引っ越し 初期費用 節約

 

 

ワクワク楽しみな引っ越しですが、頭を悩ませるのはその費用。一概に「引っ越しにかかる費用」とはいっても、実はその中には様々な費目があります。
 

賃貸への引っ越し、マイホームへの引っ越しの違いでも必要な費目は変わり、その金額はとても高額になります。できるだけお得に、賢く、節約しながら引っ越ししたいですよね。
 

今回は「引っ越しの初期費用」について、節約方法から引っ越しの相場まであれこれまとめてみました。
 

Sponsored Links

賃貸への引っ越しにかかる初期費用とは

引っ越しとはお金がかかるものですが、引っ越しの際に必要となる「初期費用」という物はいったいどのような費用なのでしょうか。
 

賃貸への引っ越しに必要な3つの費用

初期費用には次の3種類の費用が必要となります。
 

  • 部屋を借りる為の費用
  • 生活するのに必要な物を買い揃える費用
  • 引っ越しをするのに必要な費用

基本的に大きな出費となるのが「部屋を借りる為の費用」です。
 

部屋を借りる際に支払う初期費用は、一般的に「家賃の6倍」の費用がかかると言われていますので、例えば家賃が5万円の物件の場合、30万円は必要となってくるという訳です。
 

部屋を借りるだけなのに、とても高額になってしまいますよね。では、その内訳を確認してみましょう。
 

「部屋を借りる為の費用」内訳

  • 敷金…家賃1~2ヶ月分
  • 礼金…家賃1~2ヶ月分
  • 前家賃…最長2ヶ月分程
  • 火災保険…1万5000~2万円程
  • 鍵交換費用…1万~2万円程
  • 仲介手数料…家賃1~2ヶ月分

基本的に初期費用に含まれる項目の金額は、「契約する物件の家賃」によって大きく変わってきます。ですから家賃が安ければ総額も少なくなりますし、高い家賃の場合は高くなっていきます。
 

後は、「部屋を契約する為の費用」以外の「生活するのに必要な物を買い揃える費用」「引っ越しをするのに必要な費用」を合わせた総額が賃貸への引っ越しにかかる初期費用となってきます。
 

賃貸への引っ越しはこうやって初期費用を抑える

引っ越しの時に、1番大きな痛手となる初期費用。「仕方ないか」で全額を払うより、ちょっとした工夫で少しでも金額を節約できるなら、それに越したことはありません。
 

ここでは賃貸物件への引っ越しの際にかかる初期費用の節約ポイントをまとめました。
 

敷金・礼金ゼロ物件で抑える!

特に狙い目は「礼金ゼロ物件」です。敷金とセットで考えられる事がおおい礼金ですが、礼金は敷金と違い「大家さんへの挨拶・お礼代わり」として渡すお金のことです。
 

近年、礼金ゼロの物件は増えつつあり、大家さんにとっても「空室が続くより礼金ゼロにする事で入居が少しでも増やしたい」というメリットがあります。
 

仲介手数料ゼロ物件で抑える!

最近多いのは「仲介手数料ゼロ物件」。貸主(オーナー)が部屋を埋める為に自ら仲介手数料を支払っている為「無料」となっている物件もあります。
 

また、不動産会社が所有している物件を選べば、仲介手数料は不要です。本来仲介手数料というのは、借主と貸主を仲介するから発生するものですから、不動産屋が貸主の場合は仲介作業が発生しません。
 

フリーレント物件・UR賃貸住宅を選んで抑える!

フリーレント物件というのは入居1~3ヶ月程の家賃が無料になります。契約期間にしばりがあるので、期間内の退去は違約金(家賃1~2ヶ月分程)が発生しますので要注意。
 

また、公的機関が貸主となるUR賃貸住宅などは礼金がかかりません。公的融資(公庫融資、年金融資、財形融資、地方自治体融資)などを利用している賃貸物件は公的機関が貸主となります。
 

公的機関の場合は礼金を受け取ってはならない決まりになっています。
 

引っ越し時期は閑散期(平日)で抑える!

