一人暮らしの光熱費

 

一人暮らしを始めると、自分で「毎月の生活費の管理」を行わないといけなくなります。
 
実家にいた時には、ざっくりとしたお小遣いの管理くらいしかやってなくて、一人暮らしして初めて「家計のやりくりの大変さ」に気づく、というのは誰でも経験済みですよね。
 
さて、そんな一人暮らしの生活費の管理。前述の通りなかなか大変ですので、みんなどうやってやりくりしているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 
ということで、ここからは一人暮らしの生活費について、その内訳と各項目の平均金額、さらに節約法なども合わせてご紹介していきます。
 

Sponsored Links

一人暮らし生活費の内訳と節約のコツ

まず気になる生活費の内訳について、節約術を交えながら詳しく説明していきます。
 

家賃

全国平均は約66,000円。
 
家賃についてよく言われるのが「手取りの1/3以下が理想」というもの。各項目の中でも一番大きな支出要素ですので、ここをいかに安く抑えられるかが大事なポイントです。
 

光熱費

電気料金・ガス料金の全国平均は約7,000円
 
電気代については基本的に「つけっぱなしに気を付ける」ことと、夏冬に冷暖房機器の過度な使用を控えることを注意すべきでしょう。
 
また家電を「省エネ製品」に買い替えることでも年間の料金を大幅に減らすことができます。
 
ガス代については「都市ガス」と「LPガス(プロパンガス等)」の物件で料金に大きな差がでる場合があります。
 
というのも都市ガスは公共料金、LPガスは自由料金なので、都市ガスの物件の方が料金を安く抑えられる可能性があるのです。
 
ぜひお風呂好きな方やガスを多く使う必要がある方は、ご自宅のガス設備についても詳しく調べてみることをおすすめします。
 

水道料金

水道代の全国平均は約3,000円
 
水道代については電気代と同じく大幅な節約に繋がらない項目ですが、基本的に「水の流しっぱなし」に気を付ける
 
さらに夏場はシャワーのみにする、洗濯は風呂の残り湯を使う、食器はため洗いする、など細かな節約意識を心がけたいところです。
 

食費

全国平均は約20,000円。
 
といっても単身の場合、外食で簡単に済ませることが多くなりがちですし、仕事終わりに会社の先輩・後輩とそのまま食事に行くことも多いですよね。
 
そうなるとやはり月の食費代も大幅にアップしますので、全国平均額は20,000円でも実際はその2倍、40,000円くらいになってしまっている方も多いかもしれません。
 
いかに自炊して費用を抑えられるかがポイントになりますね。
 
自炊と言っても一から料理を作る、という難しい考え方ではなく、冷凍食品を活用したり、電子レンジでチンするだけで簡単に作れるレシピなどを調べて、「手抜き料理」の術を身につけたりしてできることから始めてみると良いでしょう。
 

通信費

全国平均は約11,000円。
 
この項目についてはスマホとパソコンのインターネット代が主な用途になるでしょう。
 
スマホのみの場合は(大手3キャリア利用で)約7,400円ほど、インターネット代単体では約6,000円~7,000円がだいたいの相場になります。
 
インターネットについては、スマホ+ネットで契約すると安くなるセット料金などもありますよね。
 
各社新しいキャンペーン・イベントなども随時更新されていますので、こまめに情報収集してより安い条件を探しましょう。
 

まとめ

以上主な生活費の内訳・節約のヒントを見てきましたが、いかがでしたでしょうか?
 
ちなみに5項目の全国平均合計は10,7000円になりました。
 
といってもこれら以外にまだまだ追加される可能性のある「内訳候補」がありますので、以下簡単にご紹介しておきますね。
 
交際費、身だしなみ代(美容院・衣装代など)、保険料、医療費、駐車場代、ガソリン代、趣味(本の購入や習い事など)
 
社会人になると会社の方との「お付き合い」が増え、そのための交際費・身だしなみ代などもかさみます。
 
しかも自立し一人暮らしをして初めて貯金の大切さがわかって貯金を始めたり、自身の危機管理も高まり保険を契約したり、ととにかく歳を重ねるごとにどんどん「生活費の内訳項目」が増えていきますよね。
 
最後に今回特集した「一人暮らしの生活費の内訳」は、それぞれ管理人の経験談+インターネットからの情報をまとめたものになりますので、参考程度にご覧下さい。
 
この記事が、一人暮らしをこれから始める方、また今一人暮らし生活の真っ最中で生活費をどう節約すれば良いのか、みんなはどんなことに出費しているのか?気になっていた方、皆さんのお役にたてれば嬉しいです。

 

Sponsored Links