一人暮らし 電子レンジ

 

 

一人暮らしをする時に「必要な物」「家電」などで調べると必ず出てくる「電子レンジ」。電子レンジはとっても便利で特に一人暮らしさんの生活を必ず快適にしてくれます。
 

今回はそんな「電子レンジ」についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしさんと電子レンジ

「一人暮らしに電子レンジが必要!」といっても、実は「温めるだけ」なんじゃないの?「必要なのかな」と悩んでいる人もいるはずです。電子レンジの主な用途とはどのようなものなのでしょうか?
 

電子レンジの用途

  • 食べ物を温める
  • 飲み物をあたためる
  • 解凍
  • 簡単な調理(下準備など)

一人暮らしの場合、主に以上の用途で電子レンジを使っているはずです。特に忙しい一人暮らしさんの場合はゆっくりご飯の準備をしている時間はとりにくく、毎度自炊をし続ける事が難しい人も多いのではないでしょうか。
 

でも一人暮らしさんもやっぱり温かいごはんが食べたいですよね。電子レンジが無くても一人暮らしは成り立ちますが、無いよりある方がより一人暮らしは快適になります。
 

あって良かったなぁと感じる時

  • くたくたで帰ってきてコンビニ弁当を温めて食べられた時

コンビニ弁当を食べる時お店で温めてもらっても家に着く頃には冷めてしまいます。そんな時電子レンジがあると便利ですね。
 

  • 食べきれなかったご飯の残りや貰い物を、次の日温めて美味しく食べられる時

一人暮らしの場合一人しかいないのでどうしても食べきれない物が出てきてしまいます。捨てるのはもったいないと冷蔵庫にしまうのは良いのですが冷蔵庫に入れるとどうしても冷たくなってしまいます。そんな時はやはり電子レンジの存在は偉大です。
 

  • 冷凍食品の自然解凍は待っていられないからレンジの解凍は役立つ

レンジがあって解凍ができる生活に慣れていると、レンジが無い場合解凍機能が使えないので大変困ります。冷凍していた食べ物を自然解凍や湯煎で溶かす…というのも時間がかかってしまい大変ですね。
 

  • ホットタオルを簡単に作れる事

寝る前に疲れた目元に乗せてお手製ホットアイマスクをしたり、女性の方はホットタオルで顔を温めてからお手入れする事でプルプルのお肌に!?
 

  • 料理が面倒くさいけど何か作らなくちゃならない時

最近はレシピ本やレシピサイトでも「電子レンジのみで作る○○」というレシピがたくさんあります。ガスやIHを使わず簡単においしい料理ができてしまうなんて嬉しいですね。
 

  • パンが数秒でやわらかくなっておいしく食べられた時

パン屋さんのパンとかって1日経つとカチカチになってしまいますよね。そんな時ほんの10秒程レンジにかければふわふわあったかいパンに戻ってくれます。便利ですよね。
 

などなど、いずれにしても電子レンジはあるに越したことはありません。一人暮らしをより良い物に、快適な物にしてくれる事間違いなしです。
 

そして、やはり多くの人が「一人暮らしをする時に買っておいた方が良いアイテム」としてピックアップしている電子レンジ。やはり一人暮らしさんには欠かせない家電の一つといえるでしょう。
 

一人暮らしさん向け、自分に合う電子レンジを見つけよう

電子レンジの種類

「電子レンジ」と呼ばれる物には、大きく3つの加熱方法があります。
 

  • 「単機能レンジ」

マイクロ波だけ搭載されている電子レンジ。「温め以外の機能はいらない」という人向け。比較的安価でコストを抑えられる反面、出力は低く温度センサーも無いため性能が低い物が多くなっています。
 

  • 「オーブンレンジ」

マイクロ波プラス、ヒーターを搭載しており、レンジ・オーブン・グリルなどの機能がついている電子レンジ。
 

  • 「スチームオーブンレンジ」

スチームオーブンレンジの中にもいくつか種類があります。
 

角皿方式」という、角皿に水を張る方式で、オーブン調理の際にスチーム機能を利用できるタイプと、最近のタイプでは一番多いスチームが自動で噴射され、通常のあたための際もスチームが使えるという「スチームあたため可能」タイプ、更には300℃までの高温スチームが出て油分カット・塩分カット効果が高い、ヘルシー調理ができる「過熱水蒸気スチーム搭載」タイプがあります。
 

