一人暮らし 貧困女子

 

 

経済大国日本、現代では「貧乏」と聞いてもそれほど深刻な物をイメージする人は少ないのではないでしょうか。ですが、抜け出せない深刻な「貧困」の闇の中から抜け出せないでいる人は今の日本にもたくさんいます。
 

特に女性の貧困問題は今や社会問題にまでなっています。今回は、「一人暮らしをする女性の貧困」についてあれこれまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしの女性の貧困問題が深刻

都会を中心に増えている女性の貧困問題。NHKの「クローズアップ現代」でも社会問題としてとりあげられました。一部ではアベノミクスの失敗から女性の貧困が急増しているとも言われています。
 

女性の非正規労働者の平均年収は200万円程度といわれ、男性正社員の約半分程になります。
 

また、単身女性の1/3が年収114万円未満といわれ、その中の20~30代の独身女性が「貧困女子」と呼ばれる対象となっています。
 

一人暮らしの女性の「貧困の定義」

「月の手取りが10万円を切ると貧困」
「家賃を引いて8万5千円以下が貧困 」
 

など、「貧困女子」には上記のような定義が挙げられています。働いていても家賃を引けば残りが8万5千円以下になるという一人暮らしの女性は世の中多い物。
 

特に正規雇用でない場合は良くある事で、実質、貧困者はかなり多いのではないでしょうか。
 

現在、女性の非正規雇用率は54%程とも言われ、働く女性の2人に1人が正規雇用ではないという状態にあり女性にとってはとても不安定な状況となっています。
 

貧困女子になりやすい人の特徴

  • 友達と遊んで居るより一人の時間の方が好き
  • 家族の仲は良いとは言えない
  • 子供の頃いじめられたことがある
  • 人の意見に流されやすい
  • 特別な出費がある(奨学金の返済など)
  • 実現したい夢がある
  • 夕食は外食がおおい
  • 物をなくす事がおおい
  • 立ち直るのに時間がかかるほう
  • 調べ事が苦手

貧困女子.net「貧困女子の実態」より

上の10項目の中で5個以上当てはまる場合は貧困女子になりやすい傾向にあると言えるそうです。どの女性も「絶対に貧困女子にならない」とは限りません。
 

特別な事では無くて誰にでも起こり得る事である事を情報として知って置くことはとても大切な事です。もはや、時代がそうさせてしまっているのかもしれませんね。
 

「最貧困女子」という現代の闇

ただでさえ「貧困女子」と定義された人の生活は厳しく、経済的な余裕はありませんが、更に厳しい生活を強いられている「最貧困女子」と呼ばれる女性たちもいます。
 

厳しい生活をしながら、更に家族や地域、社会保障制度などにも恵まれず売春や性風俗で日銭を稼がないと生きていけない所まで深みにはまる女性たちが現実に実在しています。
 

低所得に加え、助けてくれる環境が周りに無く、生活保護などの社会保障制度そのものを知らない状況で、「最貧困女子」たちは定職につくこともままならず、体を売る仕事しかなく、条件を落とし、安く、過酷で危険な売春をして日銭を稼いでいるという現状があります。
 

貧困女子なるきっかけの中には、「一人暮らし」も含まれます。仕事の変化(転職・退職)や、体調の変化など、いつ起きるかわからない、自分にも起こりうる人生の転機が貧困へのきっかけになります。
 

女性が安心して一人暮らしをする為には「まわりに頼れる人・助けを求める事ができる人がいる事」「情報をしっかり収集する事」「貯蓄を蓄えておく事」が大切です。
 

「貧乏」が女性の恋愛にも影響

女性の貧困は、生活だけでなく心の余裕も奪っていきます。20~30代と言えば、恋愛を楽しめる時期でもあり結婚適齢期でもあります。ですが、貧困がそれを遠ざけている現状があります。
 

貧困が恋愛を遠ざける原因

  • 貧乏な自分を知られたくない

本当の自分を知られたくないと思う事から、自ら恋愛を遠ざけてしまう女性も少なくない様子。
 

あるいは、男性に対して自分を良く見せる為、洋服やバッグ、コスメなどの購入など美容に関する浪費が生活に見合わない金額になり貧困が進む女性も。
 

  • 結婚して今の生活から抜け出したい

相手に求める経済力の高さを重視しすぎる事から恋愛が遠のいている女性もいます。「いつか結婚したらこの貧困から抜け出せるだろう」と考えている傾向がある女性がいますがそれは悪循環。
 

必ずしも良い相手に出会える可能性も無く、出会いを求めるばかりにお金が無くてもパーティーやイベント、合コンに参加するなどして費用ばかりが掛かってしまい結局貧困状態から抜け出せないというケースも。
 

  • 気持ちや時間に余裕が無い

ただえさえ、働いても働いてもお金が足りない貧困女子。長時間労働で必死に働き、日常生活をやっていくだけでもいっぱいいっぱい。
 

そんな時に恋愛や結婚を考える余裕も、またデートを楽しむ時間も取れないという事から恋愛から遠のいてしまっている女性も多い様子。
 

また、自ら恋愛を遠ざけてしまっている女性達の中には、基本的な事ができておらず「近寄りがたいな」と男性を遠ざけてしまっている女性もいます。
 

男性から見た恋愛を遠ざける「貧困女子」の特徴

  • 服や下着がいつも同じ

あまりに身だしなみに気をかけていない事がわかると「お金がないのかな」と思ってしまい恋愛対象から外れてしまう様子。
 

  • 食事に対してルーズ

当たり前のように奢らせたり、お金が無いと言いながらいつもコンビニ飯を食べていたり外食をしていたり…。あまりにルーズな食生活をしていると周りの印象を下げてしまう原因に。
 

