ひとり暮らし初期費用20万円

 

 
一般的に一人暮らしを始める時は50~60万円の費用が掛かります。
 
ですが、限られた予算の場合、いかに費用を抑えるか、皆さん色々悩まれますよね。
 
現実的に20万で一人暮らしをスタートさせるのはとても難しい話です。実際物件を借りるだけでも20万以上かかるケースが一般的です。
 
初期費用を20万以下におさめるというのは誰しもが実現できる事ではありません。かかる費用も環境や地域によっても大きく差が出ます。
 
20万円で初期費用をおさえようと思った場合、どのような対策があるのかまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしを始めるのにかかる初期費用

 
初期費用とはいったいどのような物なのでしょうか。
 
一般的に一人暮らしを始めるのに必要な費用は大きく分けて以下の3項目です。
 

物件を借りる為に必要な費用(20万円~)

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 日割り家賃
  • 管理費、共益費
  • 賃貸保証料
  • 火災保険料

 

生活するのに必要な物を買い揃える費用(10万円~)

  • 家具家電…冷蔵庫、洗濯機、ベッドなど大きな家具や電化製品
  • 生活雑貨…タオル、ベッドシーツや枕など生活するのに必要な細かい雑貨
  • 日用品…キッチン用品や洗剤、ティッシュ、トイレットペーパーなど日々使う物

 

引っ越しにかかる費用(5万円~)

  • 引っ越しの梱包代
  • 引っ越し業者に支払う費用

 

初期費用はおさえる事ができる?

上記にあった3項目の平均金額を見てわかるように、一般的には物件を借りるだけでもゆうに20万円を超えてしまいます。ですから、20万円で一人暮らしをはじめようと「普通」に考えていては無理な金額です。
 
とにかく20万円という予算で一人暮らしを実現させるためには、様々な事を我慢し、削り、できる事は自分の労力でカバーし、とにかくコストを抑える工夫と努力をしなければなりません。
 
そして、20万円を実現させるのは、引っ越す地域やご自身の環境によっても可能か否か変わってきます。
 
では、次からは具体的に、初期費用20万円程度を目指す為にできる事を考えていきましょう。
 

20万で一人暮らしを始めるために①|フリーレント物件を狙う

あなたは「フリーレント」という言葉をご存知ですか?
 
フリーレントとは、入居後1~3ヶ月程、家賃を無料にしてくれる契約形態の事です。ですから、初期費用を抑えたい方には嬉しい物件です。
 
でも、「そんなの貸す側が損するんじゃないの?」と思われるかと思いますが、貸す側もまずは部屋を埋める事が大事。そういった点からお互いにメリットがあります。
 
ただし、注意点・デメリットとしてフリーレント物件の場合は契約期間内に解約をした場合の違約金がある事を知っておかなくてはいけません。
 
大半は違約金として1ヶ月の家賃を支払うというペナルティがつきます。あと、まだまだフリーレント物件は数が少ないという事もあります。
 
中にはフリーレントではありますが、敷金礼金が多くついている物件もあるので、敷金礼金ゼロ物件を選ぶ方がより初期費用をおさえられる可能性もあります。
 
契約の際は細かいところまでしっかりと業者に確認をしながら慎重に選びたい所です。物件の契約料を少しでも抑える事で初期費用は大きく変わってきます。
 

20万で一人暮らしを始めるために②|家具家電を買わないor新品を買わない

まず、家電量販店などでお得なセットを購入したとしても5~10万円はかかってしまいます。そこにベッドや収納を…と考えると確実に費用が上振れてきてしまいます。
 
買う店や買う方法はとても大事。「初期費用を20万円で」という目標を立てたならそこには犠牲はつきものです。
 
「新しくきれいな物が欲しい」「最新もしくは去年の型落ちくらいの物が欲しい」なんていう贅沢で甘い考えは捨てましょう。
 
まずは今の自宅にあるもので使える物は全て使います。それでも足りない物、引っ越しの兼ね合いで運べない物に関しては「新品」では無く「中古」を狙いましょう。案外リサイクルショップには掘り出し物があります。
 