いずれも機能が増えればその分価格も上がっていきますので、自分がどの程度の使い方をするか、どの程度の機能を使って生活をするかという事を念頭において選ぶと無駄がありませんね。
 

電子レンジのサイズ

電子レンジのサイズに関して注目するのは中の大きさリッター数ライフスタイルに合わせて庫内の大きさは変わります。
 

  • 一人暮らしにオススメ 16L前後
  • 二人暮らしにオススメ 21L前後
  • 三~四人家族にオススメ 25L前後
  • 料理好きにオススメ 30L前後

以上のような目安の容量という物があります。一人暮らしさんの場合、最低限の機能がついていて、「本腰入れて自炊をしたい」「がっつり電子レンジをフル活用する予定」という訳でなければ16L前後のもので最低限の機能がついていれば最近の電子レンジで困る事はないでしょう。
 

逆に自炊に力を入れたいという方は20L~25Lの物を選んでも持て余す事は少ないでしょう。基本的に自炊をする・しないで容量の大きさを調整すると失敗が少ないです。
 

中でもひとり暮らしさんにオススメなのは18L以上のものです。18L以上になってくると「フラットテーブルタイプ」の物が主流となりますので、「○○が入らない」「小さなターンテーブルの電子レンジで温めたい物が回らない」なんて事態を防ぐ事ができます。
 

電子レンジのテーブル

  • 「フラットテーブル」と「ターンテーブル」

フラットテーブルというのは電子レンジ内に皿が無くフラットになっているタイプの事で最近の主流となっています。回転テーブルが無いため大きなお皿でも入れて温められる点、掃除が楽な点が嬉しい所です。
 

ターンテーブルタイプは昔からあるテーブルを回転させながら温めるタイプで食材が熱源に当たりあたたまるタイプなので熱ムラができやすいという弱点も。
 

また、トースター付きの電子レンジを考えている場合、一人暮らし用の低価格のものの場合ターンテーブルの物が多いのですが、「一人暮らし用」として販売されている容量の小さい物(16L前後)の場合コンビニ弁当が入らないという悲劇を生む可能性がありますので要注意。
 

センサータイプ

電子レンジには加熱具合を探知する「センサー」があり、それにもいくつかの種類があります。種類は3つで「赤外線センサー」「重量センサー」「湿度(温度)センサー」があります。
 

重量センサーに関しては大きな器やお皿などの場合余計な加熱が発生しやすく、湿度(温度)センサーに関しては電子レンジではよく使うサランラップなどで湿度が感知しにくく余計な加熱が発生してしまうなどそれぞれ弱点があります。
 

中でも赤外線センサーはその他2つのセンサーで起こり得る弱点がありません。「自動あたため機能」を良く使う場合はこの赤外線センサーが搭載されている物を選べば無駄がありませんね。
 

電子レンジを選ぶのは置き場所を決めてから!

ついつい他の家電を買うタイミングで、価格もサイズも「手頃なもの」を選んで購入しがちな電子レンジですが、電子レンジを買うときは自分の部屋での電子レンジの置き場所を考え確認してから購入すると間違いありません。
 

購入前に確認しておきたいポイントは、「置き場所によって影響する点」

  • ドアのタイプは重要

電子レンジでやりがちなのが、冷蔵庫や棚の上に置かなくてはならなくなったのにドアが上下開きで非常に使いにくいなんて事に。また左右開きの場合も同じです。入ったのはいいけど隣の壁や物が邪魔で使いにくいなんて事にならないように気を付けましょう。
 

  • AVや無線機器の近くはNG

「ちょうどいい場所」と思っていても、近くにテレビやラジオ、無線LANなどが置いている場合画像や音声の乱れ、通信エラーの要因になります。4m以上離れた場所に電子レンジを置くスペースを確保しましょう。
 

  • 置くスペースを確保してサイズを測っておく

「このくらいのサイズが無難かな」「店員にオススメされたから買った」なんていう買い方をすると「思ってた場所に電子レンジが入らない」「置き場所が無い」なんて事に繋がります。
 

