引越し 断捨離

 

 

引っ越しが決まったら始まる荷造りと身の回りの整理整頓。今まで住んでいた所というのは、何かと物が増えて気付かないうちに不要な物が膨大な量になってしまっていたりするものです。
 

引っ越しの際にする荷造りは、身の回りの不要な物や本当に必要な物かを見極めるチャンス。そしてできるだけ身軽になって新生活をスタートさせたいですね。
 

今流行りの「断捨離」のコツを知って、効率よく作業を進めてみませんか?
 

Sponsored Links

引っ越しでスッキリ、「断捨離」とは

今や誰しもが聞いた事のある「断捨離」という言葉。どんどん部屋に物が増えて行き、「断捨離」したいな、「断捨離」しなきゃな、と考えている人も多いのではないでしょうか。
 

そもそも、断捨離とはどういうものなのでしょうか?
 

断捨離とは

「断捨離(だんしゃり)とは、不要なモノなどの数を減らし、生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のこと」
Wikipediaより

これだけじゃちょっとわかりにくいかもしれませんが、漢字一文字ずつを見ていくとイメージしやすいです。「断捨離」とはヨガの考え方を応用した整理法の事で、
 

  • 『断行(だんぎょう)』…不要なものを断つ(買わない)
  • 『捨行(しゃぎょう)』…必要ないものを捨てる
  • 『離行(りぎょう)』…モノへの執着から離れる

という意味を持っています。要は、「不要な物を増やさず、本当に必要で大事な物のみ以外の不要な物は捨て、もったいないと物に執着せず、お気に入りの物に囲まれる事」という意味ですね。
 

断捨離する事で得られるメリット

  • 引っ越しの荷物を減らす事ができる
  • 普段捨てられなかったものを捨てる事ができる
  • 自分の持ち物を見直す事ができる
  • すっきりと身軽な状態で新生活を始められる
  • 身の回りも気持ちもすっきりさせる事ができる

「断捨離」を行う事で生活が良い方向へ向かうと言われています。身の回りにごちゃごちゃと物多い生活より、スッキリとした部屋で過ごす方が心も体もスッキリします。
 

「部屋が散らかっていると心が落ち着かなくなる」とも言われますし、やる気が出ない時や悩みが多い人は部屋をおもいきり掃除するのも良いと聞いた事もあります。
 

毎日モヤモヤしていたり、気力がわかなかったりする人は、まず心の整理の為、身の回りの整理をしてみるのもいいかもしれませんね。
 

また、断捨離を成功させれば、その状態を維持する為に「不要な物の購入による出費」を防ぐ事ができます。その為毎月の出費も抑えられるかもしれませんね。
 

断捨離をする時の気持ちの持ち方

今まで「いつか使うだろう」「もったいないから」「思い出深いから捨てられない」という気持ちからなかなか昔のアイテムを捨てられず残してしまいがちだったという人は多いのではないでしょうか。
 

「捨てられない状態の人」の考え方

日本では伝統的に「もったいない」という感覚や気質があります。良い考え方ではありますが、それが行き過ぎて、物があふれている現在は「捨てられない状態の人」というのが多く、大量の物がある部屋の中で生活している人が多くいます。
 

捨てられない人にありがちな心理は、いわゆるモノへの執着です。それがキレイな思い出であっても、いつか使うだろうとエコな考え方であってもそれに対しての執着心があるから「捨てられない状態」になってしまうのです。
 

大事にとってあるけれど別の物を日々使って生活しているという日常がある場合、「本当にそれは今の自分の生活に必要な物か」という事を改めて考えてみる必要があるかもしれません。
 

たいてい「いつか使うだろう」「いつか見るだろう」と残すものをいつか使う日やいつか見る日はやってきません。
 

断捨離する為の心も持ち方

  • まっさらから始める理想の新生活をイメージする

せっかくの引っ越しという機会ですから、心機一転、「理想の新生活をするぞ」という気持ちを持つのも良いでしょう。
 

「好きな物だけに囲まれる生活」をイメージしながら、思い切って使っていない物を処分しましょう。
 

  • 「使えそうだからとっておく」から「使っているからとっておく」へ

「これは使えそうだから取っておこう」という考え方はNG。確かに間違った考え方ではありませんが、今使っていない物の大半は1年後も5年後も使う機会は少ないです。
 

むしろほぼゼロに等しいかもしれません。人はその時代その時期に合わせてたくさんの新しい物を見て、今のライフスタイルに合ったものを買い揃えて行きます。
 

「これは残しておいたらいつか使うだろう」と考えて残してきたものが活躍するタイミングとは少ない物です。
 

  • 「物を捨てる基準は、それに触れた時“ときめく”か“ときめかないか”」

断捨離で有名な作家に「こんまり」さんという方がいます。知っている人も多いかもしれませんが「人生がときめく片付けの魔法」という本を出版し、ベストセラーとなっています。
 

