ひとり暮らしの洗濯機

 

 
ひとり暮らしには欠かせない家電、洗濯機。お店に行くとずらっと何十種類も洗濯機が並んでいます。
 
「一人暮らしさんオススメ!」と書いてある洗濯機は少し小さい気がするし、値段は安いけど価格で選んでいいの?機能性は?容量は何㎏を選べばいいの?そんな悩みは付き物ですね。
 
今回は一人暮らしさんにベストな洗濯機を選ぶ為の情報をまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしさんの洗濯機選び|「一人だし小さいサイズでも大丈夫」は危険!?

一人暮らしの場合、洗濯物の量もそんなに多くはありません。正直一人暮らしで毎日洗濯機を回すのはもったいない気もします。一人暮らしさんの場合「週に2~3回」という洗濯回数の方が多い様子。
 
一般的に一人分の1日の洗濯物の量は1kg~1.5kgと言われています。ですから、3日に1回の場合は、3kg~4.5kgの洗濯物の量となります。
 
一般的に一人暮らしさん向けの洗濯機は4kgサイズが主流と言われますが、洗濯頻度や1度の洗濯の量の事を考えると4kgでは小さすぎる事がわかります。
 
小さすぎる洗濯機でぎゅうぎゅうに洗濯をしても汚れは残り、においの原因にもなってしまいます。
 
一人暮らしだから、安くて小さい物で十分だろうと、値段で決めてしまってはいけません。
 
自身のライフスタイルに合わせてサイズを選ばないとせっかく高いお金を出して購入した洗濯機が十分に役立ってくれません。
 
「少しズボラをしても問題なく使える容量を」と考えれば、6kg以上を選ぶ事をおすすめします。
 
毛布やシーツなど少し大きめの洗濯物なども洗えるサイズを選べば、クリーニング代もうかす事ができて更に役立ちますね。
 

洗濯機選びの容量目安

 

  • 毎日洗濯派(大きい洗濯機が不要)
  • 3.3kg 4 kg

  • 週2~3回洗濯派(毎日洗濯しないけどある程度まとめて洗濯)
  • 5kg 6kg

  • 週1回洗濯派(洗濯の仕上がり重視、毛布やシーツの大物も洗いたい)
  • 7kg以上

 

サイズ選びで失敗しない方法

サイズ選びで失敗しない為には自身のライフスタイルに合ったものを買う事が1番です。
 
まずは自分の日々の洗濯物の量や洗濯の頻度をしっかり把握してから容量を考えましょう。
 
「週末にまとめて洗う」「週に2回ほど」「大物を洗う」など、ある程度まとめて洗う方もいれば、「大物は全てクリーニング」「毎日少量ずつ洗う」という方もいるので、それに合う容量の洗濯機を選べばまず失敗はないでしょう。
 
まずはこのくらいの容量(kg)でどのくらいの量が洗えるのかという事を知っておくことでサイズ選びの失敗は防げます。
 

一人暮らしさんの洗濯機の種類|縦型?ドラム式?

ドラム式洗濯機と、従来の縦型洗濯機の違いはご存知でしょうか?
 
ドラム式洗濯式のメリットとしては乾燥機能が優れており、縦型のように水をはらない為節水効果が高く、またシワになりにくく、衣類同士がこすりあわない洗浄方法の為、衣類が痛みにくいという特徴あります。
 
ただ、洗浄力が縦型に比べ弱く、振動や騒音がやや大きく感じるのもデメリットでもあります。
 
逆に縦型洗濯機のメリットとしては、価格がドラム式に比べ安価である事や、水をはる洗浄方法の為洗浄能力も高いです。
 
また、コンパクトサイズの洗濯機も製造されており、やはり使い慣れた形というのも選ばれる人気理由のひとつです。
 
縦型のデメリットとしては乾燥能力の低さ、たっぷりの水と洗剤を使う、衣類の絡み・へたりでしょうか。
 
一人暮らしで忙しい毎日を送られている方、また干す場所が十分に確保できない方には乾燥機能が充実しているドラム式は嬉しいポイントですね。朝出る前にスイッチを押しておけば帰ったら乾いているというのは嬉しいものです。
 
