一人暮らし 掃除機 必要性 使用頻度

 

 

一人暮らしに掃除機って実際必要なの?と疑問を感じている人は案外多く、これから一人暮らしを始める際に買うべきか否か…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
 

一人暮らしを始める時に必要な家電リストにはだいたいセットで入っている掃除機。確かにあれば便利でいざという時助かる掃除機ですが、使用頻度や、どういった時に活躍するのかなどを、自身のライフスタイルに照らし合わせて検討したい所です。
 

今回は一人暮らしさんにとって掃除機は必要なのか、どういうものを選ぶと良いのかという所に着目してみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしさんが掃除機を要らないと感じる理由

いらない派の方にはもはや無駄な出費でしかない掃除機。実際に一人暮らしをしている人が「掃除機はいらない」と感じる理由はどのようなものなのでしょうか。
 

掃除機をあてるほど部屋が広くない

小さいワンルームの場合ワイパーやコロコロ、ハンディタイプのモップなどで十分であり、逆に掃除機を置くことで使う頻度は少なく場所を取るため邪魔になってしまいます。
 

置く場所が無い(収納が少ない)

ワンルームや1Kの場合は基本的に収納が少ない物。クローゼットは洋服などですぐいっぱいになってしまいます。
 

音がうるさい

壁が薄い、他の部屋からの騒音が耳につくという理由から、購入していた掃除機をほとんど使う事がなかったという例も。時間帯によっては近隣トラブルの原因にもなってしまいます。
 

全面フローリングだからワイパーや雑巾でいける

大きなごみはほうきとちり取り、細かいゴミはコロコロで十分、本気で汚くなったら雑巾がけ、それで十分きれいに過ごす事ができたという意見も。
 

いずれも納得できる理由ばっかりです。自分の労力を惜しまなければ確かに掃除機が無くても掃除はできてしまいますね。
 

一人暮らしさんの掃除の頻度

では、世の中の一人暮らしさんはどのくらいの頻度で掃除をしているのでしょうか?人によっても大きく幅がありそうですが、気になる平均頻度を参考までにまとめてみました。
 

リビング(メインルーム)

基本的にはしっかり掃除するのは1週間に1度が定番の様です。ちょっとした時に目立つ場所をコロコロで掃除するというのは日常的にあるようです。
 

キッチン周り

自炊をしない人でもキッチン周りは水垢がたまったり、喫煙者は換気扇周りに煙草の灰などが落ちてほこりもたまったりして汚れていきます。水とほこりはゴキブリさんの好物。
 

毎日さっと拭いているという自炊派さんもいますが、しっかり掃除をするのはやはり週に1度の掃除が多い様子。
 

浴室

お風呂に浸かる場合は毎日、シャワーの場合は週1~2回掃除をする人が多い様子。お風呂場はじめじめしやすく気が付くとすぐにピンクぬめりが出てきます。
 

シャワーしかしない場合でも毎日しっかり換気扇をまわして換気をする、カビが生えにくいスプレーをしておく、熱いシャワーを壁にかける、排水口の髪の毛は毎日取り除くなどの工夫で掃除の頻度も週1回で済みそうです。
 

トイレ

毎日ささっと拭く事でトイレはずっときれいに使える物なのですがそんなまめにはなれません。基本的には週1という方が多いのですが、中には1~2週間に1回という方も。
 

男性の場合は立ち小便をせずトイレを汚さない努力をしている方も。それでも月に2回ほどはふき取りシートなどで便座などを拭いて清潔に保ちたいものです。
 

掃除機掛け

一人暮らしさんの場合「掃除機がけは週に1度休みの日にまとめていっきにかける」という方が多い様子。
 

日常的にはコロコロやワイパーを使うけど、取り切れなかった細かいゴミやホコリを週に1度掃除機ですっきり掃除するという感じでしょうか。
 

廊下、玄関、トイレ、洗面、メインルーム、キッチンなどなどきれいに使っていてもどこからともなく埃はたまっていきます。
 

ワンルームやそれほど広い部屋では無い一人暮らしさんの場合、5~10分もかからないくらいで終わりそうですね。一人暮らしさんの場合、基本的にどの場所も掃除の頻度は「週に1回」というのが平均的でした。
 

中には、「平日の掃除は無理!」「何かを盛大にこぼしたとき・汚したとき」などのきっかけがあったら掃除をするという人も。また、多かったのが「人が来る時しか掃除しない」という意見。
 

