ひとり暮らし引越しのコツ

 

一人暮らしを始めるにはとてもお金がかかります。
 
今回はその中でも「引っ越し」にかかる費用をできるだけコストダウンするために、一人暮らしさんの引っ越しに役立つ内容をまとめてみました。
 

Sponsored Links

一人暮らしの初期費用

一人暮らしをするにあたって、まずは初期費用という物が必要になります。
 
世間では「家賃6ヶ月分は必要」と言われています。
 
初期費用と呼ばれるものの中には何が含まれるのかご存知ですか?
 
引っ越し代とか、家具家電代とか、家賃とか…くらい?
 
もちろんそれも含まれますが、実は初期費用にはまだまだたくさんの費用がかかります。
 
「部屋を借りる為の費用」「引っ越しの為の費用」「生活用品や家具家電を揃える費用」の大きく3つの初期費用がかかってきます。
 
では、具体的に初期費用にはどのような内訳が含まれているのか確認してみましょう。
 

部屋を借りる為の費用

  • 敷金

    入居時に管理会社や家主さんへ預入するお金の事。
     
    一般的には退去時に戻ってくるお金と言われますが、補修する必要がある場合は敷金から差し引かれる事もあります。
     
    家賃約2ヶ月分が相場。

  •  

  • 礼金

    入居時に大家さんに対してお礼と「よろしくお願いします」の気持ちを込めて支払うお金。
     
    ですから退去時に戻ってくるお金ではありません。
     
    最近では「礼金ゼロ」の物件も増えてきている様子。
     
    家賃約2ヶ月分が相場。

  •  

  • 前家賃

    入居時に支払う家賃の事。

     来月から入居予定の場合、契約時に今月と来月の家賃(2ヶ月分)を支払います。
     
    月半ばからの契約であればほとんどの場合、初月分は入居日からの日割り計算での請求となります。

  •  

  • 火災保険

    損害保険の費用。
     
    一般的に2年間で2万円前後の費用がかかります。
     
    火事をはじめ、何かあったときの補償ですから、加入が義務付けられています。

  •  

  • 鍵交換費用

    無償で交換してもらえる所もありますが、初期費用に含まれて請求される所もあります。
     
    約1万5千円前後の費用がかかります。
     
    オートロック付きマンションなどでは2~3万になるケースも。

  •  

  • 仲介手数料

    不動産屋に支払うお金。
     
    大家さんとお客さんをつなぐ仲介料の事。
     
    家賃2ヶ月分くらいかかります。

 

引っ越しにかかる費用

  • 資材代
     
    段ボールやガムテープの購入代が必要になります。
     
    身近な所(スーパーなど)で段ボールをもらうという手もありますがサイズがバラバラで強度も弱い物が多いため、やはり業者から購入するか、ホームセンターなどで購入する必要があります。
     
    インターネットなどで少し安く購入できたりもします。
  •  

  • 引っ越し業者に支払う費用。

 

生活用品や家具家電を揃える費用

  • 新居で使用する家具家電、生活雑貨などを購入するための費用。

 

一人暮らしの引っ越しにかかる費用とは

引っ越しにかかる料金には法律に定められた一定の基本料金があります。
 
引っ越し料金の内訳としては「トラック代」「人件費」「燃料代」「高速代」が基本的なベースとなり、あとは各業者によって金額が決定します。
 
一人暮らしの引っ越しの場合は一般家庭の引っ越しに比べ家具や荷物の量が少なくなりますますので、作業員も少人数で対応でき比較的安く費用を抑える事ができるでしょう。
 
筆者の場合600km程の距離を単身で引っ越ししたのですが、ある業者の見積もりで10万円以上と見積もられましたがうまく業者を選ぶ事で2万5千円程に引っ越し代を抑える事ができました。
 

少しでも安く抑えるコツ

引っ越しの費用は大きな家具(ベッドやタンス等)の有無によっても、大きく変わります。
 
そういった大型家具は引っ越し先で買い揃える方が安くつく場合も。
 
引っ越し時の荷物が多ければ多いほどトラックの大きさも変わります。
 
もちろん大きくなればその分費用もかさみます。
 
その他、引っ越し時期や曜日などもうまく都合をつけられれば安くなります。
 
土日祝に比べ平日にするだけでもコストダウンに。
 
WEB申込み割引や、早期予約割引などを行っている業者もあり、うまくサービスを受けられれば少しでも費用を抑える事ができますよ。
 
各業者の見積もりを取って、また自分の荷物の種類や量に合わせてうまく安い所を見つけられると引っ越しにかかる費用はグッと抑える事ができます。
 

一人暮らしさんは引っ越しサービスで費用を抑えよう

一人暮らしの場合、大きな家具やベッドを地元で買い揃えるより、引っ越し先で買い揃える方が引っ越し代を抑える点では大事になってきます。
 
洋服や雑貨などが主な荷物となる単身者さんにおすすめなのが「単身パック」です。
 
単身パックは従来の引っ越しの様にトラックを1台チャーターする形では無いので、その為の費用が掛からず、専用の大きなワゴンのようなボックスに荷物を詰めて宅配のようにボックスを輸送してくれるサービスです。
 
筆者の場合、これで引っ越し代が5分の1程に抑えられました
 
「単身パック」を使う際のポイントとしてはできるだけいらないものは捨て、荷物を少なくまとめる事が大事。
 
専用ボックスの数ごとに費用がかかるので、できれば1ボックスで押さえたい所。
 
その場合は1万円から、5万円以下での引っ越しも可能になります。
 

単身パックを行っている引っ越し業者

価格が統一され金額が一定の業者

  • 日本通運(価格はWEB割引を適用した場合)

    単身パックS 横幅108cm×奥行74cm×高さ154cm ¥15,000(税別)~
     
    単身パックL 横幅104cm×奥行104cm×高さ174cm ¥16,000(税別)~

  • ヤマトホームコンビニエンス

    単身引っ越しサービスmini 横幅104cm×奥行104cm×高さ130cm ¥13,000(税別)~
     
    単身引っ越しサービス   横幅104cm×奥行104cm×高さ170cm ¥14,000(税別)~

 
※いずれも早期予約割引、web予約割引、平日予約割引が行われている為うまく利用してコストダウンしよう!
 