ですがコンパクトな洗濯機を選びたい・安価な物を選びたいという方も多いです。
 
いずれもメリットがありますので、どちらが良いという話ではありませんが、ライフスタイルに合わせてじっくり検討されるのが1番です。
 

洗濯機の機能あれこれ|購入時はサイズ以外も要チェック

便利な機能も知っておくと便利です。ライフスタイルに合わせて必要な機能がついているかどうかをチェックして自分にぴったりの洗濯機を選びましょう。
 

予約機能の有無

一人暮らしさんの場合あると便利なのが予約機能。「朝起きたら干すだけ」「帰ったら干すだけ」という使い方ができて便利。
 
洗った後でも洗濯機の中に洗濯物を入れっぱなしにしていると雑菌が繁殖して臭いの原因にもなりますので、時間に合わせて洗濯を始められる予約機能は便利です。
 

大物コースの有無

張り切って大きい容量の物を購入しても、これがついていない場合、大物を洗うと本体への負担が大きく故障の原因に。
 
大物コースの場合は通常の洗い方と違う為、毛布などを洗う時はやはり大物コースで洗いたい所です。
 

乾燥機能の有無

干す場所が狭い・無い、急いで乾かしたい、部屋干しになりがち、そんな方にはあると便利な乾燥機能。
 
普段十分に干す場所があり、ほとんど乾燥機能は使わないという方もおられると思いますのが、ライフスタイルに合わせて必要な方には欠かせない機能です。
 
普段衣類の乾燥は使わなかったとしても、洗濯層のカビなどが気になる場合も、乾燥機付きを選ばれるのはおすすめです。
 
乾燥させる時の熱でカビも殺菌され、湿気がなくなる事でカビも生えにくくなります。
 

静音機能の有無

忙しい一人暮らしさんの場合、どうしても深夜に洗濯機をまわさなくてはならない事もあるはずです。
 
一般的に集合住宅では21時以降に洗濯機を使う事は気にされますよね。やはり音が気になります。そんな方には静音機能が高い物、ナイトモードなどがついている物を選ぶと便利です。
 

一人暮らしさん向け洗濯機の節約術

乾燥機能は極力使用しない

 
縦型洗濯機の場合は1度の洗濯で50円近くにもなります。その点ドラム式の場合は20円程。
 
いずれにしても通常の洗濯のみの場合1~2円で済みますので、やむを得ない時以外は普通に干して乾かすのが節約の第一歩。
 

毎日洗濯機を使わない

やはり1番の節約はこれ。洗濯物はまとめて洗う方が電気代も水道代も節約できます。
 
また、においや汚れが気になる洗濯物は事前に少量の洗剤を溶いたぬるま湯につけて置くことで効率の良い洗濯ができます。
 
また詰め込みすぎにも注意が必要で、洗濯物の量は80%が鉄則です。
 

ドラム式洗濯機を選ぶ

ドラム式洗濯機の節水性は抜群です。ドラム式の乾燥機能は、機能も優れているうえ、縦型洗濯機の乾燥機能にかかる電気代よりも安くつきます。
 
購入時の費用は縦型よりも高価ですが、日々の節約の事を考えればドラム式洗濯機はおすすめです。
 

洗濯コースを使い分ける

全て「標準コース」で洗いがちな洗濯物ですが、あまり汚れの無い洗濯物の場合は「倍速」「お急ぎ」「スピードモード」などをうまく使うと節約になります。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。洗濯機を買う前に知っているのと知らないのでは大きく違いがでる洗濯機事情のあれこれです。
 
容量に関しても、一人暮らしだから小さくて良いというのは間違いで、自身の洗濯のペースに合わせて、できれば大きめの物を買っておく事が大事。
 
また、必要な機能の有無もしっかりチェックして購入しないとせっかく買った洗濯機が不便なものになってしまいます。
 
一人暮らしに欠かせない家電だからこそ、自分のライフスタイルに合わせて一番使いやすい物を選ぶ事がなにより大事ですね。

 

Sponsored Links