一人暮らし 女性 東京 防犯

 

 

「一人暮らしが始まるのは楽しみで嬉しいんだけど、東京は何かと物騒で心配だな
 

東京での一人暮らし、特に女性の場合はこんな悩みがつきものです。東京といえば都会で、都会と言えばやはり「犯罪に巻き込まれやしないか」という不安がよぎりますよね。都会は何かと物騒なイメージがあります。
 

だからこそ、女性が安心して一人暮らしをしながら東京の生活を満喫する為に必要なのは防犯の意識です。
 

今回は女性が東京で一人暮らしライフを送る為に知っておくと良い情報として、「防犯」に関する内容を中心にまとめてみました。
 

Sponsored Links

女性の東京での一人暮らし、物件選びに欠かせない条件とは

何かと物騒なこの世の中。特に不特定多数の人間が集まってくる大都会東京での一人暮らしは危険がいっぱい、不安もいっぱいです。
 

自身の生活を守る為には「物件選び」は何よりも大切になってきます。そして気になるのはやはり防犯面
 

特に女性の場合は防犯意識を高く持っておくに越したことはありません。女性の場合は男性よりも防犯意識が高く、部屋探しの条件として「防犯」をあげる女性は男性の4倍程にもなります。
 

また、「洗濯機置き場が室内」にある事を望む女性は非常に多く、「女性向け」と書かれている物件の多くは「室内洗濯機置き場」がある物になっています。
 

女性の一人暮らしの場合、ドアの外やベランダで洗濯機をまわすのはちょっと周りの目が気になりますよね。また、コインランドリーに出かける為に女性の一人歩きが増えてしまうのも少し心配です。
 

では、女性が物件を選ぶ時に気をつけておきたい点とはどのような物なのでしょうか。お部屋探しの際にチェックしてほしいポイントをまとめてみました。
 

東京での女性の一人暮らし、物件選びでチェックするポイントはココ!

  • セキュリティがしっかりしているか

セキュリティで良くあげられるのは「オートロック」ですが、その他にも「シャッターがついているか」、「何階か」、「モニター付きインターホンかどうか」、「玄関のカギは二重ロックか」、「防犯カメラはついているか」、「ホームセキュリティーは付いているか」など様々なものがあります。
 

住む場所の環境や予算と照らし合わせて、できるだけ厳重にセキュリティが揃っている物件を選ぶ方が安心ですね。
 

  • 大家さん、管理人さんが近くに住んでいるか

近くに大家さん・管理人さんが住んでいるか、常駐してくれている物件というのは困った時などに駆け込むことができるので心強い物です。
 

知らない土地での一人の生活はただでさえ心細い物。近くに頼れる人がいてくれると思うと安心ですね。
 

  • 自宅から最寄り駅までの距離と周辺環境

住み出してからの「失敗したなぁ」と感じる点の中には、この通勤・通学の距離が良くあがっています。最寄り駅まで車などでスムーズに行ける場合はとにかく、東京ではバスや徒歩の人が多いのではないでしょうか。
 

夜道や早朝など人気のない時間帯に長時間の一人歩きを避けるために徒歩10分以内で最寄り駅に着ける場所の物件を選ぶと安心です。
 

また、その通り道には街頭や適度な人通りがあるかという事や、スーパーやコンビニ、交番などがあるかという点もチェックしておくと安心です。
 

  • 洗濯機置き場は室内にあるか

いちいち屋外に出なければならないというのはやはり防犯面に優れているとは言えません。室内で安心して洗濯ができるように洗濯機置き場の有無は要チェックです。
 

  • バス、トイレが別か

これは防犯にはあまり関係ないのですが、女性の場合はトイレとお風呂、それぞれ別の部屋で落ち着いて過ごしたい人が多いと思います。また風水的な物を気にする人や、においが気になる人、掃除がしにくいという人様々です。
 

ですが、圧倒的に女性にはバストイレ別派が多いのです。案外同じくらいの家賃でバストイレが一緒のユニットバス物件とバストイレ別の物件があるので、今後の生活の快適さを求めるなら要チェックです。
 

  • 都市ガス物件がおすすめ

女性の場合、ゆっくり湯船につかってお風呂タイムを楽しみたいものです。そういう方には都市ガス物件がおすすめ。プロパンガス物件の場合都市ガスの2倍程料金が変わってきます。
 