また、知人から譲ってもらえる物が無いか確認するのも大事です。
 
最近ではインターネットでの中古販売も増えています。例えばスマホアプリ「メルカリ」Yahoo!の「ヤフオク」などを利用するのもおすすめです。少し手間はかかりますが、費用を抑える為の努力は怠れません。
 
一人暮らしを辞めて家具家電が不要となった方が、一人暮らし用家電セットを格安で出品しているケースも多いのでそういったものを狙えば、例えば冷蔵庫・電子レンジで10万かかる物が3万以下で揃う可能性もあります。
 
また、家具家電も「本当に必要か?」「本当に使うのか?」という事をじっくり考えながら購入を検討する事が大事。
 
冷蔵庫・洗濯機・照明など、生活するのに欠かせない物は一人暮らしスタート時から必要になりますが、「とりあえずなくても何とかなるもの」という物は結構あります。
 
「生活してみてから必要であれば買う」、「次の給料日以降に買う」、「半年後までに買う」という感じで、長期計画を立てて、初期費用にかかる金額をできるだけ減らしましょう。
 

20万で一人暮らしを始めるために③|初期費用の値下げ交渉を試みる

実は家賃交渉しやすい物件というのがあります。
 
どのように見分けるのかというと、「入居者募集期間(空室)が長い物件」という所に着目します。
 
仮に3ヶ月以上募集をかけ続けている物件というのは、実質家主にとっては十万以上の損失が出ている部屋となります。
 
繁忙期と言われる春や夏を過ぎても入居が決まらない部屋は、おそらく来春まで新しい入居者は見込めません。秋口の時期になっても数ヶ月空室のままの部屋があれば是非値引き交渉を行い所です。
 
その他にも、駅から遠く不便であったり、治安が悪く人気が無い地域であったり、1Fの部屋しか空いていない、設備があまり整っていない、など、デメリットを感じる物件で、尚且つ長期間空室の場合は交渉の価値ありです。
 
その業者の担当者と家主の関係性によっても結果は左右されますが、是非、物件の申し込みをする時点で一度、家賃・管理費・共益費の値下げ交渉を行ってみてください。
 
月々3000円の値下げでも、年間36,000円です。家賃交渉はチャレンジあるのみ。もし通らなかったとしても、交渉はタダですからね。
 
早めからの物件チェックで目星をつけておいて、粘り強く値下げ交渉をする事で初期費用を少しでも抑えましょう。
 
また、どうしても予算オーバーしてしまう場合は、初期費用を分割払いできないか業者に尋ねてみてください。不動産会社によっては対応してくれる所もあります。
 

20万で一人暮らしを始めるために④|引っ越しサービスを選ぶ・使わない

引っ越しに関しては、とにかく荷物を少なくすることです。少なくすることで、単身サービスやお得なプランを使い5万円以下に引っ越し代を抑える事ができます。
 
筆者の場合700km離れた場所への引っ越しも2万5千円でおさまりました。大きな家具家電の引っ越しを業者に頼むとどうしてもトラック1台を貸切る形になり非常に高くついてしまいます。
 
家電くらいなら単身サービスで運ぶことが可能ですが、大きなベッドやタンスとなると単身サービスでは運べません。とにかく荷物を減らす事です。
 
もしくは家具家電備え付けの物件を選ぶのも引っ越し代をうかせる一つの手段ですね。
 
または、運転免許をもっている場合トラックをレンタルして自分で運ぶのが一番安くつきます。トヨタのレンタカーで軽トラを借りた場合、1日で1万円かかりません。
 
遠方の場合は現実的ではありませんが、近距離の引っ越しの場合は全て自分で運んでしまえば引っ越し代金そのものをうかせることができます。
 

まとめ

何かとお金のかかる一人暮らしの初期費用、20万円でおさめようというのは至難の業。
 
費用をケチって物件や地域、家具家電のグレードを下げる事はいくらでもできますが、その後の住み心地は保証されません。
 
やはり、十分な予算を確保してから一人暮らしを始めるのが無難です。それでも限られた費用で一人暮らしを始めなければならないケースもあります。
 
まずは賃貸の契約交渉が初期費用を大きく左右しますのでまずはしっかり業者に相談・交渉する事が大事です。

 

Sponsored Links