確かに自分しかいない部屋の場合あまり気にならない人はとことん気にならないですもんね。来客時の効果は絶大です。筆者も人が来る時しかまともに掃除していませんでした。
 

一人暮らしの中で掃除機が活躍する時

無くてもいける、でも、あると助かる瞬間というのは必ずあります。では掃除機があって助かった・良かったと感じるのはどのような時なんでしょうか。
 

粉末の物をこぼした

一番掃除機の吸引力が恋しくなる時です。フローリングであっても溝があったり、ましてやカーペットやラグ、クッションやソファーの上にこぼしてしまったときは掃除機があってよかったなぁと感じるはずです。
 

狭い収納に布団をしまう為の圧縮袋の活用

最近は掃除機が無くても圧縮できる袋が販売されている様ですが、一般的に販売されているのはまだまだ掃除機で中の空気を吸うタイプ。収納が少ない場合は冬布団などをしまう際に必須アイテムですよね。
 

細かいゴミやホコリが気になる

フローリングに埃はどんどんたまり、とても目立ってきます。ワイパーなどを使いある程度の掃除ができても細かい砂埃や髪の毛などが残ってしまい、案外コロコロでも取りきる事が大変な時、また、部屋の角やスミ、窓のサッシなど、コロコロやワイパーなどが届かない所の掃除ができあると便利なはず。
 

虫が入ってきた時

多くの女性、最近では男性でも部屋の中に虫が入ってきたとき恐怖に見舞われる事はありますよね。殺虫剤で殺したけど、一人暮らしの場合この後の処理をしてくれる心強い母親はいません。
 

そんな時掃除機があるととても便利。ひと吸いで無かったことに…
 

床がカーペットタイプ

最近ではあまり見かける事もなくなりましたが、フロア自体がカーペットになっている部屋であったり、好みでラグやカーペット、絨毯を敷いていたりする場合はやはり掃除機は役立ちます。
 

コロコロでは奥に入り込んだゴミを取り切るのは至難の業。小さい物でも簡易の物でもいいから掃除機が1台あるとかなり役立つはずです。
 

以上のいずれも一人暮らしをする日常の中で当たり前のようによくある事ばかりです。やはり、たとえ出番が少なくとも掃除機はあると何かと活躍してくれます。
 

ですが、掃除機にも様々なタイプがあり、小さい部屋に大きい一般家庭用の掃除機を置いておくのも邪魔になりますよね。掃除機も自身のライフスタイルに合わせて選ぶ事でその必要性がぐんとアップします。
 

次の項目では掃除機のタイプを確認してみましょう。
 

掃除機の2つの集じん方法と5つのタイプ

掃除機のごみの吸引方法には以下の二通りがあります。
 

★掃除機の集じん方法
 

サイクロン方式

「ダイソン」などで有名なサイクロン方式。空気とゴミを遠心力で分離し、ゴミはダストカップにたまるため紙パックなどの消耗品が不要で費用がかからず、吸引力が持続してくれます。
 

デメリットとしては吸引力低下を防ぐ為にこまめなゴミ捨てが必要な所と紙パック方式に比べ高額である所があげられます。
 

紙パック方式

従来の掃除機の形で中に紙パックを設置します。満タンになったら紙パックごとぽいっと捨てられるので見たくないゴミを見る必要もありません。また、中が密閉されているので吸引力が強い所も魅力です。
 