  • お金の話が露骨

「結婚するにはお金が必要」「お金が無いと良い生活ができない」など露骨にお金の話をするのはNG。お金の無い人ほどお金の話をするもので、相手に下品と感じられてしまう可能性も。
 

今は生活費やお金の事で頭がいっぱいで恋愛や結婚の事を考える余裕の無い一人暮らし女性さんも、やはり「頼れる誰か」の存在があるのはとても心強い物です。
 

まずは基本的な、清潔で健康的な衣食住をしっかり充実させる事が恋愛を引き寄せる為にはなにより大事なのではないでしょうか。
 

自分にあった「家賃」を選んで脱貧乏!

一人暮らしの1ヶ月の出費の中で1番大きな割合を占めているのが「家賃」です。家賃が自分の収入に見合った金額でない場合、「家賃貧乏」になってしまう危険性も。
 

「せっかくの一人暮らしだしお洒落な部屋に住みたい」「駅や職場に近い所に住みたい」「セキュリティ万全の建物がいい」など、女性の場合は特に条件の良い部屋に住みたいと思ってしまう物ですが、条件が良いほど家賃も高くなり、自分の収入に見合わない家賃であれば、一人暮らしが始まってからの生活をかなり圧迫してしまいます。
 

家賃とは節約ができない出費であり、毎月コンスタントに引き落とされていきます。ですから、無理の無い家賃の物件を選ぶ事で生活にゆとりを持つことができます。
 

では、自分の収入に見合ったバランスの良い家賃というのはどのように考えればよいのでしょうか?
 

「収入」と「家賃」のバランスは大事

一般的には家賃は収入の1/3が理想と言われていますが、一概にそうとも言えません。
 

例えば、21万円の手取りの人の場合、1/3は7万円になります。21万円から7万円をひいても14万円が残る為、生活費は十分に確保できます。
 

ですが、12万円の手取りの人の場合、4万円の家賃の部屋に住んだ場合残るのは8万円です。8万円の生活費となると「貧困」と定義される状態となり、かなり厳しい生活を強いられる事になります。
 

また、「家賃の予算は4万円」と考え4万円の物件を契約したとしても、管理費や共益費、町内会費、駐車場代などが別で必要になる物件もありますから、そういった場合5万円近くが毎月引き落とされてしまう結果になります。
 

できるだけ金銭面の余裕を作っておきたい場合は家賃にかける費用をできるだけおさえる工夫をする事でその分の費用を浮かせる事ができます。部屋にかける予算は「トータルで○万円まで」と計画をたてて物件選びをする事がとても大事です。
 

手取りの収入の金額に合わせて予算は1/3から1/4に調整するなどして、住み始めてからの生活費をひっ迫しないよう工夫する事で「家賃貧乏」にならないようにしましょう。
 

一人暮らしは食費を抑えて脱貧乏!|美味しい貧乏飯レシピ

限られた少ない生活費で生活していく上で「節約」をする事は必要不可欠。
 

電気ガス水道などの光熱費の節約はもちろんですが、毎月の出費の中で1番出費額の大小を調整する事ができる「食費」は努力次第でかなりの節約が見込めます。
 

ここでは一人暮らしさんにオススメの「安い・美味しい・手軽」な「貧乏飯レシピ」をピックアップしてみました。
 

「貧乏飯レシピ」を実践して日々の食生活を見直せば、今まで外でてきとうに済ませていた方は特に、食費の節約を実感しその効果に驚く事でしょう。
 

貧乏飯とは

どんなにお金が無くても、食事をしない訳には行きません。食事をおろそかにすると体にもたくさんの悪影響が出てしまい、仕事や勉強もはかどりません。何事も体が資本です。
 

貧乏飯」とはちょっと聞こえが悪いですが、有名サイト「2ちゃんねる」で話題となった「極限の中で用意する食事」の事を言います。
 

金欠でも安くて満足感があるご飯というのが前提になります。
 

「貧乏飯」おすすめレシピサイト

最強の貧乏飯【一人暮らし】
 
初めての一人暮らしの参考に!!【最強貧乏】安くて美味しい貧乏飯特集
 
1STEPで作れる貧乏飯22選!【完全保存版】
 
【貧乏な君へ】一人暮らし料理の激安食材・BEST10【しかも高栄養価】
 
やっぱ楽だよね〜【卵かけご飯】32選 最強貧乏飯
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「一人暮らしの女性の貧困」から、「貧困女子」や「家賃貧乏」などのさまざまな「貧困問題」をまとめてみました。いずれも「貧困」は他人事では無い身近で起きている社会問題です。いつ誰にでも起こり得る問題です。
 

「引越し」「転職」「一人暮らし」「体調不良」など、何か一つきっかけがあれば今まで普通に生きていた人でも「貧困」の闇に陥る可能性は無いとは言えません。自身の生活水準に無理は無いか、無駄は無いかという事をしっかり把握しておく事も大切です。
 

また、本当に困った時は、「まわりに頼る・助けを求める事」「情報をしっかり収集する事」「貯蓄を蓄えておく事」を意識して自分自身を守りましょう。どうしようもない状況に陥る前に抜け出さないと、大変な事になってしまいますよ。
 

Sponsored Links