ひとり暮らしのガス代

 

初めての一人暮らしとなると家賃や、光熱費など生活に必要な出費がいくらになるのか気になりますよね。
 
一人暮らしのガス代は高いって聞くけどいくらぐらいするのかな?
 
少しでも安くおさえたい!そんな人の為に、一人暮らしのガス料金について調べてみましたので、参考にしてみてくださいね。
 
また、ガスの節約方法もお教えします。
 

Sponsored Links

一人暮らしのガス代金の平均は○○○円だった!

ガス代の平均と言っても季節によっても大きく左右されます。
 

夏のガス代は一人暮らしの平均は年間でも安いとされています。

「プロパンガス」で3000~5000円
 
「都市ガス」で2000円~3000円が平均だと言われています。
 

冬のガス代は一人暮らしの平均は年間でも一番高いとされています。

「プロパンガス」で7000円~12000円
 
「都市ガス」で3000円~5000円と約2000円も金額が上がってしまいます。
 
冬は夏に比べてお風呂に入る回数が多くなることや、食べ物なども一度温めてから食べることが多いので、夏よりも煮込み料理が増えますよね。
 
冬は夏の2~3倍ぐらいの金額になることもあります。
 

一人暮らしをする際のガス会社の選び方とは?

一人暮らしをする時に、どこのガス会社にするべきか悩みますよね。
 
プロパンガスの注意点として、年間通して一日に2回シャワーに入るなど多く使う予定がある人は、安い「都市ガス」を使うのがおすすめです。
 
「プロパンガス」ですと「都市ガス」に比べて2倍近く高額にかかる可能性があります。
 
一人暮らしの物件を借りる時に事前に確認しておきましょう。
 
注意する点として一人暮らしの場合、個人でガス会社の変更などは出来ません。
 
物件の所有者の人しか決定権がないので、大家さんに確認を取ってから変更するようにしましょうね。
 
もしそれ以上の高額金額の請求がある時は、ガス漏れをしている可能性があるので一度ガス会社さんに問題がないかどうか確認してみましょう。
 

「プロパンガス」と「都市ガス」の違いって?平均のガス代ではどちらが高いの?

まず、主なガスには2種類あります。
 
ライフスタイルによって選びますが、平均的にみてどちらのガス会社が高いのでしょうか?
 
「プロパンガス」「都市ガス」名前は聞いたことがあっても何が違うのか?わかりませんよね。
 
ガス料金を知りたいのであれば、まずは借りる物件のガス会社がどこの会社になるのか調べる必要があります。
 
ガス会社によってある程度毎月の支払料金は決まると言っても過言ではありません。
 

「プロパンガス」はガスボンベが必要です。

LPガスの入ったボンベを業者が自宅に運び、使用します。
 
料理屋さんなどでは火力が必要なため、「プロパンガス」を使用することも多く、都市ガスが通ってないエリアでも地方都市などは「プロパンガス」の使用が中心です。
 
「プロパンガス」は、料金区分が自由料金となっていて、ガス会社が自由に料金を設定できるようになっています。
 

ガスボンベがないのが「都市ガス」です。

「都市ガス」は公共料金なので料金がある程度一定に定められています。「都市ガス」より「プロパンガス」の方が少し割高ではあるようです。
 
利用者数で見ると約半数ずつとなっているので、ガス代金が高い場合は一度ガス会社を見直してみてもいいかもしれません。借りる物件などによっても異なるので注意が必要です。
 

一人暮らしのお風呂って平均いくらかかるの?ガス代節約の仕方って?

まずは、給湯器の温度はあらかじめ低く設定しておきましょう。
 
寒い冬などは熱いお風呂で入りたいところですが、温度を高く設定すると水の温度を上げるのにガス代金が多くかかってしまうので注意してください。
 
さらに追い炊きの機能も1℃温めるごとに、夏だと60円、冬だと80円もお金がかかります。
 
追い炊き機能でなくお風呂に蓋をしておくようにしましょう。
 
蓋をするだけでお湯の温度が下がるのを防ぐ効果があるのでおすすめです。
 
シャワーに入る時も17分シャワーを出しっぱなしにすると浴槽のお風呂1杯分に該当すると言われています。
 
シャワーの出しっぱなしは止めてこまめに止めるようにしましょう。
 

一人暮らしのお料理のガス代の節約の仕方って?

早く温めようとすると火を強くしてしまいがちですが、鍋からはみ出した炎は無駄になってしまうため中火で十分なのだそうです。
 
中火でじっくり温めるようにしましょう。
 
他にも温める時はなるべく余熱を使うようにすることや、鍋の水滴をちゃんと拭いてから火にかけるだけでも節約につながります。
 

まとめ

ちょっとした工夫がガス料金の節約に繋がります。
 
事前にしっかり確認して、一人暮らしを安心して充実した生活を送れるようにしましょうね。

 

Sponsored Links