光熱費の平均

 

毎月コンスタントに費用がかかる光熱費。
 
一人暮らしの自分の光熱費が高いのか、安いのか、気になる所です。
 
でもなかなか周りの人には聞きにくい事ですよね。
 
今回は一人暮らしさんの光熱費の平均金額についてまとめてみました。
 

Sponsored Links

光熱費とは

一人暮らしさんが生活するにあたって毎月固定費としてひかれる公共料金の事。
 
物件の契約内容によっても中身や金額は変わりますが、基本的には「電気代」「ガス代」、最近では「水道代」が光熱費の中に含まれて表記されている事も多いです。
 
毎月の決まった給料から毎月しっかりひかれてしまう光熱費は、家賃など変動しない金額の物とは違い自分の努力次第で安くすることも可能です。
 
その為、世の中には節約する為の情報があふれています。
 
何かとお金のかかる一人暮らしできるなら何でもコストは抑えたいものですね。
 

一人暮らしさんの光熱費と生活費

一人暮らしにかかる費用の中で光熱費はどのくらいの割合を占めているのでしょうか。
 
ひと月にかかっている費用の割合を見ていきましょう。
 

  • 家賃 約60,000円

    家賃は月収の1/3に収めるというのが平均。

  •  

  • 食費 約20,000円

    自炊をして節約をすればまだまだ食費は減らせ、外食が多ければ2万円で納めるのは大変。

  •  

  • 光熱費 約8,000円

    電気代・ガス代です。契約先によって費用も大きく変わります。

  •  

  • 水道代 約2,500円

    水道料金は2ヶ月毎の請求が一般的です。

  •  

  • その他 約50,000円

    通信費(携帯・インターネット)・交際費・雑費・日用品費・医療費・保険料などの費用。

 
ざっと計算しても月の出費は14~15万円の出費は必要になり、一人暮らしさんの場合、光熱費はその中で1万円前後かかっているようです。
 
しかし、この数値はあくまでも参考程度です。
 
実際に一人暮らしをしている方の場合、なかなか電気ガス代を合わせて1万円におさめるのは大変。
 
節約も必須です。
 
毎日湯船にお湯をはったり、自炊派で毎日ガスを使ったりする方、ほぼ出かけていてほとんど電気ガスを使わない方、色々な方がいます。
 
実際、世の中の一人暮らしさん達はいったいどのくらいの光熱費を使っているのでしょうか。
 
自分は世間に比べて高いのか?安いのか?と気になりますよね。
 
ここからは一人暮らしさんの光熱費の平均を費目別にみていきましょう。
 

一人暮らしさんの電気代の平均

一人暮らしの方のひと月にかかる電気代の平均は約4,000円という所。
 
電気代はちょっと使うとポンッと金額が跳ね上がるというイメージを持たれている方が多い様子。
 
季節によってもエアコンの使用などにより変動が大きくなります。
 
また最近増えているオール電化物件の場合、ガス代が浮いているにも関わらず、1万円近くかかる電気代に悩みを抱える人も。
 
ただし、オール電化の場合は昼間の電気代が高額で夜間の電気代は安いというプランになっている為、オール電化だからと言って必ずしも光熱費が安くなる訳ではありません。
 
いずれにしても電気代はライフスタイルに合わせてプランを見直す事が大事になってきます。
 
それから日々の節約に力を入れれば毎月の電気代も平均並み、それ以下を目指す事もできるでしょう。
 

一人暮らしさんの水道代の平均

一人暮らしの方のひと月にかかる水道代は平均約2,500円
 
2ヶ月でまとめて請求が来るのが一般的なので、2ヶ月で4,000円~5,000円が平均です。
 
ガス代や電気代に比べ水道代に対して「高い!」と感じている人は少ない様子。
 
日々の水の無駄遣いに気を付けて居ればほぼ平均並みの金額となってくるはずです。
 

一人暮らしさんのガス代の平均

一人暮らしの方のひと月にかかるガス代は平均約3,200円
 
毎日お風呂をためる、毎日自炊でガスを良く使う、キッチンなどの蛇口からお湯をちょこちょこ使う、そんな生活をしているとあっという間にガス代は上がっていきます。
 
また、ガス代に関しては物件がプロパンガスか都市ガスかでガス代が大きく変わってきます。
 
平均が3,000円台という事は都市ガスの場合であって、プロパンガスの場合は平均5,000円以上の方が多いはず。
 
基本料金で4,000円以上という地域もあります。
 
一人暮らしの部屋を決める際、光熱費をおさえるポイントとしては都市ガスの物件を選ぶというのもひとつですね。
 

季節によって変わる光熱費

季節によって大きく変動する光熱費はやはり電気代。
 
中でもエアコンの使用によって電気代は非常に大きく変わります。
 
夏の冷房で最低プラス2,000円、冬の暖房ではその倍程電気代は変わってくるといわれます。
 
ガス代に関しても季節で変動します。
 
冬は水温が低いため給湯の際より多くのガスを使用します。
 
毎日お湯張りをする方や、シンクでお湯をちょいちょい使いがちな方は要注意。
 
いずれにしても冬は気候の良い時期に比べプラス3,000円以上の光熱費の変動があります。
 
こういった費用は電気・ガス共に節約をした分コストを抑える事も可能です。
 
一番大事なのは毎月いくら光熱費がかかっていて、自分のライフスタイルの場合、季節によってどのくらいの変動があるのかを知る事がとても大事です。
 
暑さに弱く、エアコンにかける費用抑えたくないなら、夏はお湯張りを辞めて短時間のシャワーで済ますとか、エアコンの温度を1度変えるなど、逆に冬のエアコンは使用せず電気カーペットや灯油ストーブで暖を取る、など、小さな努力で光熱費は少しずつでもコストダウンできますよ。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
一人暮らしの光熱費の月の平均を見ると水道電気ガス合わせておおよそ1万円前後という所でした。
 
ですがあくまでこの金額は平均であって、日々の使い方によっては倍程多くなったり、逆に費用を抑える事ができたりという事もあります。
 
そして季節によっても光熱費は変動します。
 
こういった情報を頭に置いておけば自分が使いすぎているのか、うまく節約できているのかという事を知る基準になりますね。
 
基本的には夏の電気代はエアコン等で増えます。
 
冬は電気代もガス代も増える傾向にあります。
 
年間を通して冬が一番光熱費のかかる季節という事ですね。
 
それを知れば冬に向けて様々な対策もできます。
 
インターネットやテレビ、雑誌など世の中には光熱費を浮かせる節約方法が山ほどありますので、日々の節約を心がけて、何かとお金がかかる一人暮らしを少しでも楽にできるといいですね。

 

Sponsored Links