生活費どうしてる?

 

早く自立し「一人暮らし」したい!そう思って念願の新生活をスタートさせたけど、蓋を開けてみると予想以上に生活費の管理が大変で毎月赤字続き・・・。
 
一人暮らし初心者さんからベテランさんまで、必ずぶち当たる壁が「生活費のやりくり」ですよね。
 
でもその壁を乗り越え自己管理能力を高めることも、社会人として自立して生きていく上で重要な要素になります。
 
なんて理屈はわかっていても、欲しいものはたくさんあるし、食べたいものもたくさんあるし、やりたいこともたくさん・・!
 
今回はそんなあなたに贈る「一人暮らしの生活費節約術」をお届けします。
 

Sponsored Links

理想とする生活費のベストバランスを知る

赤字続きの人が生活費をうまくやりくりしたい、節約したい、と一念発起しても何から手を付けていいかわからないのが当たり前。
 
ということで、まず最初に管理人がおすすめしたいのが「何にどれくらいの金額を割り当てればよいのか、理想の生活費バランスを知る」ことです。
 
早速手取りを15万円と仮定した場合の理想の家計バランスを見てみましょう。
 
住居費:28%(4万2,000円)
 
食費:18%(2万7,000円)
 
水道光熱費:6%(9,000円)
 
通信費:6%(9,000円)
 
保険料:4%(6,000円)
 
趣味・娯楽費:4%(6,000円)
 
被服費:3%(4,500円)
 
交際費:5%(7,500円)
 
日用雑貨:3%(4,500円)
 
その他:6%(9,000円)
 
貯蓄:17%(25,500円)
 
いかがでしょうか?こちらはあくまでも理想の割合なので、今すぐ貯金に17%も当てることができなくてもOKですし、大凡の目安として見て下さい。
 
現在の自身の生活費の割合と比べてみて、どの項目がバランスを悪くしている原因になっているか、じっくり調べてみて下さいね。
 

家計簿アプリで手軽に出費を管理する

生活費の各項目について理想の割合・バランスを知り、自分は何にお金を使いすぎているのか確認した後、今日いますぐ始めて欲しいのが「家計簿をつける」ことです。
 
さらに、その家計簿はぜひアプリで付けるのをおすすめします。
 
そもそも、家計簿をコツコツ細かくつけれる人が、赤字続きで生活費の管理に困る、というケースは少ないでしょう。
 
そんな仕事や遊びに忙しい&面倒くさがりや、という人にも長く続けられる、なおかつ実践しやすいのが家計簿アプリでの管理です。
 
でも管理人自身がかなりズボラなので、ここで敢えて言わせてもらうと、「金額はアバウトにつける」ことから始めてみて下さい。
 
記録をつけることが大事なのではなく、とにかく生活費を毎月なんとなくでもいいので把握して、理想のバランスを意識して行動できるようになることが重要です。
 
管理人も前述の通りズボラで最初は適当につけていたんですが、もう3年近くアプリで家計簿管理をしているので、今では買い物なども含め出費の度に領収書やレシートを見ながら記録をつけるのが習慣になり、やりくり上手にもなりました。
 
さぁ、いますぐアプリをダウンロードして節約生活のス第一歩を踏み出してみて下さい!
 

その他いろいろある節約術

最初からいろいろと節約のコツを並べたところで実践できる数も少ないと思いますので、ここでは5つほど生活費を削減できる方法を簡単にご紹介します。
 
1.毎月かかる最大の固定費「住居費/家賃」を見直す
 
2.自炊する(完璧に料理する必要なし。はじめはレトルトやレンジでチンするだけのものを使ってやれることから始める)
 
3.夏はエアコンだけでなく、扇風機やサーキュレーターを併用する
 
4.冬もエアコンだけでなく、こたつや電気カーペット、湯たんぽ・電気あんか等を併用する
 
5.LED電球など省エネ家電に買い替える
 
この他にもネット上で調べてみると様々な節約術が公開されていますが、最初はできそうなもの1つからでもいいので、「実践して1ヶ月続ける」ことを目標にやってみて下さい。
 
1つ意識してできるようになれば、どんどん節約意識がすり込まれていきますので、いい循環が生まれて実行できる項目も多くなるはずです。
 

まとめ

何事も言うのは簡単ですが、実行に移す、さらにそれを継続していくのは本当に難しいことですよね。
 
管理人の私なんかは、何か問題があったとして、それをネットで調べて情報収集するだけでおなかいっぱいになり解決した気分になることが結構多くて。
 
なので、今回お伝えした内容もぜひできることから少しずつやってみて下さい。
 
一人暮らしを頑張っている皆さんが、いち早く生活費の問題を解決できるよう、応援していますよ!

 

Sponsored Links