引っ越し 荷造り

 

 

一人暮らしさんにも突然やってくる「引越し」。
 

初めての一人暮らしを予定している人、転勤で引っ越しをする人、大学を卒業するにあたって引っ越しをする人など、様々な理由で引っ越しのタイミングは突然やってきます。
 

一人暮らしの場合、コツも知らずに一人で物事を進めていくのはとても大変。今回は一人暮らしさんの荷造りに役立つ情報をまとめてみました。
 

Sponsored Links

引っ越しの荷造り、必要な物・あると便利な物

引っ越しの荷造り、楽しい一人暮らしがやってくる前の大作業です。荷造りを効率的に進める為に、必要なアイテムを揃える事から始めましょう。
 

引っ越しの荷造りにあると便利な必要な物

  • ガムテープ

手伝ってくれる人がいるなら人数分準備すると便利
 

  • 養生テープ

緑色のあとからはがせるテープ。ホームセンターなどで販売しています。電化製品や食器棚の扉や引き出しの仮止めに必要になってきます。
 

  • マスキングテープ

小物や雑貨などのばらつきなどを防ぐのにあると便利です。いちいちひもで結ぶのは面倒で手間がかかりますから、マスキングテープが楽です。
 

  • 油性マジック

段ボールなどに中身を記入する時に使います。2色ほど購入しておきましょう。
 

  • 圧縮袋

かさばる布類やタオル、クッション、ぬいぐるみなどをコンパクトに梱包できます。最近では100均でも手に入ります。
 

  • 布団袋

布団以外にもかさばるタオルや洋服などを詰め込むのに便利。
 

  • 新聞紙

割れ物をつつむのはもちろん、箱の中の隙間を埋めるのにも重宝します。隙間があると中の物が割れたり壊れたりしてしまいます。
 

  • ゴミ袋

引っ越しの荷造りをしている時に一緒にゴミもたくさん出ます。また、こういったタイミングでないと断捨離もできませんから、ゴミ袋は用意しておきましょう。
 

また、洗剤など中身(液体)の入った物をそのまま箱に入れると漏れ出す危険性があるのでゴミ袋にくるんで梱包しましょう。
 

  • 小さいナイロン袋

細かい物を箱詰めするときに役出します。アクセサリーなどをそのまま箱に入れると無くしてしまったり壊れてしまう原因になりますので、小さい袋にいれてから梱包するといいでしょう。
 

また、分解した家具類のねじなどの紛失も予防できます。
 

  • 軍手

何かと汚れたり、箱を触る事で手を切ったりすることを防ぐ為に軍手があると役立ちます。滑り止め付きがおすすめです。
 

  • はさみとカッター

テープ類をカットするのに使います。
 

  • ぞうきん

片付けている最中にほこりまみれの物も出てきますし、片付けの済んだ場所というのはかなり汚れておりほこりもたまっています。できるだけたくさん準備しておくと役立ちますよ。
 

買わなくても古くなったタオルなどで代用するのもひとつ。
 

  • ロープやひも

ほうきや傘、物干しざおなどの段ボールに入らない物を束ねたりするのに役立ちます。
 

  • 段ボール

★必要な段ボールの目安
 

段ボールは一人の引っ越しに10枚~20枚が標準です。
 

★段ボールは賢くゲットしよう
 

  • 引っ越し業者の見積もり時に段ボールをつけてもらうよう交渉する

本来別料金で段ボールを購入する必要がある段ボールですが、最近では段ボール付きの引っ越しプランなどもあります。
 

見積もり時に「段ボールサービスしてもらえませんか?」と問い合わせしてみるのもオススメ。聞くのはタダですから。
 

引っ越し屋さんも、段ボールだけで数万円もする引っ越しの注文をもらえるならサービスしてくれる可能性もあります。「ダメ元」でも交渉してみる価値は大いにあります。
 

  • お店でもらう

スーパーやドラッグストアなどでは毎日大量の段ボールが廃棄されていますので、問い合わせしてみればまとまった量をもらえる可能性があります。
 

ただ、スーパーなどの段ボールは、物によっては薄く破れやすい物や弱い物がありますので注意が必要です。家電量販店などが近くにある場合は丈夫な物が多く大きい物もあります。
 

