ひとり暮らしの生活費

 

日本の首都「東京」。日本一人口の多い都市であり、その人口は年々増加の一途をたどっています。
 
そんな大都市東京で一人暮らしをしてみたい、という方も多いのではないでしょうか。
 
雑誌でよく見る大人気のセレクトショップや流行のカフェ・スイーツ店が並び、買い物中に憧れの芸能人とばったり遭遇!なんてこともあるかもしれませんね。
 
想像するだけでワクワクが止まりませんが、そんな東京での一人暮らし。実際生活する場合、一ヶ月の生活費はどれくらいかかるのか、気になりますよね。
 
ということで、ここから「東京で一人暮らしするための一ヶ月の平均生活費」を調査してみました。
 

Sponsored Links

東京で一人暮らしするための賃貸物件、その家賃相場は?

一般的に一人暮らしだとワンルーム・1K・1DKの間取りで物件を探しますが、東京23区内のワンルーム・1K・1DKの家賃相場は、1番安くて葛飾区の6.07万円
 
1番高くて港区の12.05万円となっています。
 
かなり幅がありますが、最安の葛飾区以外で相場が6万円台の区は4つあり、足立区(6.38万円)、江戸川区(6.51万円)、練馬区(6.83万円)、板橋区(6.96万円)などがあるようです。
 
参照URL:HOME’S(http://www.homes.co.jp/chintai/tokyo/23ku/city/price/)
 

部屋を借りる際にかかる初期費用はどれくらい?

家賃相場を把握した後は、部屋を借りる際にかかる費用も気になるところです。
 
費用の項目については、敷金(0~2ヶ月分)、礼金(0~2ヶ月分)、前家賃(1ヶ月分)、仲介手数料(1ヶ月分)、火災保険料(1~2万円ほど。※契約条件・広さ等で幅あり)などがあります。
 
その他契約内容で細かい支払いもあるかもしれませんが、1番家賃相場の低い葛飾区(1ヶ月約6万円)の物件に住んだとして、初期費用の平均値としては25,6万円ほどになります。
 
この額は必要最小限の費用を計算したもので、この他部屋探しの交通費、宿泊代、さらに引っ越し代などを含めると最低でも30万以上は用意しておく必要があるでしょう。
 

一人暮らし用の家電・生活用品、何を買う?費用はどれくらい準備すべき?

引っ越しして部屋を借りた後は、生活用品・家電の準備が必要になりますね。
 
引き続き出費がかさみますが、以下具体的に商品の購入リストを作ってみましたのでぜひ参考になさって下さい。
 
ちなみに括弧内の金額はその商品の相場をご紹介しています。

家電・生活用品チェックリスト

  • 冷蔵庫(120~150ℓ:3万円前後)
  • 炊飯器(3合炊き:1万円前後)
  • 電子レンジ(2万円前後)
  • 洗濯機(4,2~4,5キロ:3万円前後)
  • アイロン(2千円前後)
  • 掃除機(3千円~2万円までピンキリ)
  • テレビ(32インチ:4万円弱)
  • ドライヤー(2千円前後)
  • テーブル(3千円前後)
  • ベッド(1万円前後)
  • 布団(1万円前後)

 
それぞれの商品の相場を合算すると16万7千円になりました。
 
この他細かな生活必需品を揃えると20万以上にはなりそうです。
 
ここまでの情報をまとめると、
 
部屋を借りる際の初期費用:30万円~
 
生活用品・家電購入費:20万円~
 
ということで、「東京で一人暮らしを始める」スタート地点に立つまでに最低でも50万円は必要、という調査結果になりました。
 

東京で夢の一人暮らし、生活費の実態は?

ひとり暮らしの生活費

 
最後に1ヶ月の生活費について見てみましょう。
 
家賃・光熱費は東京の平均値、それ以外の項目は全国の平均値となります。
 

東京での1ヶ月の生活費(費用項目一覧)

  • 家賃 約6万円
  • 光熱費 約7.5千円
  • 食費 約2万円
  • 水道料金 約3千円
  • 通信費 約1.1万円
  • 交際費 約1万円
  • おしゃれ費 約2万円
  • 日用品費/医療費 約3千円

計 約13.5万円
 
実際にはもっと細々とした費用が追加されるでしょうから、余裕をもって見積もっても最低15万は必要、と言えるのではないでしょうか。
 

まとめ

今回管理人個人の経験を踏まえ「東京で一人暮らしするための生活費」について調査しまとめましたが、いかがでしたでしょうか?
 
実際確かな金額を予想することは難しいですし、個人差も多いと思いますが、ぜひこれから夢の東京一人暮らしを考えている方のお役にたてれば嬉しいです。
 
※全ての金額について一例ということで参考程度にご覧下さい。

 

Sponsored Links