ひとり暮らしオール電化の電気代

 

一人暮らしとオール電化

最近増えてきているのがオール電化。
 
オール電化住宅、オール電化マンションとは、家で使用するエネルギー(キッチン・お風呂など)を全て電気でまかなうことを言います。
 
最近では賃貸などでも太陽光発電やオール電化を使った物件が増えてきています。
 
一般的なオール電化プランでは夜間は割安の電気代になっており、昼の電気代と夜間の電気代が倍以上単価が違います。
 
なので、ご自身のライフスタイルに合わせプランを選ぶ必要があります。
 
一人暮らしさんの場合、昼間は学校や仕事で家を空ける生活なら、断然、オール電化物件を選ぶとガス併用物件よりメリットがありそうです。
 

Sponsored Links

オール電化のメリット・デメリット

キッチンも給湯も、全てが電気代になるので、火を使わない分、CO2の発生量も抑えられ、いつも空気がきれいに保てます。
 
クッキングヒーターも平面ですので掃除しやすい所がいいですね。
 
また、いつおこるかわからない災害に対しても、復旧が早い、火災に対する安全性が高いなどのメリットがあります。
 
オール電化には安い深夜電力が加わりますので、日中お仕事で家を空けている方にはもってこい。
 
逆に、昼間の電力は割高です。デメリットとしてはやはり停電時
 
太陽光発電などを利用している場合は昼間は停電時でも発電できるので電気が使える様です。
 
その他、IHに対応していないキッチン用品がありますので、お買い物の際にはIH用の物を選ぶ必要があります。
 
また、お料理好きな方や、今までガスに慣れていた方は、ガスの火の入り方とIHの火の入り方が違うため、料理の際物足りなさを感じる場合もあります。
 
筆者の場合、フライパンを浮かすとセンサーが働き過熱がいちいち止まってしまうのが少し煩わしく感じていました。
 
料理は問題無くできるのですけどね。
 

オール電化物件とガス併用物件の特徴

オール電化物件

光熱費に関しては、全てのエネルギーが電気一括となり、また朝・昼・夜・深夜で電気代も変わりますので、うまく利用できればかなりのコストダウンが見込めます。
 
火を使わないので火災の危険性も低く、また室内で火を使わない分、空気がきれいに保てるのも嬉しい所。
 
料理の際にガス火でキッチンがサウナ状態になる事もありませんね。
 

ガス併用物件

オール電化に比べ、電気代とガス代両方の基本使用料が必要になる為少し割高に。
 
またガス漏れなどの危険性もあります。
 
オール電化の最大のデメリット、停電時にも、ガス併用物件の場合コンロを使用することができます。
 

オール電化の電気代、一人暮らしの場合?

一般的なオール電化の家庭にかかる電気代の平均は年間190,868円。
 
※電力比較サイト エネチェンジより
 
上記の金額はあくまでも「家庭」というくくりです。
 
単身者の方の例を見ていると、1ヶ月にかかる費用の平均はおおよそ6,000~7,000円くらいです。
 
主に、空調と給湯で大きく電気代の割合を占めており、更に、夏・冬エアコンをつける生活をするとプラス2,000円~3,000円電気代はあがります。
 
暖房の場合は冷房よりも電気代はお高め。
 
また、日中の電気代は割高な為、1日中オール電化のお部屋で過ごそうと思うと、かなり費用がかかってしまいます。
 
日中は気を付けて節約しなければいけませんね。
 
お住いの地域によって料金は変わってきますので、以下のようなサイトで実際のライフスタイルに合わせて電気料金プランをシミュレーションされるのもおすすめです。
 
★エネチェンジ電力比較
 

一人暮らしでもできる!電気代の節約方法

給湯器がエコキュートの物件を選ぶ

エコキュートとは自然冷媒(CO2) ヒートポンプ技術を使って空気の熱でお湯を温める電気給湯器です。
 
オール電化の家の場合「時間帯別電灯契約」になっており、これがまさに時間帯によって大きく電気代が変わる契約の事です。
 
エコキュートは深夜電力で沸かしたお湯をためておいて次の日に使用できます。
 
エコキュート自体の設定を、契約している地域の深夜時間帯にしっかり設定していないと逆に高くなってしまいますのでご注意を。
 
またエコキュートの場合電力会社によっては「オール電化割引」など嬉しいプランもあるそうです。
 

追い炊きより高温足し湯

お風呂に入っているとき、温度が下がるとぶるっと来ます。
 
そんな時に追い炊きはとても便利な機能です。でも案外費用がかかっています。
 
追い炊き機能を使うと、冷めたお風呂のお湯をタンク内に循環させ温めなおしているので、タンク内全体の熱が下がってしまいます。
 
足し湯の場合はタンクの中の温かいお湯を使用する形になるのでちょっとした節約に。
 

冷蔵庫はすっきり、冷凍庫はパンパン

毎日電源を入れっぱなしで切る事のできないのが冷蔵庫。
 
冷蔵庫にも節約方法があります。
 
まず真夏以外なら設定温度は弱に。
 
弱と強では20%程消費電力に差が出るという話もあります。
 
そして、冷蔵庫の電気代は1ヶ月の電気代の10%近くをしめていると言われます。
 
冷蔵庫の方はあまり物を詰め込みすぎると冷気の流れが悪くなる為効率的ではありません。
 
目安は全体の60~70%程に物の量をおさえ、冷気の流れを作ってあげましょう。
 
逆に冷凍庫はギッシリ詰めている方が節約になります。
 
冷蔵庫一つでもやりくりすれば大きな節約になりますよ。
 

冬の暖房は灯油ストーブで

冬のエアコン代は夏の倍と言われています。
 
風を温めるためにかなりエネルギーを使うのでしょう。
 
でもエアコンが良い時もありますが、女性なんかは特に乾燥などが気になる原因にもなりますよね。
 
それにワンルームなどでガンガンエアコンをたくと、朝になってのどがガラガラなんて事もよくある事です。
 
そこでおすすめなのが灯油ストーブ。
 
灯油代がかかりますがエアコン代よりは安くつきます。
 
やかんでものせれば加湿器代わりにもなり、部屋の湿度が上がれば体感温度も上がります。
 

電球はLED

毎日絶対使うのが電気。
 
小さな事ですが、これをLEDに変えるだけでも大きな節約になります。
 
初期費用はその他の電球より高く感じるかもしれませんが、一度つければ長くもちますし、あの面倒な電球の交換頻度も下がります。
 
それになにより省エネ。
 
余談ですが筆者のアパートは全てLEDにした事で日々の楽さと省エネを満喫しています。
 

まとめ

オール電化とガス併用物件、いずれも一長一短がありますね。
 
オール電化物件で一人暮らしをしている場合の電気代平均も、10,000万円以下で、更に使い方によってはまだまだコストダウンできそうです。
 
オール電化は使い方次第では非常にお得感あり、プロパンガス併用物件に比べるとかなり費用節約ができますね。
 
ご自身のライフスタイルに合わせて、しっかり選ぶ事で一人暮らしの費用を浮かせる事ができるのではないでしょうか。
 
今の物件にお悩みの単身者さん、すでにオール電化物件を満喫されている単身者さん。
 
オール電化の特徴をしっかり把握し損をしないように、素敵な一人暮らしをお送りください。

 

Sponsored Links