一人暮らし 弁当

 

 

何かとお金のかかる一人暮らし、毎日コンビニでお昼を買ったり、ランチに行ったりしていると食費もバカになりませんよね。
 

また外食が続くと食費がかさむだけではなく、野菜なども取りにくくなってしまうので栄養も偏ってしまいます。
 

今回は体にも懐にも嬉しい一人暮らしさんのお弁当生活についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしさんとお弁当

一人暮らしの場合、朝誰かが毎日お弁当を作ってくれる訳ではありません。でもお昼はお腹も減りますし、ついついコンビニやスーパーで買い食いになってしまったり、社食、学食、近くのカフェやレストラン、定食屋さんでのランチが続いてお金がかさんでしまったりという方は多いのではないでしょうか。
 

ある調査では以下のような結果がでています。
 

お弁当を持って行っている?(賃貸住宅で一人暮らしの20代社会人対象)

★男性
 

  • ほぼ毎日作っている…11.1%
  • 週の半分以上は作っている…6.9%
  • 時間がある時作っている…9.7%
  • 弁当を作りたい気持ちはあるが、全くできていない…23.6%
  • 弁当を作る事について考えたことが無い…48.6%

★女性
 

  • ほぼ毎日作っている…24.1%
  • 週の半分以上は作っている…8.8%
  • 時間がある時作っている…16.1%
  • 弁当を作りたい気持ちはあるが、全くできていない…31.4%
  • 弁当を作る事について考えたことが無い…19.7%

この様に、男性は約2割、女性は約4割の人がお弁当を持参している様子。
 

男女ともに、「弁当を作りたい気持ちはあるが、全くできていない」と感じている人は多く、やはり節約の為、健康の為に弁当持参を考えている人は多いという事ですね。
 

ガベージニュース「お弁当 持参率は 男性が 大体2割で 女性は4割」
 

では、一人暮らしさんがお弁当生活を始める事で得られるメリットとはどのような物なのでしょうか?
 

一人暮らしさんの弁当持参生活によるメリット

  • バランスよいお弁当を作る事で栄養が摂れる
  • 買って食べるより食費が節約できる
  • 近くにお店が無い、買いに行く時間が無くてもお昼が食べられる
  • ダイエットができる

などなど、お弁当を持っていく事で経済的で健康的にお昼ご飯を取る事ができるという事ですね。
 

また、男女ともに外食ではなかなかダイエットも難しくなりますが、自分の体調や体系に合わせながら栄養をとりつつ中身を調整してダイエットにつなげる事もできますね。
 

一人暮らしさんが作るお弁当ってどんなもの?

誰しもが毎日朝からおかずを作ってお弁当を作れるほどマメな訳ではありませんし、若い一人暮らしさんの場合、朝は時間との闘い、バタバタと1分1秒を争っているはず。
 

ですが、きっちりお弁当を持って来ている人達はいます。「お弁当」と聞いて思い浮かぶような立派なお弁当だけが必ずしも「お弁当」とは限りません。
 

効率的で便利で、でもしっかり満足感がある「お昼に食べる物」であればそれは立派なお弁当です。では、世の一人暮らしさんはどんなお弁当を持って来ているのでしょうか?
 

  • きっちり毎朝作っている

かなり少数派ではありましたが、朝からきっちり自炊してお弁当らしいお弁当を作る人も。
 

  • おにぎりを作ってと即席みそ汁とコップを持っていく

炊飯器で朝にご飯が炊けるように予約をして、朝はパパッとサランラップに海苔をひいておにぎりを握れば立派なおにぎり弁当に。
 

おまけにお漬物でも一緒に入れておけば即席みそ汁と一緒に満足感のある昼食になります。
 

  • おかずには惣菜や缶詰を詰める

自炊派できないけどご飯は炊いているしお弁当に詰める事はできるという人にオススメの「缶詰」。色々な缶詰があるので、一緒に詰めておけば十分おかずになります。
 

  • 前日の夜ご飯のおかずを少し残しておいて詰める

前日につくった晩御飯のおかずなどをお弁当分に少し残しておいて、朝、詰めるだけのお手軽お弁当。手作りのおかずとご飯で栄養満点ですね。
 

  • 前日の夜のうちに作って冷蔵庫に入れておく

卵焼きに、ウインナーに…とお弁当らしいお弁当を持っていきたいけれど、朝は起きられない!という人にオススメな夜のうちに作って冷蔵庫で保管して次の日それを持っていくというお弁当。
 

朝はぎりぎりまでゆっくり寝ていられます。
 

「前日に弁当作り」で一人暮らしさんの上手なお弁当生活

「お弁当をもっていくように心がけたいのに、朝早く起きるのが辛い…」という人はきっと世の中多いはず。そんな時、前日の夜、時間のある時に作っておけたらどれ程楽か…。
 

でも衛生面が気になって前日に作るのが心配…。という人も多いのではないでしょうか。前日に作るお弁当の場合、ある事に気を付ければ問題なく「朝持っていくだけ」のお弁当生活をする事ができます。
 