その中に出てくる言葉が「物を捨てる基準は、それに触れた“ときめく”か“ときめかないか”」という物です。「使えるだろうな」では無く、「これは今も使っている」「これは今でも好き」と感じる事が大事。
 

ちょっとでも「いいな」「今使えるな」と感じる物というのは手に取った時になんとなくわかるはずです。使って無いもの達の中で「いいな」と感じる物が無く、その感覚がわからない場合は、実は全て必要ない物なのかもしれませんね。
 

基本的な断捨離を知ってから引っ越しの準備にとりかかろう

引っ越しの準備というのは、大半が荷造りとなります。何も考えず現在家にある物を全て荷造りすると膨大な荷物の量になってしまいます。
 

断捨離の手順をおさえて、不要な物は処分しながら上手な荷造りをしていきましょう。
 

仕分け

何より大事な作業「仕分け」からはじめましょう。まずは家にある物をカテゴリ分けします。(本、洋服、雑貨、食器など)
 

その後、カテゴリ別に作業を始めましょう。作業は単純で、「とっておくもの」「いらないもの」「判断できないもの」の3種類に分けていく事をひたすら続けます。
 

1つ1つに時間をかけて、じっくり悩んでいると膨大な時間がかかり前に進みませんので、直感でパッパッと仕分けていく事がポイントです。
 

あまりに量が多い洋服やファッション小物などは色別に分けてからはじめると進みやすいでしょう。全ての仕分けが終わったら、次は「判断できないもの」をもう一度仕分けしできるだけ量を減らしましょう。
 

再仕分け

数日~1ヶ月程置いてからもう一度「とっておくもの」と「判断できないもの」の全てを再仕分けしましょう。
 

時間を置く事で冷静にもう一度アイテムを見定められるようになり、以前は捨てられないと感じた物も処分できる可能性があります。
 

再仕分けをじっくりできるようにするため、引っ越しがわかったらできるだけ早く作業を始める事が断捨離の成功のコツです。引っ越しの荷造りは余裕を持ってはじめましょう。
 

不用品の処分

「いらないもの」と判断したものは早め早めに処分を進めていきましょう。
 

基本的にゴミとして捨てられがちなアイテムですが、本なら古本屋に売ってしまったり、洋服や雑貨の場合は最近流行りのフリマアプリなどに出品するのもいいでしょう。
 

知り合いで必要としている人がいるなら譲ってしまうのも良いでしょう。それ以外の物は廃棄してしまいましょう。
 

★使えないけれど捨てられない物の処分方法は?
 

例えば、多いのは写真であったり、子供の作品など、他にも大切な人からもらった物など、思い入れの強い物などがあります。
 

「全く使う予定も無く、やり場に困っているけれど、処分してしまうのは気が進まない。」というような物の場合は、「デジタル化」がおすすめです。
 

全て写真をとってデータとして残しておけばいつでも見返す事ができます。
 

引っ越し当日までに、効率よく!断捨離のコツ|何からするべき?

洋服からはじめよう

まず初めに手をつけやすいのが「洋服」です。また、特に「断捨離」が必要なのも洋服です。
 

1番断捨離のやりがいを感じられる為、1番に初めに始めれば、しっかりと断捨離の達成感を感じられる事間違いなしです。引っ越し前の洋服の断捨離で荷造りもかなり楽になりますよ。
 

洋服の断捨離のコツは「今着ているかどうかで判断する」

「昔のお気に入りの服」というのは、思い入れもあって自分に似合っていた洋服です。ですが、それらの服でも、「今着ているかどうか」という所が基準になります。
 

今着ていないという事は、この服は今の自分にはもう似合わない、時代に合っていないなどの理由から保管しているという事ですから、そういったものが断捨離の対象となります。
 

