社会人の一人暮らし

 

社会人一年生として新たな地で一人暮らしを始める方にとって、何より真っ先に気になるのがその「費用」
 
就職先が決まり給料等の条件は把握しているものの、部屋を借りる初期費用、さらに毎月の生活費など、スタートアップにどれくらいの費用がかかるのか、事前に大体の金額を見積もっておく必要がでてきますよね。
 
これから初めて自立し「生活費の管理」をスタートさせる社会人の皆さんへ。今回は「社会人の一人暮らしにかかる費用」についてご紹介していきます。
 

Sponsored Links

【社会人の一人暮らし①】ワンルーム家賃の全国平均相場は?

社会人になり一人暮らしを始める皆さんにとって、まず最初の一歩となるのが「賃貸物件探し」
 
1R、1K、1DK、1LDKなどが一人暮らしの間取りでは主流となっていますが、ワンルーム家賃の全国平均相場はだいたい5.5万円ほどと言われています。
 
もちろんこれは全国平均なので、首都圏や人気物件・新築物件等になるともう少し価格が上がるとは思いますが、おおよその目安として参考にしておきましょう。
 

【社会人の一人暮らし②】家賃契約時に必要な費用は?

物件探しを終えた後は、契約時にかかる初期費用を確認しましょう。
 
初期費用の主な項目は、申込金/預かり金(1ヶ月分)、敷金(0~3ヶ月分)、礼金(0~3ヶ月分)、前家賃(1ヶ月分)、仲介手数料(1ヶ月分)、火災保険料(1~2万円※契約条件・広さ等で幅あり)、カギの交換費(1~2万円)などがあります。
 
家賃を前述の全国平均5.5万円、さらに敷金・礼金を1ヶ月分、カギの交換費・火災保険料を1万円として概算すると、約29.5万円ほどになりますね。
 
家賃契約時に必要な費用は最低でも30万円、ということになります。
 

【社会人の一人暮らし③】引越し費用はいくらかかる?

物件も決まり初期費用も確認した、となると次は引越し。
 
引越しについては、家族や友人に協力してもらって自分達で済ませる場合を除き、一般的に引越し業者に依頼するか、赤帽に運搬を依頼するか、どちらかになるでしょう。
 
単身で引越しする場合、専門業者の相場はだいたい3.5万~4.5万ほど。さらに赤帽の相場は2~3万ほどになります。(※同一県内の場合。荷物の量や距離などに応じて大きく変動あり)
最低でも3万以上はかかる、と思っていていいでしょう。
 

【社会人の一人暮らし④】家具・家電等、生活用品を揃える為の費用は?

引越し後新居へ入居し、最初に用意が必要なのが家具・家電などの生活用品。
 
購入検討商品の項目としては、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、掃除機、テレビ、ベッド、布団、テーブル、収納ボックスなどが主な品目でしょう。
 
もし生活用品について新品で一式購入するとなると、一般的にその費用は最低でも約20万円ほどと言われています。
 
できる限り知り合いや先輩に譲ってもらったり、店舗の「新生活応援セール」などまとめ買いで安くなる期間・イベントを利用して節約をはかりましょう。
 

【社会人の一人暮らし⑤】1ヶ月の生活費は?

最後に1ヶ月にかかる生活費はどれくらいなのか、一般的な生活費にあがる項目と、その項目ごとの全国平均金額をご紹介します。
 
家賃(約5.5万円)、食費(約2万円)、光熱費(約1万円)、通信費(約1.2万円)、交際費(約2万円)、生活消耗品費(約3千円)、衣服・美容院代(約2万円)。
 
全ての項目を合計すると約14万円となり、この他自身の小遣い費などをプラスすると最低でも15万円ほどは見積る必要がありそうです。
 

「社会人の一人暮らしにかかる費用」まとめ

さて、いろいろとご紹介してきましたが、どの費用についても管理人個人の見解&WEB上で調査した情報をまとめたものですので、あくまでも参考程度にご覧下さいね。
 
では「社会人の一人暮らしにかかる費用」をまとめると、部屋を借りて生活をスタートさせるまでの初期費が最低でも53万、その後の1ヶ月の生活費が最低でも15万、ということになりました。
 
もちろん生活費については給料と相談して費用を削る必要があるものもでてきますが、ぜひこれらの数字を参考にして、これから進む新たなステップに役立てて頂ければと思います。

 

Sponsored Links