価格は見積もりによって変わる業者

  • 赤帽

    「単身引っ越しなら赤帽におまかせ!」とホームページにも表示されており、「乗用車では運べないけどトラックは必要ない」くらいの荷物の量の引っ越しにはもってこい。
     
    作業時間2時間以内・走行距離20km以内の場合13,500円と価格を表示している。
     
    荷物の量、作業内容、使用台数、移動距離等によって料金は変わる為、見積もりが必要。

  •  

  • サカイ引越センター

    ホームページより、お引越しコースの中に、「単身の方のお引越しお見積り」が準備されている

  •  

  • アート引越センター

    ホームページより、「単身の方」「少ないお荷物の方」向けとして、「単身引っ越しスイスイ!お見積り」という見積もりコーナーを設けている

  •  

  • アリさんマークの引越社

    「単身でお引越し ミニ引っ越しプラン」というプランがある。
     
    ただし利用には注意点があり、「同一区内・同一市内の5km以内」「日にち指定ができない」「段ボールの大きさが、縦+横+奥行=150cm以内」という条件がある。

  •  

  • ハート引っ越しセンター

    ホームページより、「単身者のお引越し」より見積りコーナーが準備されている

 
様々な業者が、単身者がお得に引っ越しをできるサービスを準備していますので、それぞれの業者から見積もりをとり、自分の引っ越しに1番合う、そして費用が安くおさえられる業者をうまく見つけられるといいですね。
 
以下のような見積もりサイトもありますので、まずは見積もりから始めるのも大事ですね。
 
引っ越し見積もりサイト
 

 

引っ越しの準備はいつから何を

引っ越し1ヶ月前

物件探も終わり、引っ越しが決まったら、まずは引っ越し日を決めてしまいましょう。
 
期限を決める事でその日から逆算して引っ越しまでの計画を立ててしまうのもいいですね。
 
最初に行うのは部屋の片付けです。
 
片付けに関しては荷物の全体量を把握する為にもできるだけ早くから始める事をお勧めします。
 
要るもの要らないものを見極め、要らないものはどんどん処分します。
 
こういった機会がなければなかなか「断捨離」もできませんよね。
 
最低でも引っ越し日の1ヶ月前には始めてください。
 
だいたいの量を把握することができたらさっそく引っ越し業者の見積もりを行い、業者を決め予約をしてしまいましょう。
 
また、現在賃貸にお住まいの方は、大家さんや管理人さんへの契約解約等の連絡も最低1ヶ月前には行っておきましょう。
 

引っ越し3週前

片付けもそこそこ落ち着いた頃から、荷造りを始めていきましょう。
 
普段コンスタントに使っているものはまだ梱包せずに、季節外の物などその時点で使っていないものはどんどん梱包をすすめます。
 
粗大ごみや電化製品などは計画的に早めに処分していきましょう。
 
また梱包をするための段ボールなどの手配もはじめましょう。
 

引っ越し2週間前

この頃から様々な手続きも始める事ができます。
 
転出届なども転居14日前から受け付け開始となります。
 
新居でのインターネット環境なども使用開始までに時間がかかる事が多いのでこの頃から手続きを行っておくのもいいですね。
 
また、新居でのライフラインに関しての手続きも漏れが無いか確認しておきましょう。
 
郵便物の転送手続きなどもしておくと便利です。
 
荷造り梱包はこの頃にはほぼできている状態にしておくと後がスムーズです。
 
また、新居で使うアイテムなどはこの頃から少しずつ買い揃えておくと引っ越し当日にスムーズに生活を始められます。
 
休日は1日新居のアイテムを購入する日にあてると便利です。
 

引っ越し3日前~前日

前日には全て荷造り・梱包が終わっているように勧めていきます。
 
引っ越し業者によっては前日の引き取りではなく2日前の引き取りや3日前の引き取りの場合もあります。
 
引っ越し当日に使うものや毎日コンスタントに使っているものは引っ越し用の段ボール箱には入れず手持ちの荷物に入れるようにしましょう。
 
また、引っ越し当日に買い物に出かけられない方はたちまち必要となるティッシュやトイレットペーパーなど生活必需品を購入しておきましょう。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
何かと大変な一人暮らしさんの引っ越し。
 
費用も労力もかかりますね。
 
ですがやり方次第で大きくコストダウンも見込めますので引っ越し業者選びは慎重に行いたい所です。
 
そんな時、一人暮らしさんの場合で荷物が少なくまとめられる方には断然「単身パック」がおすすめです。
 
新生活が始まってからも何かとお金はかかりますので引っ越しのまとまった費用を少しでも浮かせて、新生活の生活費に少しでもまわせるといいですね。

 

Sponsored Links