お風呂にお湯をはって、ゆったりシャワーも使って…というお風呂タイムを過ごしたい人はプロパンガスの場合恐ろしい金額の請求が来ちゃいますよ。
 

  • 建物の形状や立地は安全か

実際に住んでみて気になる点というのは、これ。建物自体が大通りからそれたひっそりした路地裏にあったり、薄暗く人通りも少なかったりするようならば、いくら治安の良い地域でも住み始めてから少し怖さを感じてしまうかも。
 

また、建物の形状が外部から侵入できてしまうような形状になっていないかも良く確認しておく事が大事。また部屋を決める際には両隣の部屋のベランダと玄関周りのチェックもしておきましょう。
 

著しく散らかっていたり、ゴミがあふれている様な場合はやめておく方が無難です。
 

「女性専用物件」のメリット・デメリット

女性が防犯面を考えた時に選択肢として出てくるのは「女性専用物件」。女性でも安心して暮らせるというのはとても嬉しいものです。
 

「女性専用」という事で女性しか借りる事ができない物件の為、近隣の住人が女性ばかりなのも安心できます。では、そんな「女性専用物件」のメリットとデメリットを確認してみましょう。
 

「女性専用物件」のメリット

  • セキュリティ面が安心

様々な防犯設備が整っており、大家さん・管理人さんが近くに常駐してくれている物件が多く女性の一人暮らしにはとてもありがたいポイントです。
 

  • 女性が好む部屋の作りになっている

「女性向け」としてつくられている為、女性好みのデザイン、設備の物件が多くあります。セキュリティ設備の充実はもちろん、お洒落なデザイナーズ物件なども挙げられます。
 

また、女性には嬉しいシャンプードレッサーや独立洗面所、システムキッチン、浴室乾燥機などの嬉しい設備がある部屋なども。
 

  • トラブルが少なく静かに暮らせる

女性専用物件の場合、男子禁制であったり、男性住民達が夜中に集まってガヤガヤと夜通し飲み会をして騒ぐなどという事が起こりにくく、基本的に女性専用物件を選ぶ女性たち自体が「トラブルが少なく静かに暮らしたい」と思い集まってくる為、比較的静かに、平穏に暮らす事ができます。
 

「女性専用物件」のデメリット

  • 家賃が高い

設備の充実と比例し、やはりコストがかかってしまいます。同じくらいのレベルの他の物件に比べ家賃が高くなりますので、価格を取るか、安心を取るかという選択のしどころです。
 

  • 男子禁制物件は自由が無い?

花の独身時代に必要不可欠な恋愛事情の妨げになってしまう場合もあります。また、家族ですらNGとなってしまうケースも。
 

逆に、男子禁制でない場合せっかく高い家賃を我慢して選んだ女性専用物件なのに、近隣住民の知人と思われる不特定多数の男性が出入りしていて女性専用を選んだ意味が無い!と感じるケースもあるようです。
 

  • 設備が万全でない危険な「女性専用物件」

「女性専用」と謳っているのに、セキュリティが全く整っていない物件もあり、大家さんや管理人さんがどこにいるのかわからない…そういった部屋を選んでしまうと「女性が住んでいる部屋」と周囲にアピールしているだけになってしまいますので危険性が高まってしまいます。要注意です。
 

やはりメリットと感じる部分が多い物件だとしても、「女性専用」という縛りがある場合はデメリットもつきものです。自身のライフスタイルの中で、何をどこまで求めるかによって「女性専用物件」への向き不向きは変わってきそうですね。
 

女の子のお子さんを持つ親御さんなどはやはり「女性専用物件」が気になる方も多い様子ですから、初めて一人暮らしをする女の子などには安心できてピッタリかもしれませんね。
 

しかし、いずれにしても「女性専用物件」を選ぶ事で必ず安心という訳でも無く、そこにはその地域の「治安」というのも大事になってきます。
 

東京での一人暮らし、女性は特に治安が気になる

「治安が良い」の条件は?