前日の弁当作りに気を付けたい事

  • 生ものや水分の多い物は入れない

基本的に水分の多い物、火を通していない物は腐りやすくて危険。特に夜詰めるお弁当の場合は長時間お弁当の中に入っている状態になりますので、極力腐りやすい物は入れないようにすることが大前提です。
 

しっかりと火の通ったものをおかずとして選ぶようにしましょう。
 

  • 防腐効果のある食材を入れる

お弁当は「梅干し」「しょうが」「お酢」などの防腐効果のある物をいれるように工夫する事で傷みにくくなります。
 

  • お弁当箱はしっかりきれいに洗う

案外見落としがちなのがお弁当箱自体の汚れ。フタのパッキンなどに汚れが残っていたり、洗った後水気が残ったままで詰めたりするとどんどん最近が繁殖してしまいます。
 

すみずみまできれいに洗ってしっかり乾かす事が大事です。
 

  • 古い物、腐りやすそうな物を入れない

2日前の晩御飯のおかずや、食べている途中の直接お箸を使っていたおかずなどを使うのはお弁当が傷んでしまう原因に。2日前になるようなら少しの時間でも冷凍保存して置く方が無難です。
 

少しでも唾液が入ってしまっている場合、傷みやすくなってしまいますので要注意です。
 

  • アルミホイルや熱に弱い物を入れない

腐敗や衛生面に直接関係の無い事ですが、冷えたお弁当の場合できれば電子レンジなどで温めて食べたいものです。
 

アルミや熱で溶けてしまうような素材は使わない事、また電子レンジOKのお弁当箱を使う事もポイントです。
 

  • (できれば)ご飯は朝炊いたものを入れる

冷蔵庫に入れたごはんというのはどうしても硬くなってしまったりパサパサしてしまったりします。それをおいしくないと感じる場合は、朝炊きあがるように炊飯器をセットし、朝一番でお弁当に入れる分だけ別の容器に入れて冷まします。
 

そしてしっかりさましてから冷蔵庫から出したお弁当に入れて、保冷剤をつけてお弁当を持っていけばモチモチとしたご飯のお弁当を楽しむことができます。
 

  • 冷えたお弁当はお昼まで冷やしておく

一度冷えたものが常温になると腐敗が進みやすいので、冷蔵庫から出したお弁当は保冷剤を一緒に入れ保冷バックに入れるなどの工夫をして食べる直前まで冷やしておきましょう。
 

冷蔵したお弁当が常温に戻ってしまうと、最近が一気に活動しはじめ腐敗が始まりやすくなります。
 

一人暮らしさんでも簡単!ポイントは冷凍と作り置き

一人暮らしさんが毎日お弁当を持っていこうと考える場合、求められるのは「早起きできるか」「毎朝お弁当のおかずをつくり続けられるか」という所。
 

世のお母さん達というのは偉大ですね。考えただけで心が折れそうですが、毎朝お弁当を準備しようと思うと時間と労力が必要になります。
 

…なんて事は必要ありません。ただし、あるポイントをしっかり押さえて実行する必要があります。ポイントは「作り置き」で「冷蔵・冷凍保存」をうまく使う事です。
 

「お弁当用におかずを作りたい!」と思っても仕事の後、自宅に帰ってから料理するのはなかなか大変。ただでさえ時間も遅いのに買い出しに行ってから下準備をして…と考えると気が滅入りますね。
 

そんな場合は週末や休日をうまく利用する事が日々の負担を減らすポイントになります。
 

予定の無い休日は買い出しに行き、まとめておかずを作って冷蔵・冷凍保存しておく事が毎朝「詰めるだけ弁当生活」を実現させるカギとなりますよ。
 

時短でお弁当作り①「作り置き」

まず何より大事なのは作り置きお弁当に入れられるような汁気が少なく、しっかり味のついているタイプのおかずを作るのがポイントです。
 

使いやすく日持ちする物としては「煮詰めるタイプ」のおかずがおすすめです。また味がしっかりつくのでお弁当のおかずにもピッタリでごはんが進みます。
 

おすすめの物としては「きんぴらごぼう」「鶏そぼろ」「焼鮭」「豚の生姜焼き」「かぼちゃ・さつまいもなどの甘露煮」「ひじきの煮物」などがお弁当にも使いやすく作り置きができます。
 

また、1度のお弁当に3品ぐらいをイメージしておけば十分です。
 

お弁当用作り置き常備菜レシピ集

 

一人暮らしさん必見!簡単で節約になるとっても使える常備菜レシピ♡
 

作り置きおかずのレシピ51選!お弁当用の常備菜が満載!
 