引っ越しにかかる初期費用の中で賃貸契約の次にお金のかかる引っ越し代。業者にとって繁忙期となる春や秋はどうしても値段が高くなりがちです。
 

閑散期と言われる6~8月や12月頃の、更に平日を利用する事で値段は半額近く抑えられることも。しっかり見積もりをとり、早期割引やネット割引などを上手に使って安くおさえましょう。
 

礼金・仲介手数料・カギ交換費は交渉で抑える!

不動産屋にとって閑散期となる時期は特に、交渉がおすすめ。交渉するのは無料ですから、ダメもとでもチャレンジする価値ありです。
 

どうしても値下げできない物とか違う費用の、礼金・仲介手数料・カギ交換費あたりが狙い所です。
 

特に長い期間埋まっていない物件や、駅から遠い、交通の便が悪い、築年数が古いなどの物件の場合交渉あるのみです。
 

火災保険(家財保険)は自分で選んで抑える!

不動産会社から紹介されそのまま加入しがちな賃貸向けの火災保険ですが、不動産会社の定めている条件を満たすものであれば自身で保険会社を選べます。
 

中には割安な保険料で加入できるものもあります。そして、初期費用の中に含まれる保険料数万円をカード支払いへとまわす事もできる場合があるので、初期費用を少し安くすることもできます。
 

「敷金ゼロ物件」の落とし穴!初期費用高くなってるかも!?

「初期費用を節約しようと思ったのに、結果的に高くなってる!」という方が陥りがちな失敗というのは、「敷金ゼロ物件」のからくりを知らずに選んでしまったというケース。
 

「ゼロ」と見ると心躍りますが、実は敷金には気を付けたい落とし穴があります。
 

敷金ゼロの落とし穴

とてもお得に感じる「敷金ゼロ物件」ですが、実はお得なケースとは限らない場合も多いのです。
 

敷金ゼロの場合のほとんどが保証会社へ加入の必要があるものが多く、他にも「鍵交換代」「クリーニング代」「入会金」などが発生する物件があります。
 

敷金や保証料というのは、万が一家賃が支払えなくなった場合に立て替えを行う為に必ず加入します。
 

敷金の場合は退去時に目立った汚れや、不注意で壊したりなどが無ければ戻ってくるものですが、保証料は戻りません。
 

また、定期的に更新料がかかります。初期費用を安くすることだけ考えれば「敷金ゼロ」がお得ですが、長期で考える場合はどちらがお得か要検討すべきですね。
 

敷金ゼロになる物件の特徴

  • 人気が無い物件

特に交通の便が悪かったり、住環境などに問題がありなかなか選ばれにくい物件の場合は初期費用を安くすることで目に付くようにされる事があります。
 

初期費用が安いという事で学生が増え夜のバカ騒ぎがうるさい物件や、住民の質が極端に悪い物件もあり、なかでは水商売の拠点や寮代わりとして使われている事も。
 

  • 退去時の修繕費用は全額自己負担

本来は敷金からまかなわれる退去時の修繕費用ですが、敷金ゼロの場合は全て自己負担です。
 

また、クリーニング代などの費目で入居時や退去時に請求される可能性があり、結局敷金代より高くつく場合も
 

  • 家賃が相場より高い

「敷金ゼロ」の場合は通常の家賃相場より1~3万円程高くなっているケースも。
 

この場合、敷金を払っているのと同じくらいの出費ですが、敷金のようにお金が戻ってくる可能性はゼロになり長く住めば住むほど損してしまいます。
 

  • 違う名目で同額を請求される

前項でも少し述べましたが、「カギ交換代」「クリーニング代」「入会金」「保証金」などの名目で敷金と同等の金額を別名目で請求される場合があります。
 

  • 入居時の条件が厳しい

部屋を中途解約するときに違約金が発生する、カギの交換代が必須条件になったりと厳しい条件での契約になる場合があります。また、少しでも家賃を滞納してしまうと最悪の場合は退去勧告を出される事も。
 