ホームセンターやドラッグストアの場合はトイレットペーパーや洗剤などの箱が比較的丈夫に作られています。様々なタイプの段ボールがありますが、引っ越しの梱包に向いているのは「重たい物が入っていた箱」です。
 

一人暮らしさん必見!荷造りのコツとテク

段ボールの大きさをうまく使い分けよう

  • 小サイズ

本、瓶・ガラス・食器などの割れ物、筋トレグッズなど重い物。
 

  • 中サイズ

鍋ややかん、大きめの雑貨類、小型の電気製品など
 

  • 大サイズ

洋服や小物類、布団やクッションなど大きくてかさばるが軽い物
 

普段使わない物から荷造りする

今のシーズンのもの以外の物・使っていない物から荷造りを始めると効率的です。
 

また、使っていない物は「いるかいらないか」を考えながら進めると断捨離もでき、不要な物は早め早めに処分する事ができます。
 

新居での家具の配置をイメージしておく

引っ越ししてから「あれをどこに」「これをどこに」と考えるのはとても大変。また大きな家具は自分では動かせませんし、ただでさえ段ボールが多い状態で大きな家具の移動は現実的ではありません。
 

引っ越しまでにどこに何を置くというイメージをつけておいて引っ越しの時の業者さんにその場所に置いてもらうのがベスト。
 

段ボールには「中身」「どの部屋に置くのか」をわかりやすく記入する

引っ越し先では、その荷物を置く部屋ごとに段ボールを置いていきます。その為、「キッチン」「寝室」などどの部屋におく荷物かという事を箱に描いておくとスムーズに引っ越し作業が進みます。
 

家電製品などの配線には目印をつけておく

誰しもが電化製品に強い訳ではありませんので、一度外してしまうと引っ越し先でどこに何をつなぐのかわからなくなってしまう危険性があります。
 

色つきのビニールテープやマスキングテープやシールなどでわかりやすく印をつけながら外していけば、今度接続し直すときに助かります。
 

冷蔵庫や洗濯機は前日までに水抜きをしておく

引っ越しが近づいて来たら新しく保管する食材を買い足すのをストップし、前日にはコンセントが抜ける状態にしておきましょう。洗濯機も同様です。
 

引っ越し当日から使うアイテムはひとまとめに

引っ越した日の事って案外意識せずに梱包してしまいがちですが、当日ももちろんその部屋で生活をする訳ですから、たちまち使いたい物は別の箱にひとまとめにしておくのが理想。
 

そこで必要になってくるのが「お風呂・洗面関係」「寝具関係」「翌日使う物」です。分かりやすくその箱さえ開ければ大丈夫という状態にしておくと助かりますよ。
 

★当日から使いたいもの
 

  • お風呂、洗面関係

シャンプー、ボディーソープ、石鹸、歯磨き粉、歯ブラシ、洗顔料、ひげそり、ドライヤー、タオル、バスタオル、足ふきマット
 

  • 寝具関係

カーテン、まくら、布団、目覚まし時計
 

  • 翌日使う物

着替え、靴、化粧品、スキンケア用品
 

  • 当日使えるようにしておきたいもの

トイレットペーパー、ティッシュ、ゴミ袋、ぞうきん、電気延長コード
 

引っ越しの荷造り、箱詰め時のコツ

荷造りの際、「あれ?これはどう梱包しよう」と感じる事の多いアイテムはたくさんあります。それぞれの梱包の仕方をまとめてみました。
 

割れ物の扱い方

割れ物は面倒でも1つずつ新聞紙などで包みましょう。むき出しの割れ物同士がぶつかる事で割れる可能性はぐんとあがります。箱の上下左右にもクッションになる紙やタオルなどを敷くようにしましょう。
 

