学生のひとり暮らし

大変な受験も終わり、無事高校も卒業。
 
大好きな友達ともしばしのお別れ。
 
今まで慣れ親しんだ親元を離れ、さて、いよいよ花の新生活。
 
自分好みのお部屋で、自由気ままに好きな事がいっぱい楽しめます。
 
考えるだけでウキウキしますね。
 
でも気になるのは「一人暮らしにはお金がどれくらいかかるの?」という事。
 
今回は大学生の大きな支出「学費」と「生活費」から、「生活費」に関して気になるポイントをまとめました。
 

Sponsored Links

学生一人暮らし|初期費用ってどのくらい?

まずは住むところを探します。
 
いい物件が見つかりましたか?
 
そこで気になるのが初期費用。
 
部屋を借りる時は「敷金」「礼金」以外にもたくさんのお金がかかります。
 
一般的に「初期費用」とは具体的にどのような出費なのか平均金額と共にまとめました。
 

  • 敷金…約家賃2ヶ月分
  • 入居時に管理会社や家主さんへ預入するお金。
     
    一般的には退去時に戻ってくるお金と言われますが、補修する必要がある場合は敷金から差し引かれる事もあります。
     

  • 礼金…約家賃2ヶ月分
  • 入居時に大家さんに対してお礼と「よろしくお願いします」の気持ちを込めて支払うお金。
     
    ですから退去時に戻ってくるお金ではありません。
     
    最近では「礼金ゼロ」の物件も増えてきている様子。
     

  • 前家賃…家賃2ヶ月分
  • 入居時に支払う家賃の事。
     
    来月から入居予定の場合、契約時に今月と来月の家賃(2ヶ月分)を支払います。
     
    月半ばからの契約であればほとんどの場合、初月分は入居日からの日割り計算での請求となります。
     

  • 火災保険…約2万円
  • 損害保険の費用。
     
    一般的に2年間で2万円前後の費用がかかります。
     
    火事をはじめ、何かあったときの補償ですから、加入が義務付けられています。
     

  • 鍵交換費用…約1万5千円前後
  • 無償で交換してもらえる所もありますが、初期費用に含まれて請求される所もあります。
     
    オートロック付きマンションなどでは2~3万になるケースも。
     

  • 仲介手数料…家賃2ヶ月分
  • 不動産屋に支払うお金。大家さんとお客さんをつなぐ仲介料の事。

 
この他にも、筆者は「室内消毒代」や「町内会費」などが含まれていたケースもありました。
 
一般的に入居時に必要な費用は家賃の約6ヶ月分以上の費用が必要と言われます。
 
引っ越しの費用や、新居の家具も揃えようと思えば更に費用がかさみます。
 
できるだけ余裕を持っておく必要がありますね。
 

学生一人暮らし|生活費ってどのくらい?

新生活がスタートし、学費のほかに必要になってくるのが生活費。
 
では、ひと月の間に出ていくお金はどのくらいになるのでしょうか。
 
一人暮らしの学生さんが負担している生活費の平均をまとめました。(下宿・寮は含まない)
 

  • 家賃:約5万~6万円
  •  

  • 水道光熱費:約2万円(電気・ガス・水道)
  •  

  • 食費:約3万円
  •  

  • 通信費:約1~1.5万円(携帯・インターネット等)

 
これだけで10万程必要になってきます。
 
そして学生さんの一人暮らしには他にも色々な費用がかかります。
 

  • 交通費:定期代や電車代、駐車場代など。学校へ行くのにかかる費用。
  •  

  • 交際費:やっぱりお付き合いも大事。友達とも遊びたいですよね。大学に入ればサークル飲み会にも参加するでしょう。そういう部分にかかる費用。
  •  

  • 教材費:学校や教材の種類で金額も大きくかわりますが、テキスト代などにかかる費用。
  •  

  • 生活用品費:洗剤やゴミ袋、サランラップやアルミホイル、シャンプーや石鹸、ティッシュペーパーやトイレットペーパーなど生活をする上で必要不可欠な生活用品の購入にかかる費用。
  •  

  • その他支出:衣料品や娯楽品の費用、風邪をひいたときなどの医療費、生命保険などの保険料など。二十歳を過ぎればお酒代やたばこ代も生活費の大きな負担となります。

 
なかなか自由に使えるお金は少なくなってしまいますね。
 

学生さんのお財布事情は?