中には本当にお得な「敷金ゼロ物件」もありますが、多くの「敷金ゼロ物件」は知らず知らずに別の費目で敷金分をまかなっているものです。
 

中には実際の所敷金を払う以上に出費をしていたり、長い目で見た時損をしてしまう事もありますので、「なぜ敷金ゼロなのか」という事を不動産屋の担当者や、大家さんなどに確認する事が大事かもしれませんね。
 

知ってた?賃貸への引っ越しの初期費用は分割可能に

引っ越しの初期費用といえば、現金一括支払いの印象が強く、「引越しの為にお金をためないと」「お金の工面どうしよう」と何十万円のお金を準備する為に悪戦苦闘している人がたくさんいます。
 

また、資金不足の為本来狙っていた引っ越し時期を見送らなくてはならない人もいるでしょう。
 

しかし、なんと最近では「初期費用をクレジットで分割払いできる不動産屋」が増えてきているのです。まとまったお金が無いけれど、どうしても引っ越しをしなくてはならない人には朗報ですね。
 

賃貸住宅業界を揺らした「大東建託」

もともとは現金一括が普通だった初期費用の支払いですが、大手の「大東建託」が「初期費用のクレジットカード払い」の導入や、「分割払い」「リボ払い」にも対応するシステムを導入しました。
 

また、2014年11月には家賃の支払いもクレジット可能となり、借り手には助かるシステムとなっています。
 

大東建託の他にもクレジットカード決済可能業者は増えており、中にはメールやSMS、スマホアプリなどを使ったオンライン決済システムの導入も始まっています。
 

初期費用の現金一括の負担が大幅に減り、更に借り手には「ポイントも溜められる」というメリットもあります。
 

カード払いにするメリットは?

  • 現金支払いを軽減できる

引っ越しをする時は何かと大きな出費から細かい出費まで、現金の出費がかさみます。ただでさえ初期費用の金額は高く、引っ越しにかかる費用は大きい物です。
 

カード払いにする事で「リボ払い」「分割払い」という選択も増え、自身の懐事情に合わせて支払いペースを調整する事が出来るのは助かります。
 

分割にするとかかる金利などもリボ払いなら前倒して返済も可能になるので金利の負担を減らすなどの工夫ができます。
 

  • カードのポイントがたまる

初期費用や家賃などは、まとまった大きな金額で引き落とされていくものです。その分クレジットを使えば、カードのポイントを貯める事ができます。
 

ポイントやマイルを貯めて商品と交換したり、買い物をしたりと楽しみが増えます。
 

カード払いの注意点

  • 家賃の引き落とし日に注意

各カード会社に締日がありますから、カードの引き落とし日に合わせて資金繰りをしておきましょう。
 

不動産会社への家賃支払いの場合、家賃の振り込みが遅れてしまってもすぐに連絡をすれば調整してもらえますが、カード会社の場合は遅延が効きません。
 

何度も引き落とし日にお金が引き落とされなかった場合は最悪ペナルティとしてカードが使えなくなるという事にもなりかねませんので、カード支払いの場合はしっかりとした資金繰りが必要です。
 

  • 金利に注意

カードで分割やリボ払いの場合、その場の出費に関しての負担は減りますが、その分金利がかかっている事を認識しておく必要があります。
 

金利の支払いは無駄金ですから、例えば、初期費用の一部は現金で支払うなどしてできるだけ金利を減らす工夫をする事で金利の負担を減らしましょう。
 

マイホームへの引っ越しにかかる初期費用とは

前項では「賃貸への引っ越しにかかる初期費用」を記載しましたが、引っ越しは賃貸だけではありません。
 

マンションやマイホームを購入した際にかかる初期費用は物件の代金以外にもまだまだ諸費用がかかります。
 

マイホームへの引っ越しに必要な3つの費用

  • 物件の頭金とは別に必要になる費用
  • 生活するのに必要な物を買い揃える費用
  • 引っ越しをするのに必要な費用

賃貸とは変わって購入した物件のローン以外にも必要になる諸費用がとても多いのです。では「物件の頭金とは別に必要になる費用」の内訳を見てみましょう。
 

「物件の頭金とは別に必要になる費用」の種類

  • 家を買う契約をするときにかかるお金/印紙税
  • ローンを借りるときにかかるお金/保証料、融資手数料、団体信用生命(団信)保険料(フラット35の場合)
  • 登記にかかるお金/登録免許税、司法書士への手数料
  • 火災保険にかかるお金/火災保険料、地震保険料(地震保険は任意)
  • 買ったときにかかる税金/不動産取得税
  • 物件別にかかるお金/修繕積立基金、仲介手数料、固定資産税などの精算費用(中古住宅などの場合)