食器(皿やグラス)の詰め方

手間はかかりますが、1枚ずつ紙で包みましょう。皿の場合は横にして重ねるより、縦向けに並べて詰める事で割れを防ぎやすくなります。グラスは特に割れやすく、しっかりと紙や緩衝材で包みましょう。
 

また、割れ物の入っている箱には「割れ物」とわかるように油性マジックで記入する事も大事です。
 

大事な服がある

お気に入りの一張羅や、礼服やドレスなど、畳んで段ボールに詰めるのが心配な洋服は、引っ越し業者から「ハンガーボックス」というのを購入しそれで梱包するのがおすすめ。
 

大事な限られた数枚の服だけ利用するなら費用も手間もそれほどかかりません。
 

かばんやくつは、もともとの箱を使わない

買った時についていた箱に入れて梱包しようとする人が多いのですが、箱の数が増えてしまいかさ張り非効率的です。
 

くつもかばんも、思い入れのあるものや大事なもの以外は緩衝材で型崩れしないように気を付けながら一緒に段ボールに入れて梱包しましょう。
 

白い靴やかばんなどはきれいなビニール袋などで包むなどして色移りに気をつけましょう。(ビニール袋に長期間入れておくとカビのもとになりますので、引っ越し後はすぐに出しましょう)
 

スプーンや箸はひとまとめにして

スプーンやフォーク、ナイフに箸などは結構たくさんあり、ばらけますので小箱やビニール袋にまとめて入れる方も多いのですが、輪ゴムやマスキングテープでわかりやすくまとめひとまとめにしておけばちらかる事も無く扱いやすいです。
 

特にお箸は引っ越してすぐ使うアイテムですから、わかりやすく箱に梱包しておくと便利です。
 

包丁は危なくないよう万全に

カバーがついているものは少ないので梱包にも気をつかいますね。包丁は段ボールなど硬い物でしっかりと固定し、周りを緩衝材などで包んでおきましょう。
 

本は重いから小分けして

本はついつい1つの大きめの箱にまとめて入れてしまいがちですが、それをしてしまうと持ち上げられなくなってしまいます。本は小さいサイズの段ボールに入れるのがコツ。
 

石油ストーブの灯油は危険物

一人暮らしの強い味方、石油ストーブですが中に灯油が入ったままの場合は危険物扱いとなり輸送ができませんので、必ず中身は使い切っておく事が必須です。乾電池も外しておきましょう。
 

中身(液体)の入っているボトルや瓶はこぼれても良いよう工夫する

使いさしの洗剤や、のみかけのワイン、調味料など、引っ越しの際「捨ててしまおうか」と頭を悩ませる物たちも、捨てるくらいなら上手に梱包して持っていきたい所。
 

こぼれやすい物はジップロック、蓋がしっかりしているものはゴミ袋やビニール袋に入れて運べば万が一こぼれてしまっても安心です。
 

一人暮らしさんの荷造りのコツは「やりがちな失敗例」を知る事

一人暮らしさんは基本的に引っ越し準備を一人でしなくてはなりません。
 

誰かに手伝ってもらえる人ばかりではないので、しっかりと準備を進めていきたい所です。良くある失敗例を確認し、「やってしまった」という事を未然に防ぎましょう。
 

当日になっても荷造りが終わらなかった

1番やりがちな失敗は「時間が足りず荷造りが終わっていない」という失敗例。引っ越し業者はタイトなスケジュールで動いている為、仕事が押してしまうと一大事。迷惑をかけないで済むように早目の荷造りを進めていきましょう。
 