では学生さん達はどのように一人暮らしの費用をまかなっているのでしょう。
 
学生さんのお財布事情を平均金額と共にまとめてみました。
 

  • 仕送り:約10万円
  • やはり一番多いのが親御さんからの仕送り。家賃+5万程というケースが多いみたい。
     
    一番大きな家賃を見てもらえるだけでもとても楽になります。
     

  • 奨学金:約4万円
  • 奨学金を受給している人は多い様子。
     
    1992年度では22%だった受給率が2014年には51.3%まで増えているようです。
     

  • アルバイト:約2万~3万円
  • そうそう親御さんに頼ってもいられないとなってくると、収入を得るには働くしかありません。
     
    頑張れば3万、4万と自分のお金を増やせて、好きなものを購入し、貯金をする事もできるかもしれません。

 
「平成26年度学生生活調査」によると学生生活費事情は

仕送り:60.6%
奨学金:20.3%
アルバイト:16.3%

という割合になっています。
 

自分でできる事って?

物件をよく選ぼう!

学生生活に余裕をもたせる為に一番大事なのは、最初の物件選び。
 
「大学の近く」「駅が近い」「部屋がきれい」という理由で選びがちなお部屋ですが、今後の費用をおさえるための物件選びは重要。
 
学生さん向けの物件や学生寮や下宿などを選ぶのもおすすめ。
 
お風呂やトイレは共同になる場合もありますが、大家さんが面倒を見てくれたり、朝夕の食事がついていたりと初めての一人暮らしで心細い思いや日々の不安も軽減されるかも。
 
病気の時なども安心ですね。
 

アルバイトをしよう!

「生活に余裕を持ちたい」「貯金をしたい」「親に迷惑をかけたくない」という方は、大学に通いつつ、アルバイトも頑張らなければなりません。
 
かわいい服が欲しい、飲み会代が欲しい、趣味のものが欲しい。
 
欲しい物は自分で稼いで買う生活力をつけましょう。
 
週3日、学校が終わってからの4時間、時給750円で働いた場合でも、月に3万6千円の収入になります。
 
社会勉強にもなり、色んな人にも出会えていい刺激になるはず。
 

自炊しよう!

筆者も一人暮らし時代に自炊をできなかったタイプ。
 
外食やコンビニで済ます事も多々ありました。
 
朝はコンビニ200円、昼もコンビニ300円、夜は友達とファミレス800円。
 
1日で1300円の浪費。
 
ある日スーパーで5㎏の米が1200円で買える事を知りましした。
 
料理が苦手な人でも炊飯器でお米を炊くくらいはできるはず。
 
朝ご飯は自炊、お昼は手作りおにぎりなど、できる所から自炊を心がけてみましょう。
 

我慢しよう!

「今は学業が本業」という気持ちを忘れないこと。
 
ついつい羽を広げて一歩踏み出した自由を満喫しがちだけど、羽目を外しすぎたり、身の丈に合わない生活をしてしまうと必要以上にお金は飛んで行ってしまうもの。
 
高価なものはたまのご褒美程度におさえて、学生の間は我慢我慢。
 
その分社会人になればもっと世界が広がります。
 

まとめ

平均的な大学生の生活費は10万円以上となっています。
 
このように、大学生の一人暮らしは結構お金がかかるものです。
 
通わせてくれる親には本当に感謝しなければいけませんね。
 
自分の生活と照らし合わせてみて、削れる部分は削り、頑張って節約できるように努力し、楽しい大学生ライフを送れるといいですね。

 

Sponsored Links