SUUMOジャーナル「マイホーム購入の初期費用、頭金とは別にいくら必要?」より
 

基本的に購入した物件種別によって項目も様々ですが、大きく分けるとこの6種類となります。
 

頭金を除く初期費用の目安は「新築一戸建てや中古なら販売価格の6~8%、新築マンションは3~5%」が目安と言われています。
 

例えば仲介会社を通し、更に銀行ローンを組んで3000万円の新築建売戸建て物件を購入した場合は、おおよそ220万円~230万円の初期費用がかかってきます。
 

中でも仲介手数料が1番大きく、100万円程かかります。物件購入の頭金とは別にかなりのまとまったお金が必要なんですね。
 

マイホームへの引っ越しの諸費用をおさえて初期費用を節約しよう!

マイホームの購入代にこれから続くローン、引っ越し代、新しい家具家電などなど何かとお金が大きく動くときですから、少しでも節約できるなら節約したいものですね。
 

では、マイホームへの引っ越しの初期費用をおさえるポイントを確認してみましょう。
 

司法書士代を節約

マイホームへの引っ越しの際の様々な手続きは不動産会社に紹介される司法書士によって処理されますが、その登記費用にも料金がかかっています。
 

その料金は一律ではありませんので、諸費用を抑えるポイントとしては自分で司法書士を探すのもひとつ。
 

最近ではインターネットで簡単に探す事もできますので、しっかりと見積もりをとって節約につなげれば初期費用の節約になります。
 

火災保険料を節約

賃貸物件も同じですが、不動産会社から紹介される火災保険や地震保険などを自分で選ぶ事で節約につなげる事ができます。
 

自身の住む物件に合わせて無駄な保障を省くなどする事で諸費用にかかる費用を抑えましょう。
 

ローン斡旋手数料を節約

住宅ローン斡旋手数料というのは不動産会社に住宅ローンの手続きをサポートしてもらう際に必要になる料金ですので、金融機関の住宅ローン相談会などに参加し自身で住宅ローンの手続きをしてしまえば斡旋手数料はゼロにする事ができます。
 

一般的に、「諸費用」とは住宅購入費の約5%かかると言われています。ちょっとした情報と知識、あとは「自分で調べる」などの努力で上手に節約できるといいですね。
 

「引っ越し」にかかる費用の相場は?

ここまでは「初期費用」に関して記載してきましたが、ここでは「引っ越し料金」に着目してみましょう。
 

引っ越し料金って各業者によって金額に差がありますが、どのような内容から算出されているのでしょうか?
 

引っ越し料金の計算方法

引っ越しにかかる料金というのは、「基礎運賃」と「実費」によって算出されています。そこにオプションサービスを利用した場合の料金も加算される場合もあります。
 

「基礎運賃」は移動距離と移動時間によって定められている料金で、国土交通省の約款や行による約款に基づいた金額となります。
 

またトラックのサイズも基礎運賃に含まれ、荷物の量でかわります。変わって、「実費」は人件費や資材費、有料道路を使った場合などの交通費などによって変動する費用です。
 

算出方法としては、「基礎運賃」+「実費」+「オプションサービス代」という事になります。
 

オプションに関しては各業者によってサービスの有無や料金も変わってきますので、複数の業者にしっかりと見積もりをとってお得な業者に依頼できれば引っ越し代も少し節約できますね。
 

