ひとり暮らしの食費節約

 

一人暮らしをする時に、まずいくらかかるかわからないものが食費だと思います。
 
毎月ある程度決まった金額が請求されるものとは違い食費はその月によって、また自分次第でいくらでも変わるものです。
 
健康には気を付けたいけど、毎日そんなにお金をかけていられないのが現実です。
 
そんな一人暮らしをするあなたにおすすめなのは毎日しっかり自炊をすることです。
 
一人暮らしの平均的な食費や、節約方法をご紹介致します。
 

Sponsored Links

一人暮らしの平均的な食費はいくらぐらいなの?

おおよその平均で約2万5千円程だと言われています。
 
毎日自炊をしている人はこの平均より安く2万円を切る人もいるそうです。
 
逆に自炊はしない、毎日外食で済ませる人は4万ぐらいかかってしまう人もいます。
 
1日当たりを1000円で済ませると考えても、1月が平均30日あるので1000円×30日で30000円はかかってしまいますよね。
 
これにお菓子やジュースなど追加で購入してしまうと毎月の平均的な食費は完全にオーバーしてしまいます。
 

一人暮らしの食費を節約するにはコツがある!

食費は毎日かかるものですし、少しでも食費を抑えたい人は、職場にお弁当を持っていくようにしましょう。
 
一人暮らしで自炊ってなんだか面倒だし、一人分の食費を買うと逆にたかくつくのではないかとコンビニのお弁当や、閉店前のスーパーなどで食事を購入してしまう人もいるようです。
 
お弁当は前の日のあまりでも十分ですし、お昼を買いにコンビニに寄るとついつい買わなくてもいいお菓子なども買ってしまい、かえって節約出来ない場合もあります。
 
お弁当に入れるものは朝一度しっかり火を通して温め直してから、お弁当に入れるようにしましょうね。
 

一人暮らしでも出来る簡単自炊のコツ、安い食品を上手に使おう

まず、毎日食べるお米ですが安い時に多く買っておきましょう。
 
お金がない時でもお米さえあれば何とかなります。
 
安くて量がある食品と言えば、もやしや鶏の胸肉やささみ、豆腐などでしょうか。
 
こういった食品は調理方法次第でいくらでも美味しくアレンジすることが出来ます。
 
また、一人暮らしは野菜不足になることもしばしば…。
 
身体にも良くないですし、出来れば野菜を上手に取りたいものですよね。
 
そんなあなたにおすすめなのが味噌汁で野菜を取る方法です。
 
味噌はお腹に溜まるだけでなく、栄養効果も期待でき、健康にはかかせない食品の1つです。
 
1日1汁で節約しながら健康を目指しましょう。
 

日持ちするメニューで一人暮らしの自炊のコツを知ろう!

出来ることなら週末にスーパーで1週間分の食材を買っておくのがいいでしょう。
 
忙しい平日に帰ってきてから食事を用意するのは意外と大変なものです。
 
週末に1週間分のメニューを考えておき、カレーやシチュー、ポトフなどは日持ちするので多めに作っておいて数日間にわけて食べるようにしましょう。
 
中途半端に残っている野菜などはジップロックに入れて保存しておくだけで、必要な時に出して使うことが出来るのでとても便利ですよ。
 

自炊した時の保存方法に注意しよう

特に夏場などの熱い時期に大丈夫と思ってお部屋におきっぱなしにしてしまうと、すぐに食品がダメになってしまうことがあります。
 
必ず冷蔵庫に入れて保存するようにしてください。
 
またお肉などは、スーパーで購入した当日や翌日に使わない場合は賞味期限が大丈夫でもなるべく冷凍で保存するようにしましょう。
 

まとめ

一人暮らしの食費は工夫とコツ次第でいくらでも節約することが出来ます。
 
毎月の収入源は変わらないので上手に節約して、貯金なり好きなことに使えるようにし、上手に一人暮らしを楽しんでくださいね。

 

Sponsored Links