物件も大事ですが、何よりそこで生活していく「地域の治安」もとても大事です。一人暮らしをする上でやはり治安の良さは必ず確認しておきたいポイントです。
 

「東京って事件が多いよね?」と不安になる気持ちもわかりますが、犯罪の発生件数が多いからと言って一概に治安の良し悪しは図れません。
 

地域によって人口密度も変わりますから、人が多ければどうしても犯罪数も増えてしまいます。では、治安の良し悪しを確認する為にはどういった点をチェックしておくべきなのでしょうか。
 

治安を確認するポイント

  • 地域の防犯対策に力を入れているかどうか

地域の防災対策が活発に行われている地域というのは、行政・自治体・地域住民の防犯に対する意識が高いという事で、街もきれいに保たれています。
 

  • 昼夜問わず人通りがあり、外灯などが設置されているか

必ず事前に昼の雰囲気・夜の雰囲気を確認しておく事が大事です。昼は賑やかで明るく健全に思えても夜は外灯も無く人通りが全くないという環境の場合注意が必要です。
 

薄暗く人気の無い所というのは犯罪が起こりやすくなります。女性の一人歩きなどもってのほかです。
 

  • 犯罪に対する注意喚起の看板の量が多くないか

町全体を見た時に「ひったくり注意」「痴漢に注意」「空き巣に注意」「車上荒らしに注意」などの注意喚起の看板が多いという事はイコールそういった事例が多く発生している地域という事です。
 

注意喚起の看板の量は治安の良し悪しを見るにはもってこいの方法です。
 

  • 地域全体が健全かどうか

「割れ窓理論」という言葉があるように、街が汚く、そして暗く、盗難車などがあり、若者などがたむろするようなたまり場などがあるなど、そういった明らかに物騒な雰囲気の所では犯罪発生件数も増えると言われます。
 

あちこちにゴミが落ちていても誰も拾わない、落書きがあっても放置されている、そんな汚れている街はそれが治安の悪さを物語っている様なものです。
 

治安の良い街は、街の人の努力や協力によってきれいに保たれています。また、自治体などの防犯意識も高いと考えて良いという事です。
 

では、以上の条件から東京の中でも「治安の良い街」と思われている街をランキング形式で見てみましょう。
 

東京で一人暮らしをする女性におすすめ「治安の良いと感じる街」

1位 世田谷区 12.3%
2位 葛飾区  8.7%
3位 調布市  7.7%
4位 目黒区  6.7%
5位 国立氏  6.0%
5位 杉並区  6.0%
7位 練馬区  5.7%
8位 三鷹市  5.3%
9位 品川区  5.0%
10位 文京区  4.3%
 

マイナビ賃貸「東京で女性の一人暮らしにお勧めな治安の良い街ランキング(配信日時 2015.02.20)」
 

他にも、「中央区」は地域の防犯対策にも力を入れており、防犯対策の取り組みも23区内で1番と言われています。10位に入っている「文京区」は治安の良さでは有名どころ。
 

交番の数が多く歓楽街がない、学校が多いなどの特徴があります。その他「千代田区」や4位の「目黒区」も地域コミュニティのパトロールなどの防犯対策が積極的に行われているので治安は良いと言われています。
 

ネット情報の鵜呑みは危険!地域選びは慎重に

まずは何より気になる地域を「自分の目でしっかり見てみる事」がとても大事です。ネット上で人気のある「治安の良い地域」の場合、必ずしもその地域全域が平和とは限りません。
 

年齢や性別でライフスタイルや治安の感じ方も全く違います。ここでは住む地域を選ぶ際に治安の良し悪しプラス、チェックしておきたいポイントをまとめてみました。
 

しっかり見ておきたいポイント

  • 駅前の雰囲気と第一印象

駅周辺というのは街の雰囲気をみるのにもってこいの場所。ガラの悪そうな人がたむろしている、あちらこちらゴミや放置自転車だらけ、路上駐車が多いなどの場合は要注意。まだ何も先入観の無い時に受ける第一印象から見た雰囲気がその街の治安を物語っています。
 

  • 物件までの道のり

物件から最寄り駅までの道のりは必ず事前にチェックしておきましょう。薄暗く人通りも無いという場合は住み出してから犯罪に巻き込まれる可能性も高くなります。
 

  • コンビニやスーパーのまでの距離

自宅から最寄りのコンビニやスーパー、ドラッグストア、病院など、そこまでの距離や道のりもしっかり確認しておきましょう。駅付近の物件を選ぶなどして、必要最低限の施設が近くに揃っている環境に住めると安心です。
 