また、以下のサイトで「引っ越しの見積もり相場シミュレーション」をする事ができます。
 

★単身・家族引っ越しの見積もり相場シミュレーション
 

引越し侍「引っ越し費用の相場と料金の目安」より
 

引っ越し費用の相場

引っ越しの相場といっても、様々な条件によって大きく金額が代わります。例えば時期、利用するサービス、単身か家族、荷物の量、移動の距離などが金額を上下します。
 

単身者の場合、荷物が少なく「単身パック」などの利用での引っ越しの場合、遠方だとしても5万円以下が相場となります。
 

逆に、3人以上の家族の場合、距離が15km未満だったとしても8万円~の費用がかかるのが一般的です。かなり遠方への引っ越しの場合、20万円近くになる事もあるので見積もりは念入りに行う必要があります。
 

引っ越し平均金額ランキング

引っ越しの費用は気になる所。様々な情報サイトで「繁忙期は高い」と書かれていますが、引っ越しの繁忙期とはいつなのでしょうか。
 

あるアンケートにより引っ越し代が高い順のランキングが発表されています。
 

★引っ越し平均金額 金額が高い月ランキング
 

※単身・夫婦・ファミリーでの引っ越しが対象
 

1位 3月 14万2548円
2位 4月 12万7000円
3位 7月 9万9623円
4位 8月 9万4991円
5位 12月 9万4206円
6位 5月 9万4055円
7位 9月 9万1304円
8位 10月 9万1084円
9位 6月 9万276円
10位 2月 8万9590円
 

【SUUMO引越し】「みんなの引越し実態調査 引越し費用はいくらかかった?」より

以上のような結果となっています。やはり引っ越しのシーズン、3月4月というのが上位を占めました。続いて長期休みのある7~8月、12月、GWのある5月が入っています。
 

8月というのは賃貸探しの点で言えば閑散期と言われますが、ファミリーなどの引っ越しの場合はお子さんの休みに合わせてというのが多い様子。
 

賃貸の場合、不動産屋の閑散期である12~1月頃に引っ越しを合わせるのが1年の中では比較的安くおさえられる時期かもしれませんね。
 

時期別にみる引っ越しの相場

引っ越し料金は様々な条件で大きく上下します。その中でも1番差が大きくなるのが「オフシーズンと繁忙期の違い」によるものです。
 

今回は1番混み合う時期(3~4月)を繁忙期歳、残りの時期を閑散期としています。では、シーズンごとの相場を確認してみましょう。
 

★オフシーズンの相場(5月~2月)
 

  • 近距離(50km以内)

単身者 43,595円
家族(3人) 63,580円
 

  • 中距離(100km以内)

単身者 56,775円
家族(3人) 73,050円
 

  • 長距離(300km以内)

単身者 74,112円
家族(3人) 139,260円
 

★繁忙期の相場(3月~4月)
 

  • 近距離(50km以内)

単身者 56,674円
家族(3人) 81,850円
 

  • 中距離(100km以内)

単身者 73,080円
家族(3人) 94,750円
 

  • 長距離(300km以内)

単身者 96,346円
家族(3人) 173,345円
 

「【知ってビックリ!】引っ越し費用の相場って安いの?」より
 

この様に繁忙期と閑散期では5万以上の違いが出ます。引っ越し時期を自由に選ぶ事の出来る場合であれば、様子を見ながら時期をじっくりと考える必要がありますね。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。引っ越しにかかる費用は住居に関する物にかかる費用の割合が大きく、賃貸・マイホームに関わらずしっかりと節約をこころみる事で少しずつ費用を抑える事は可能です。
 

節約する為にはまずは「何の費用をどう抑えるのか」「どういった事であれば交渉可能なのか」「時期やタイミングはいつが良いのか」などの情報を自分自身が知識として持っておく必要があります。
 

できるだけ賢く引っ越しをして、新生活にまわすお金を増やす事ができれば引っ越ししてからの楽しみも増えますね。
 

引っ越しに必要な出費は大変大きな出費ですから、言われるがまま契約・手続きするのではなく自分で判断・納得して対応していければ理想ですね。
 

Sponsored Links