあります。
 

最近ではインターネットや転居はがきなどで気軽に転送サービスを申し込みできるようになりましたが、それらは身分証明書の添付などが無く、申し込み後に確認の為の連絡が郵送で旧住所に届くか、もしくは職員が訪問します。
 

本人確認のシステムに隙間があればこのような恐ろしい事件にもつながってしまいます。不審に思う場合は郵便局に確認してみましょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。とても便利な郵便転送サービス、引っ越しの際には是非利用したいものです。郵便局はどの町にもありますので手続きに出向くには困りませんよね。
 

また、郵便物が送られてくる可能性のある場所すべてに新住所を教えたり、住所変更を行ったりするのはとても大変な事で、ただでさえ引っ越し前は多忙ですから、ひとまず転送サービスを受け、転送されてきたものから順番に住所変更を行っていくのも良いですね。
 

転送サービスを受けなかったことにより起こるトラブルを防ぐ為にも、「転居届」の申し込みは引っ越しの際に必要な手続きの一つとして認識し手続きしておけば、引っ越ししてから「助かった」「便利だな」と感じる事ができるはずです。
 

Sponsored Links