案外場所を取る電子レンジ、コンセントの場所だって関係してきますからどこへでも置ける訳ではありません。他の大型家電と同じように事前に置きたい場所を決め、おおよそのサイズを測ってから買いに行きましょう。
 

  • 冷蔵庫の上に置くつもりなら確認したい耐熱性

良く「電子レンジの置き場」として利用される冷蔵庫の上。一人暮らし用の冷蔵庫の高さは電子レンジを置くのに絶妙に良い高さなんです。だからこそ必ずチェックしておきたいのが「冷蔵庫の上の耐熱性」です。
 

もし冷蔵庫と電子レンジを一緒に購入する場合は店員さんに「これは冷蔵庫の上に置いても大丈夫ですか?」と確認しておきましょう。
 

電子レンジの使い方と危険性

便利な「電子レンジ」、火を使わずに簡単に食べ物を温める事ができ日常的に毎日使われていますが、使い方によっては危険な事もあります。
 

「電子レンジで卵を温めたら爆発した」
「電子レンジでニンニクを温めていた所発火した」
 

などなど、外部からの熱によって加熱するのではなく、マイクロ波によって直接内部の水分子を振動させ摩擦熱により加熱する電子レンジ、使い方を間違えれば飛び散りなどからやけどをしたり、発火して火事に繋がる危険性もあります。
 

特に多いのがゆで卵や液体・飲み物の加熱による飛び散りでのやけどや、水分の少ないサツマイモやニンニクなどの焦げやすい野菜の加熱による発火による事故です。
 

また、アルミホイルや金属装飾付きの皿の加熱で火花が散ったり、金属部分が高温になる危険性や、耐熱容器以外の容器の加熱による変形による事故もあります。便利なアイテムも使い方ひとつです。危険性をしっかり知って正しく使う事が大事ですね。
 

電子レンジで使えるもの

陶器・磁器・耐熱ガラス・耐熱性のあるプラスチック・耐熱性のあるシリコン容器・ラップ
 

電子レンジで使えないもの

アルミホイル・ステンレス、ホウロウなど金属容器・土鍋や素焼きの器・金銀模様のある陶磁器・木製容器・漆器・耐熱性のないガラス・耐熱性のないプラスチック
 

一人暮らしさん向け電子レンジだけで作れるレシピ集

最近はインターネットで「電子レンジ レシピ」と検索するだけでたくさんのレシピが出てきます。ガスや鍋などを使う事も無く「ピッ」とスタートボタンを押すだけでおいしいごはんが作れるなんて楽過ぎて夢のようなお話ですね。
 

いつも作るのが億劫で外食や買い食いが多かった人も、こんなに簡単な「電子レンジだけレシピ」を知れば、プチ自炊も夢じゃありません。
 

今回は「一人暮らしさんが知っておくと便利」なレシピ集をいくつかピックアップしてみました。どれも本当に手軽で、また「一人分」や「少量」から作れるので嬉しいレシピばかりですよ。
 

★「【鍋なし 火なし】電子レンジだけで作る簡単おかず【話題入りレシピ】
 

★「一人暮らしの方にオススメしたい、簡単で美味しい電子レンジ料理15選
 

★「一人暮らしの自炊に!レンジでチンするだけの卵料理レシピ教えます♪
 

★「一人暮らしの救世主☆【電子レンジ】で一人分簡単レシピ
 

★「【簡単】一人暮らし必見!マグカップですぐできちゃうレシピまとめ
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は一人暮らしさん向けに電子レンジのあれこれをまとめてみました。何かと物入りな一人暮らしさん、でもできれば物は増やしたくない。電子レンジは本当に必要なのかな?と悩んでいるあなた。
 

電子レンジはアリかナシで言えば確実にアリです!電子レンジがある生活と無い生活では快適さがかなり変わってきますよ。
 

一人暮らしさんの場合は特に。必要以上の大きさや機能がついている高級な電子レンジは必要ないかもしれませんが、最低限温めができる自分のライフスタイルにあったレンジを選ぶ事であなたの一人暮らしライフをより良く快適にしてくれること間違いなしです。
 

Sponsored Links