ひとり暮らしの初期費用

 

憧れの一人暮らしって人も多いと思いますが、初期費用はどのぐらいかかるのか気になりますよね。
 
一人暮らしでかかる初期費用として大きくわけて3種類に分類されます。
 
賃貸や家賃などの住居費、引越しにかかる費用、家電のテレビや洗濯機冷蔵庫などをそろえる生活用品です。
 
それぞれ詳しく費用の詳細を見ていきましょう。
 

Sponsored Links

一人暮らしの住居費って初期費用でいくらぐらいかかるの?

一番かかるのは住居費です。
 
いざ引越しするとなると最初に仲介業者に行き住む住居を相談すると思います。
 
住みたい住居が決まったら最初にかかるのは契約時の前金がかかりますが、この前金は後日支払う初期費用から相殺されます。
 
その後かかる初期費用として1か月分の家賃や仲介手数料の他に敷金礼金がかかります。
 
1か月分の家賃も契約した日付によってはさらに日割りの家賃がかかる場合もあります。
 
今では敷金・礼金がないゼロゼロ物件もありますが敷金は退去時のルームクリーニング代になるので先に支払うか後に支払うかの違いになります。
 
一人暮らしでペットを飼うことを検討している人は敷金が2か月分かかる場合もあります。
 
礼金は大家さんに支払うお礼金です。
 
他にも、2年分の火災保険や町会費(地域によります)、鍵の交換費などがかかります。
 
住居費だけ見てもだいたい家賃の6倍~7倍の費用がかかります。
 
家賃8万の物件で50万程、家賃10万で60万程かかると言って間違いないでしょう。
 

一人暮らしの引越し費って初期費用でいくらぐらいかかるの?

引越し費用の相場として同じ区内や市内などの近い距離の引越しで3~5万前後、同じ県内の引越しで少し距離がある場所の引越しだと5万~8万円前後、県外の遠距離になると15万前後の費用がかかる場合があります。
 
引越しの約款によりある程度費用は決められているものの費用がかかりますよね。
 
少しでも安く引越しする方法としては引越しの繁忙期をさけることでかなりの費用を抑えることができます。
 
さらに、土日の引っ越しは需要が高いため高額になることがあります。
 
出来るだけ平日の引っ越しがおすすめです。
 
荷造りをする時もいらないものは極力捨てるようにすること余計な費用を減らすことが出来ます。
 

一人暮らしの生活費って初期費用でいくらぐらいかかるの?

生活に最低限必要な家具や電化製品などをそろえる必要があります。
 
洗濯機や、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、テーブルや、ベッドなど必要なものはたくさんあります。
 
意外と忘れやすいのは引越し先に電球の傘が付いていない物件もあるので、内見にいった時に事前に確認するようにしておきましょう。
 
傘がないと電球が付かないので引越し先で電気が付かない場合もあります。
 
他にも、トイレットペーパーやティッシュなどの消耗品も必要ですし、洗濯洗剤や、食器洗い、鍋などのキッチン用品などそろえるものはたくさんあります。
 

一人暮らしの生活費ってどのぐらいかかるの?

引越しが終われば一人暮らしのスタートです。
 
引越ししたから終わりではなく社会人の人なら、そこから給料日までの生活も何とか賄わなければいけません。
 
食費や日用品をそろえる費用、交際費などを考えると余計に5万円ぐらいのお金は用意しておくようにしましょう。
 

一人暮らしの初期費用を節約するには?

少しでも費用を安くしたいのであれば、家賃を値切るのも手です。
 
繁忙期ではない年末年始などだと数千円程なら値切れる場合もあるようです。
 
初期費用を少しでも抑えたいならレオパレスゼロゼロ物件などで借りると、毎月の家賃は少し高いのですが初期費用は断然安くすることが出来ます。
 
他にもキャンペーンなどでフリーレント物件を借りることが出来る場合もあります。
 
フリーレント物件とは1ヶ月分の家賃が無料になる制度です。
 

まとめ

一人暮らしの初期費用は意外とかかります。
 
まずかかる費用を細分化してなるべく安く出来るように工夫することが必要です。
 
上手に引越し費用を抑えましょうね。

 

Sponsored Links