デメリットとしては紙パック代がかかる点、ゴミがたまると吸引力が落ち排気のにおいがでてしまう所があげられます。
 

集じん方法に続いて、次は掃除機の様々なタイプを確認してみましょう。
 

★掃除機のタイプ
 

スティックタイプ

縦置きができる掃除機で、コードレスモデルが多く販売されています。そんなに広くない部屋などにはもってこい。場所を取らずスマートです。
 

また、コードレスというのが気軽に使いやすく嬉しい所ですね。
 

ハンディタイプ

スティックタイプよりもさらにコンパクトな掃除機。必要な時に気軽に使えてとても便利です。
 

一般の家庭ではメインのキャニスタータイプの他にサブとしてこのハンディタイプを購入しているユーザーも多い様子。
 

ケーブルがないタイプが多く販売されており、その本体にはバッテリーが搭載されている物が多いです。収納が少なくてもこのサイズなら問題ありません。
 

キャニスタータイプ

従来の「掃除機」の形で、本体に車輪がついているタイプ。掃除しながら本体を引っ張って掃除します。吸引力は抜群でたくさんのゴミを集める事ができます。
 

掃除機らしいといえばこれなので、収納があり、そこそこ面積のある部屋の場合はやはりこれが使いやすいでしょう。
 

ロボットタイプ

最近流行りの「ルンバ」もこのタイプ。自走式のロボット型と言われます。仕事や学校に行っている間に自動で掃除をしてくれるので手間がかからずとても便利。
 

ロボットタイプの難点としては、物が多い部屋には向いていないという所。ロボットタイプは最近のトレンドとなっており、最近では価格も手ごろに、更には水拭きができるものなども販売されているようです。
 

布団クリーナータイプ

ここ近年人気のある「レイコップ」などがこのタイプ。ダニの死骸や糞、花粉などのアレル物質を吸い取ってくれる専用クリーナーです。
 

また、UVライトで除菌をする機能などが搭載されているものもあり、更に様々な機能が期待できる布団クリーナーです。
 

掃除機を買う時にチェックしておきたい性能

自分に合う掃除機のタイプがわかってきた所で、次は一人暮らし用に選ぶなら是非チェックしておきたい性能を確認してみましょう。
 

ヘッドの違い

掃除機のゴミ収集能力は、吸い込み性能だけでなく、ヘッドの性能も大事になってきます。ヘッドには以下の3種類があります。
 

☆モーター式
 

ヘッド内のブラシをモーターで回転させ、ゴミを掻き出すタイプ。絨毯・カーペットなどが得意です。
 

☆モーター式(自走式)
 

モーターの力で自然にヘッドが進むようになったモーター式です。高級モデルに搭載されている事が多く、女性でも力を使わずに楽に掃除ができます。
 

☆エアタービン式
 

空気を吸い込む際の力を利用してブラシを回転させるタイプ。モーター式に比べると威力が劣りますが、価格を抑えられる点、ヘッドが軽く扱いやすい点で人気があります。
 

コードの有無

いちいちコードをさすという行為が掃除機を使う面倒くささの一つではないでしょうか。
 

最近ではコードレスだったり、バッテリー搭載式であったりと何かと便利な掃除機が増えていますので、手軽に使える掃除機を選ぶのもひとつですね。
 

吸引仕事率

やはり気になるのは吸引力。吸引仕事率とは空気を吸い込む能力を数値化したもので、W(ワット)の単位で表されます。サイクロンの場合は200W以上、紙パックの場合は500Wを目安にすると十分です。
 

しかしこの数値が高い=ごみをキレイに吸い取るという訳ではなく、あくまでも目安として考えて大丈夫です。
 

HEPAフィルター

HEPAフィルターや、ULPAフィルターという言葉をきいた事はありますか?
 

この2つのフィルターは病院の手術室などでも使われる超高性能フィルターの事で、0.3μmという細かいハウスダストを99.97%除去するという実績を持っています。
 

このフィルターを搭載している掃除機は排気性能が高く、排気のクリーン度も抜群です。
 

運転音

朝晩はもちろん、休日であっても掃除機をかけるのは近隣へ気を使ってしまう物です。そこで求められるのは「音の静かな掃除機」です。一人暮らしの場合はここに着目するのもおすすめ。
 

動作音の大きさはデシベル(dB)という単位で表されます。サイクロンの場合は52~56dB、紙パックの場合は55~59dBが比較的静かなタイプに入ります。
 

いずれにしても、最低動作音が60dB未満の製品を選びましょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。一人暮らしスタート時のラインナップに入っている事の多い掃除機ですが、最近は他の便利な物を上手に使える人が増え掃除機の必要性を感じなくなっている人も実際にたくさんいます。
 

ですが、やはりあると便利な時はたくさんあります。最初から大型の物を買ってしまっていたりなど自分の日常に合わないタイプを購入してしまったりすると、結局は邪魔なだけになってしまったりもしますよね。
 

実際に生活し始めて、自身のライフスタイルがわかってから購入を検討するのもひとつです。また、とても便利なワイパーも詰め替え用はいずれも4~5百円の費用がかかります。
 

ライフスタイルに合った安価な掃除機をひとつ買う事と、長い期間こまめに詰め替え用を買い続ける出費の事を考えると小さい物でもひとつ掃除機があると節約にもなりそうです。
 

Sponsored Links