荷造りの時はついつい思い出の品が出てきて思い出にふけってしまい手が止まりがちですが、思い出に浸るのは引っ越してからにしましょう。他にも様々な失敗例があります。
 

  • 予定の時間までのんびり寝ていたら寝過ごした
  • 荷造りした箱が重すぎた
  • どの箱に何を入れたかわからなくなった
  • 中で何か漏れていた
  • 食器棚や家電にテープの跡がついた
  • 忘れ物をした
  • 単身パック利用時に当日容量オーバーで追加料金がかかった

全て「引越しあるある」な失敗ばかりです。忘れ物で多いのは自転車や物干しざおなど部屋の外にある物が多い様子。
 

いずれもギリギリで引っ越しをやってしまおうと思うと起こりやすい物ばかりですから、引っ越しの日取りがわかった時から計画的に準備を進め抜け漏れの無いようにチェックする事でよくある失敗を防ぎましょう。
 

一人暮らしさん、引っ越し後の荷解きのコツ

実は引っ越し準備よりも手間がかかり面倒くさいのが「荷解き」です。適した順序で荷ほどきをしなかった場合、あたりがしっちゃかめっちゃかになってしまう恐れも。
 

片付くまでの時間が長ければ長いほど引っ越しの疲れはピークに。できるだけ早く片付けて新居でゆっくり体を休めたいですよね。
 

組み立てが必要な大物家具などは人がいるうちに

まずは大きな家具家電を運び込みます。その際に引っ越し業者やお手伝いに来てくれた人がいるうちに組み立てて設置してしまいましょう。
 

一人でやるのはとても大変。また家具が設置されれば他の雑貨や小物類も片づける場所ができます。
 

荷物の箱はそれぞれ「置く予定の場所」へ

運ばれてきた10箱以上ある荷物の段ボールを一つの部屋に固めて置いてしまうのはNG。できる限りその箱の中身を置く予定の部屋に置いてもらうように業者にも指示できるようにしておきましょう。
 

その為には箱へのわかりやすい記入が必要不可欠になります。中に入っている物を記入する以外に、「寝室」「キッチン」「リビング」など、置いてほしい部屋の名前を記入しておくとスムーズです。
 

荷造り時に準備した「荷造りアイテム一式」はすぐ出せる所に

理想は手荷物で持っていく事ですが、移動時にかさ張る場合はすぐに出せるように、どの箱に入れたかなどをしっかり把握しておきましょう。荷解きにも必要なアイテムとなります。
 

すぐ使う物は手前に

当日使いたい予定の物などはまとめてひとつの箱にいれてしまい、業者にも「それは手前に置いておいてください」と伝えるようにしましょう。
 

たちまち必要な物がなかなか見つからない、奥にあって取り出せないとなるととても大変です。
 

片づける時は、1つずつ箱を開ける

荷物を開け始めるとあれこれ段ボールを開けてしまいがちですが、1つずつ中身を片付け、終わった段ボールは折りたたんで片付けるという手順をとらなければ部屋はいつまでも片付きません。
 

少しずつでも段ボールをなくしていく事で作業スペースの確保もできより効率的に荷解きができます。
 

★引っ越し後の不要な段ボールはどうすればいいの?

引っ越しが終わった後、何十個も不要な段ボールが出てしまいとても邪魔になります。
 

業者によって条件が変わりますが引っ越ししてから決められた期間内であれば無料でひきとってもらえる「段ボール引き取りサービス」を行っている業者もありますので、そういったものを利用するのもひとつです。
 

引っ越しの見積もり時に「引き取り可能か?」という事を確認しておくといいですね。
 

まとめ

何かと労力がかかる引っ越し。考えるだけでも疲れてしまうのに、スムーズに事が運ばないと更に疲れがたまってしまいます。
 

引っ越しを如何にスムーズに行うかというのは、ほぼほぼ「事前の準備」にかかっています。引っ越し後の事をしっかり予想しながら準備を進める事がとても大切なんですね。
 

たかが荷造り、されど荷造り、荷造りの仕方一つで手間のかかり方が大きく変わりますので、ポイントをしっかり押さえて効率よく作業を進めたいものですね。
 

Sponsored Links