超便利なのに美味すぎる!一人暮らしに最適な「究極の常備菜レシピ」10選
 

一人暮らしの男性にもおすすめ◎ 週末ぱぱっと作れる、簡単!うまい!常備菜レシピ
 

時短でお弁当作り②「冷凍」

お弁当って揚げ物が入っていると食欲がわき嬉しいですよね。食べごたえもあり、良いおかずになります。揚げ物の場合、お店で冷凍食品を買ってくるのも一つの手段ですが、冷凍食品は定価で買うと何かとコストがかかってしまいます。
 

そういう場合は自分で作って冷凍するのが1番です。から揚げやひとくち大のヒレカツやロースカツ、チキンカツなどを作って冷凍しておけば、朝お弁当に詰めて昼頃にはいい具合に自然解凍してくれています。
 

「自然解凍ってべちょべちょになるんじゃないの?」と思われがちですが、案外水っぽくならず食べやすい状態に解凍されますよ。その他ひとくち大のハンバーグなどもおすすめです。
 

また、毎朝作るのは面倒くさいけど、お弁当には入っていてほしい卵焼きも冷凍保存ができます。また、卵焼きはレシピを工夫する事で、冷凍しても味の落ちない卵焼きに仕上げる事もできます。
 

お弁当に★冷凍保存用の玉子焼き レシピ・作り方
 

前項で出てきた「作り置き」したおかずを「冷凍しておきたいな」と考える場合は、1回分ごとにラップなどで分けておくか、もしくはお弁当用の仕切りカップに入れてからタッパなどに並べ冷凍すれば更なる時短と長期保存が望めますよ。
 

お弁当用冷凍できるレシピ集

 

冷凍おかずが超便利!お弁当から夕食まで大活躍の作り置きレシピまとめ
 

お弁当に活躍!冷凍保存できる作り置きおかずレシピ【主婦の味方】
 

めっちゃラク!冷凍保存できるお弁当おかずレシピ
 

【お弁当】まとめて作って冷凍!朝つめるだけ!色別彩りレシピ【時短】
 

ちょっと例外!?便利な冷凍宅配弁当

皆さんは「冷凍宅配弁当」って聞いた事ありますか?実は、一人暮らしさんや単身者さんに人の「冷凍されたお弁当を届けてくれるサービス」があります。
 

宅配弁当サービスにはうれしいメリットが3つあります。
 

受け取りが便利

受け取りは専門の宅配ドライバーが持ってくる訳ではなく、通常の宅配便で届きますので、不在になりがちな一人暮らしさんでも従来の宅配と同じように荷物を受け取る事ができるのが嬉しい所。
 

調理は解凍のみ

調理はいたって簡単で、「解凍」や「あたため」のみです。中には湯煎解凍でおいしく解凍できる物を入れている会社もあります。冷凍食品なので長期保存が効くのも助かります。
 

栄養バランスがしっかりしている

宅配食というのはどこもしっかり管理栄養士が栄養バランスを監修して作られていますので、コンビニ弁当のような印象を受けても栄養バランスが全く違います。
 

忙しく栄養が偏りがちな一人暮らしさんだからこそ嬉しいポイントですね。平均的に1食あたりの予算は600~700円程。中には定期購入で400円程になる所もあります。
 

コンビニ弁当タイプのような容器の物もあれば、パウチなどに小分けされていて器に出して食べるような物まで各社様々な形態ですが、どこも栄養バランスがしっかり考えられており、中には料理人が監修している程の味の良さを売りにしている所もあります。
 

お弁当タイプの物なら、届いたお弁当を自宅で冷凍保管しておき、保冷剤と一緒に保冷バックに入れ会社や学校に持っていってからお昼はレンジでチンするだけでおいしいお弁当が食べられます。
 

小分けタイプの場合は、朝、詰め替えができる程度に半解凍してお弁当に詰め替えてしまえば栄養満点のお弁当ができます。
 

また、一人暮らしの場合、疲れてくたくたで帰ってきても、自分でご飯を準備しなければいけません。そんな時、温めるだけで食べられる栄養満点のごはんが冷凍庫に入っていると思うととても助かりますよね。
 

とにかく手間がかからない事が魅力的。お弁当にも使えて、困った時のご飯にも使えて、何かと栄養が偏りがちな一人暮らしさんには嬉しい冷凍宅配弁当。実はとってもおすすめです。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「一人暮らしさんのお弁当」についてあれこれまとめてみました。最近は「弁当男子」や「弁当女子」なんて言葉も流行っており、お弁当の持参を意識している人は多い様子。
 

やはり、自炊は節約のはじまりであり、お弁当持参は食費を大きく浮かす為の近道です。それに毎日コンビニ弁当では散財だけではなく、栄養は偏り、味にも飽きてしまいますよね。
 

ちょっとした工夫とちょっとした努力をすれば、毎日お弁当を持っていく事はそれほど大変ではありません。おかずを作るのがまだまだ苦手という人は、はじめはスーパーのお総菜コーナーできんぴらなどを買うのもひとつです。
 

どうせお弁当を作るなら自分の体の為にも栄養面を考えられるとなお良いですね。
 

Sponsored Links