一人暮らし 自炊 食費

 

 

一人暮らしをしていると何かと毎月高くついてしまう食費。外食が続くと簡単に5万円くらいが飛んでいきます。
 

なので、頑張って自炊で節約しようと少しずつ自炊を頑張る人は増えています。けれど、節約と思って始めた自炊なのに「あれ?思ったより食費かかるなぁ」という経験はありませんか?
 

そうなんです。自炊ってやり方を間違えると案外費用がかかるもの。今回はそんな一人暮らしさんに向けて「上手な自炊のコツ」をまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしさんの食費にかける割合

一人暮らしをする中で、毎月の生活費を大きく左右するのが食費。我慢すればお金は浮くけど食べたい物が食べられない、いつも空腹、なんていうのはかなり侘びしい物があります。
 

日々工夫と葛藤をし、生活費と戦いながら節約をする中で「自炊」という手段を選ぶ人も少なくないはず。
 

実際に、食費にかける費用で、「節約できている」と実感できる目標金額はどのくらいなのでしょうか。
 

一人暮らしさんの場合、自身の収入から見る理想的な生活費支出の割合の中で食費は15%~20%をしめる程度と言われています。
 

ですから、15万円~20万円の手取りの方の場合、2万円弱~4万円くらいまでが平均的な食費と言えます。その平均値より安ければかなり節約ができていると言えるでしょう。
 

また、2万5千円程でも、一人暮らしの場合「頑張って節約しているね」と周りに言ってもらえる金額です。
 

3万円以下というのはコンビニ買いや外食をメインにしている人の場合かなり難しくなってくる金額ですもんね。
 

節約の為の自炊なのに食費がかかるという事

外食やコンビニ飯を続けていると栄養も偏り、味にも飽きてしまい、お金もどんどん消えていきます。
 

できる所からと考え自炊を始めてみたものも、結局食費がかさんでいる、逆に増えてしまったという方はいらっしゃいませんか?
 

「一人暮らしで自炊をすると逆に高くなる」という言葉をちらほら見かけますが、あながち間違いでもありません。ですが、それは自炊で節約をするコツを知らなければの話。
 

自炊はやり方次第で確実に外食より生活費を浮かす事ができます。「自炊始めたら食費が倍かかった」なんて声は結構あちらこちらから聞こえてくるものです。
 

ただ自炊するだけでは食費は安くなりません。では、費用がかさんでしまう人というのはどのような自炊を行っているのでしょうか。
 

食費がかさむ自炊の原因

毎食一人分・一食分だけ作る

毎食「1人前だけ」とか「食べきり分だけ」を作る自炊は、手間もかかり、また食材もどんどん無くなってしまいます。
 

本格的に自炊を頑張りすぎる

毎日本格的に手の込んだ料理に挑戦するパワーはとてもすごい事ですが、毎回そう頑張りすぎると外食ばりに材料費がかさんでしまいます。
 

また、続きません。節約を考えるなら週に1度はガッツリ料理をして、別の日はちょっと軽めのお手軽料理にする、保存している物を食べるなどのやり繰りも大事。
 

食材を買い込みすぎる

「使うかも」「使うだろう」であれもこれもと必要以上に買い込んでしまう事が多くなりがちですが、近日中~今週中のメニューを考えて計画的に買い物ができていないと結局買いすぎて使い切る事無く捨てることになってしまったりいつまでも冷凍庫で眠っていたりする食材が増えてしまいます。
 

うまく「保存」を使えていない

自炊初心者さんにありがちな「たくさん作りすぎて傷ませてしまった」という事。傷ませてしまうと廃棄せざるを得なく、非常に無駄ができてしまいます。
 

食材も料理もうまく冷凍保存する事で無駄が出にくくなります。
 

高い食材を選び過ぎる

同じ肉でも、500円の物と、半額の250円の物があります。買う場所、時間帯、タイミングを見計らって賢く買い物をしないと自炊も結構お金がかかります。
 

節約を意識する場合はできるだけ安価で購入できるよう工夫する、我慢するというのも大事。たまには良い物を食べるのもいいですけどね。
 

「食費が高くなってしまった」という方の中には上記の項目に心当たりがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。
 

初めての自炊の場合、コツなんて知らなくて当たり前なのです。「節約したい」と情報を得る事によって日常に取り入れられる事が身に付き、それを実践する事で初めて「上手な自炊」ができるようになります。
 

では、具体的に「上手な自炊」で節約を目指す為の方法を次の項目で見ていきましょう。
 

一人暮らしさんの上手な自炊①|買い物編

安いお惣菜は買う

何もかも自分で作る!と頑張りすぎるのはNG。労力も費用もかかってしまいます。自分で作ると大変な「揚げ物」や「煮物」などの惣菜が半額になったりしていたら買いましょう。
 

また、サラダや野菜ミックスなども見切り品がとても安く販売されていたりします。一個ずつ野菜を購入するよりはるかに安いので、うまく出来合い物も利用すると費用を浮かせられます。
 

保存・保管(ストック)できるものを買う

その日で食べきらなくてはならない物やすぐに傷んでしまう物などをたくさん買ってしまうと保存もできず、またすぐに買い物に出なくてはなりません。
 

野菜や肉、魚の切り身などは冷凍保存をする前提で購入するのをおすすめします。またジャガイモ・にんじん・玉ねぎなどの常備野菜も切らさずストックして置くと便利です。
 

乾物の麺類(パスタ・うどん・そば・そうめん)なども常にストックして置けば食材もお金も無い時にとても役立ちますよ。
 

その他にも、乾物にはひじきや切り干し大根、干ししいたけ、高野豆腐など長期間ストックして置けるものがたくさんあります。水で戻すだけで普通に使えますのでとても便利です。
 

