ひとり暮らし大学生の食費

 

大学に進学して初めての一人暮らしですがわくわくする反面、不安もいっぱいですよね。
 
そんな初めての一人暮らしでついつい使いすぎてしまうのが食費です。
 
大学生になると飲み会や付き合いなど今までとは違う楽しい大学生ならではの時間が待っています。
 
毎日の生活費を上手に節約して大学生活を満喫しちゃいましょう。
 
食費の節約方法は実はとても簡単!毎日の工夫次第で上手に節約しましょう。
 

Sponsored Links

一人暮らしの大学生の食費はいくら?

大学生の一人暮らしの食費は平均で24000円前後だと言われています。
 
これを1日に換算すると800円となります。
 
800円と考えるとこれで3食って厳しいのでは?と思いがちですが大学生の平均的な収入で見ると仕送りなども入れて12万円程。
 
その中から光熱費や雑費などを差し引くと確かに食費で使える金額は24000円程になると思います。
 
中には居酒屋などで飲み代があるので毎月50000円近く食費がかるというつわものまでいるようです。
 

一人暮らしの食費だと自炊と外食どちらが安いの?

平均24000円の食費だと毎回の外食は正直難しいと思います。
 
朝100円のパンを食べたとして残りの700円でお昼と夜を賄うのは中々ですよね。
 
もし外食で済ませる場合は、大学の学食などで食べるようにしましょう。
 
学食は栄養満点で学生の為に作られているのでこれを利用しない手はないでしょう。
 
大学生の一人暮らしは出来るだけ自炊をして、食費を浮かせるのが賢明です。
 
自炊であれば1食当たり100円~200円程度で済みますよ。
 

大学生でも安心!安くて栄養価の高い食品は?

毎日の基本は白米を焚くようにしましょう。
 
お米は10㎏で購入して保管しておくといいでしょう。
 
10㎏をスーパーから持って帰ってくるのは大変ですので、通信販売で購入するようにすると便利ですよ。
 
1㎏で1週間ぐらい持つと計算すると1回買えば2~3ヶ月は持ちます。
 
お米は長期保存をしておくとカビが生えてしまうことがありますので湿気には気を付けて保存するようにしましょう。
 
他にも卵やもやしなどは節約の定番です。
 
卵は調理方法がいろいろあり、アレンジも可能です。
 
栄養価も高く良質なたんぱく質を多く含んでいるので1日1個食べるようにしましょう。
 
もやしは、お肉と炒めるだけでも1食になりますし、スーパーで買えば10円~30円程で購入することが出来るので安くて美味しい便利な食品です。
 

一人暮らしの大学生食費の節約方法とは?

最初に毎月の食費を決めておきましょう。
 
その決めた食費でやりくりできるように調整しましょう。
 
コンビニに行ってしまうとついつい買ってしまうことがあるので、なるべくコンビニには寄らない方がいいでしょう。
 
電子チラシアプリなどもあるので少し面倒ですがチラシをチェックして特売情報を手にするのも一つの手です。
 
食費を節約したいからと言って毎日ファーストフードばかり食べていると不健康になってしまうのでおすすめできません。
 
他にもバイト先を利用するのも1つの手です。コンビニのバイトだと場所に寄りますが期限切れの食品などもらえる場合もありとてもありがたいですよね。
 

安いけど日持ちしないものはダメ!おすすめの食品とは?

買った食品はなるべく冷凍で保存しておくようにしましょう。
 
お肉や魚は安い時に多めに買って小分けにして冷凍しておくと便利ですし、冷凍うどんなども美味しいので保存しておくと簡単に調理することが出来ます。
 
野菜なども買ったら切って冷凍しておくと必要な時に必要なだけ使えるので野菜不足の解消にも役立ちます。
 

まとめ

一人暮らしの自炊は大学生にとって必要不可欠です。
 
自炊と聞くと難しいイメージがありますが、料理はやりながら覚えるモノですので是非チャレンジしてみてくださいね。
 
節約しながらも野菜やお肉などバランスよく食べるようにしましょうね。

 

Sponsored Links