特に女性の場合は流行のサイクルが早い物です。ですが、「またまわりまわって流行る時期が来るはず」と考えて残しておくのはNG。
 

その時期はその時期の流行の特徴がありますし、自身の好みやスタイルも変わっていきます。引っ越しはせっかくの断捨離のチャンスです。
 

去年着ていたかどうか、今年着ていたかどうかを考えて1度も着ていないような服は思い切って断捨離してしまいましょう。
 

★洋服の断捨離ポイント
 

  • 1年着ていない服は、厳しめに断捨離対象
  • 「高かったし」「痩せたら着るかも」「きっと役立つだろう」という考えはNG

 

その他の引っ越し前の断捨離

本は普段頻繁に使う訳でも無く、逆に言えば整理する事も少ない物です。本は意外と場所をとりますし、本好きさんの場合はどんどん本が増え生活スペースまで圧迫してしまいますよね。
 

また引っ越しの際はかなりかさばり、重さもある為小分けにする必要があります。引っ越しのタイミングでの断捨離の場合、不要な本とはお別れする事で引っ越しが楽になりますよ。
 

でもお気に入りを思い切って処分してしまうと後悔する事が多いのでじっくり検討しましょう。
 

  • 食器

「使うかも」で残しがちで、「全く使っていない」というのが多いのは食器です。また、量が多すぎて収拾がつかない状態になって、途方も無い量に引っ越しの荷造りが難航してしまう人は多いのではないでしょうか。
 

また、食器というのは陶器などが多いためひとつひとつ紙で包む作業というのは気が滅入ります。ですから引っ越しの際は是非とも食器の断捨離がおすすめ。
 

必要な、日々使っているもの以外は極力処分しましょう。そうすればまた素敵な食器と出会える楽しみも生まれます。
 

断捨離がうまくいかない時にはこう考えよう

本当は、捨てられない人はいない

「捨てられない性格」というのはそもそも本来存在しないのだそうです。それは自分で「捨てられない」と思い込んでいるだけだとも言われます。
 

その「捨てられない」という思い込みから、掃除ができない・片付かないなどの失敗を繰り返していると、改善しようという気持ちが無くなっていき悪循環になっていくようです。
 

「捨てられない性格」と思い込む人は、「捨てる技術」を知らないだけなのです。
 

いきなり全て捨てられなくても良い

捨てられないと感じる人の多くは、その先に後悔が待っていると感じてしまうからだと言われています。
 

「断捨離」のやり方などでは「1年使っていないもの」「1年着ていない服」などが処分の対象となっていますが、まずはそこまで厳しくする必要もありません。
 

現に、「断捨離していて後悔している」という声もネット上にはたくさん上がっています。
 

但し、ただただ、「捨てられない」を増やすのではなく、まずはその捨てられないアイテムの「捨てられない理由」を明確に持つことが大事。複数ある物を必ずしもひとつに絞る必要もありません。
 

それが本当に大事な「捨てられない理由」なら。その理由が「着るかもしれない」「使うかもしれない」「なんとなく」という漠然としたものなら処分してもおそらく後悔する事は少なくその存在すら忘れて行くでしょう。
 

逆に、「捨ててよかった」という結果につなげる事になるかもしれません。そして、今現状「捨てられない理由」が明確なアイテムは、その「捨てられない理由」が解決してから処分する事で納得してそのアイテムと離れる事ができ後悔が残りにくいです。
 

義務感から断捨離をするのは間違っている

自分の意志で始める断捨離と、誰かに言われて、情報に感化され、という理由で初めてしまった断捨離には「後悔」がつきものです。
 

そんな状態で「1年使っていない物は捨てろって書いていたから後悔しそうだけど捨てた」なんてアイテムは、おそらく遠からず後悔に繋がる可能性があります。
 

まずは自分が「断捨離をしてスッキリしたい」と考えてはじめる事が大事。そして「これが無くても困らない。万が一必要になってもなんとかなる」と感じる物から積極的に処分していく事も大事です。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今では「断捨離」「ミニマリスト」などの言葉も当たり前に使われる世の中になり、物を多くもたない生活に注目する人も増えています。
 

断捨離や物にあふれていないスッキリとした生活をする事は心にも良い影響を与えるのですね。
 

引っ越しの前に多くの不要な物を処分できる引っ越し前の断捨離は、「荷造りが楽になる」「引っ越し代が安くなる」などの明確なメリットあり、タイミングとしてはベストです。
 

ただし、初めて断捨離する人が勢いで処分しすぎて後悔しているというケースも多いので、自分のできる範囲で、断捨離のノウハウを取り入れる事が何よりも大事です。
 

せっかくの断捨離です、自身のライフスタイルにプラスの効果を与える事が大前提ですね。
 

Sponsored Links