旬の物や価格の安い物を選ぶ

「この料理にはこの食材」と考えてしまいがちですが、料理というのは案外違う食材などでも代用できるものです。挽肉でも牛ミンチと鶏ミンチでは値段は倍程違います。
 

鶏肉もモモ肉とムネ肉ではムネ肉の方が安いです。特に旬で値段が変わるのは野菜・魚あたりでしょうか。
 

旬の物はおいしい上に価格も安くなる傾向にありますから、その時期の安く売られている旬の物を買うように心がければ費用を抑える事が出来ます。
 

安いスーパーやその店の安い日を把握する

スーパーはそれぞれスーパーごとに特性がある物です。「何曜日が安い日」であったり「この商品はこの地域で最安値」であったり「何時から見切りシールが貼られる」などなど。
 

今までコンビニ行って買い物していた時間で近隣のスーパーを回るようにすれば1ヶ月もすればそれぞれのスーパーの特徴もわかるようになります。
 

ディスカウントショップや業務用スーパーがあるなら見逃さないように要チェックです。
 

仕事・学校帰りに閉店前のスーパーを狙う

なんといってもやはり閉店前のスーパーは惣菜も肉も魚も安いです。特売品などは売り切れてしまっていますが、見切り品の多さは断トツ。
 

帰り道にスーパーがあるなら、是非閉店前のスーパーで買い物をされると色々安く購入できるはずです。
 

買い物に行く頻度を決めて減らす

ついつい買いに出ると必要以上にお金を使ってしまうもので、例えば牛乳だけのつもりがついついカゴがいっぱいに、という事はよくある事ですよね。
 

そもそも買い物に行くから使ってしまう訳ですので、頻度を減らしてしまえばお金も使いません。その為に最低限次の買い物までに必要な物をまとめて購入しておきましょう。
 

そしてその時購入したものでうまくやりくりすれば節約上手な人の仲間入りです。
 

一人暮らしさんの上手な自炊②|調理編

プチ自炊がおすすめ

100%の自炊をしようと思うと一人暮らしの場合逆に高くついてしまいます。
 

ですから、安いお惣菜なども買いながら、あとは冷蔵庫で保存のきく副菜を作る、ご飯を炊く、お味噌汁を作る、浅漬けを作るなどの簡単で費用のあまりかからない自炊からスタートしてみるのがいいでしょう。
 

少しずつ始めれば何を作るのにどのくらいの費用がかかり、またそれがどれくらい持つのかなどがわかってきて他の料理にも手を出しやすくなります。
 

時間と費用と労力がかかる料理は節約目的の一人暮らしさんにはちょっと難しいかもしれません。
 

作る物は保存が効くもの

基本的には1度買い物をした費用分で長く食生活が持てば持つほど節約になります。料理に関しても同じ事で、1度作った物を数日間にわたって冷蔵庫で保存しておける常備菜が作れると更に節約になります。
 

ラーメンやうどん、パスタなどはその1食分が1食ずつ食べ切りになるので簡単ではありますが、毎回作る手間もお金もかかります。
 

どうせ自炊をするなら作った物が1週間近く冷蔵庫で保管できて、少量ずつ毎食おかずに使えるような物を作れるのが理想。例えばきんぴらごぼうであったり、ひじきの煮物であったり。
 

食事のメインではないけれどあれば嬉しい副菜や、作り置き常備菜などを主に自炊するとかなり節約になりますよ。毎食ご飯を作る手間も減りますし、買い物に行く回数も減ります。
 

まとめて作って冷凍保存

味は落ちるかもしれませんが、だいたいの物が冷凍保存できます。
 

「冷蔵室に入れておいたばかりに腐ってしまった」、「腐っているかもしれないから捨てた」なんて事を防ぐ為に、作った料理は「今食べる分以外」を冷ましてから冷凍しておけば、食べたくなったらその都度必要な分ずつレンジで温めればいつでもおかずとして食べる事ができます。
 

ご飯に関しても1~2合ずつ毎日炊いているより、3~4合一気に炊いて1食ごとにラップでくるんで冷凍しておくと電気代の節約にもなります。案外炊飯器の「保温機能」は電気代がかかっています。
 

材料を余らせ別の料理にどう使っていくかを考える

1回の料理で食材を全て使い切ろうとすると一人暮らしの場合量が多くなりがちですよね。
 

「残してもなんだし」と1回の料理で使い切ってしまうよりは、半分残してその半分を別の料理に有効活用する方が利口です。
 

野菜であれば1~2日くらいだったら冷蔵庫で持つので次の日のお味噌汁に使うとか、朝食のサラダに使うなど、数日にわたって複数の料理で使いこなせれば節約上手の主婦に仲間入りできるレベルです。
 

白ご飯とお茶は絶対作る

最低限の自炊はこれ。料理ができない、面倒くさいという方でもご飯を炊く、お茶をわかすだけで月1万円近くは節約できます。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。慣れない人が無理して全部自炊しようとすると費用が高くついてしまいますがやり方ひとつで変わってきます。
 

ひとくくりに「自炊」といっても努力と工夫をするとしないでは大違いです。そして、節約をする為にはしっかりと節約方法など情報を知る事がなにより大事です。
 

知識があれば、知らない時では思いつかなかったような事も日常に取り入れる事が可能になります。
 

そうした努力から「食費が安くなった」という事が実感できるようになります。頑張ってくださいね!
 

Sponsored Links