身を守れるのは自分だけ!東京の一人暮らしさんが気を付ける事

どんなに地域や物件に気を付けていても、自身がしっかり自分の身を守る行動をしていない場合は犯罪に巻き込まれる可能性は高くなります。しっかり日頃から防犯意識を持って行動する事が大切です。
 

  • 部屋のカギは費用がかかっても必ず交換する

カギを交換していない場合は、以前住んでいた人が自宅のカギを持っていると言っても過言では無い危険な状態です。
 

  • ドアスコープ(のぞき穴)はふさぐ

ドアスコープは中から覗く物として使いますが、犯罪者は外から覗いて中の様子を伺います。
 

  • 窓の周りに「女性物」とわかる物を置かない

窓の周りや、出窓などにかわいらしいぬいぐるみなどを置いていたりすると「女性が住んでいる」とアピールしている状態になります。
 

  • 窓を開けたまま寝ない

暑い日、エアコンはもったいないしと窓を開けて寝てしまいたい日もありますが、それで犯罪に巻き込まれたという事例はかなりたくさんあります。
 

眠っている状態というのはかなり無防備な状態。必ず窓は閉めるようにして下さい。
 

  • 夜は必ずシャッターorカーテンを閉める

外が暗い時、明るい部屋の中というのは案外丸見えです。シャッターがあるならシャッターを、無ければ「遮光カーテン」を閉めて中が見えないように心がける事が大切です。
 

  • 深夜に必要以上に出歩かない

外に出なければ防げる事はたくさんあります。夜は犯罪も起きやすいので必要以上に出歩かないようにしましょう。
 

  • 外で酔っぱらうのはNG

飲み会などは楽しい物ですが、酔っぱらってフラフラになるほど飲むのは危険。酔っ払いという事で目をつけられやすくなります。外でのお酒はたしなむ程度にしておきましょう。
 

  • 簡単にドアをあけない

突然インターホンがなっても、必ずすぐ開けてはいけません。そういう時の為のインターホンです。モニター付きインターホンなどがあるとより助かります。
 

最近は宅急便を装ったり、業者を装って訪ねてくる犯罪者もいますので、知らない人の場合は極力ドアをあけないようにしましょう。
 

  • SNSに個人情報をアップしない

最近は「Facebook」や「Instagram」など、スマホで気軽に写真をアップしたりできるSNSが流行っていますが、その写真の些細な情報をたどって個人情報が割り出されたりして起こる犯罪が増えています。
 

住んでいる所の外観や、部屋の窓から見える景色などを写し込まないように気を付けましょう。
 

  • 洗濯物の干し方に気をつける

洗濯物を干す際は女性の一人暮らしという事がわかりにくい様に工夫するのも防犯上効果があります。
 

男性物の下着やTシャツなどを一緒に干したり、バスタオルなどの大物で洗濯物を隠すように干したり、下着は室内に干すなどの工夫をしましょう。
 

  • 無防備に部屋に入らない

部屋に入るタイミングというのは無防備なタイミングです。実は部屋に入る時に襲われるケースは実際に起こっています。部屋に入る時は近くに不審な人などが居ないか確認してからカギを開けるようにしましょう。
 

また、一人でも「ただいま」と声を出す事で「室内に誰か他の人間がいる」と思わせる工夫になります。
 

  • 郵便物を郵便受けに貯めこまない

郵便受けに郵便物を貯め込む事で個人情報を持ち出される危険性があります。届いたものはこまめに片付けるようにしましょう。
 

まとめ

東京での女性の一人暮らし、不安は尽きません。女性の場合はどうしても男性より犯罪に巻き込まれやすくなっているのが現状です。また、東京というのはただでさえ色んな人がいます。
 

一人暮らしをするにはしっかり自分の身を守らなくてはなりません。住む場所、地域には最善の対策を行い、日々高い防犯意識を持って行動していれば犯罪に巻き込まれる可能性も低くなります。
 

せっかくの東京での一人暮らし、楽しい事もたくさんあります。どうせならいっぱい楽しんで満喫したいですよね。しっかり防犯対策をして、より良い一人暮らしライフをお送りくださいね!
 

Sponsored Links